家づくり関係のお話

<スポンサードリンク>

大阪府さんからのご依頼で、セミナー講師を務めました!

我々が運営事務局をしている、

「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」

に対して、
大阪府さんからのご依頼で大阪府さんが運営している、
リフォームマイスター登録事業者さん向け研修会での、
セミナー講師のお話を頂きました。


前回は、近畿大学の岩前篤教授に講師をお願い致しまして、
これがかなりの好評だったようです。

そして、今回は2部構成になり、

1部を岩前教授。

2部を弊社の木村

が担当させて頂くことになりました。


岩前教授のお話は、いつも大変面白く、
私自身も大変楽しみにしています。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-岩前教授20101109
講師の岩前教授


前回に引き続き、業者さんが興味津々でお話を聞かれている姿が印象的でした。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-セミナー風景20101109
研修会開催風景

この研修会では、毎回大勢の事業者さんが参加されていて、
今回もかなりの方が参加されていました。
第1部としては、総論としてお話がありました。

家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-木村敏幸20101109
第2部 木村からの話

第2部はより実践的に近い内容。
我々が普段、ご相談されて実際にあった不具合の事例や、
エコリフォーム、高気密・高断熱の計画の基本についてのお話をさせて頂きました。

研修会が終わった後も、複数の事業者さんからご質問を頂いて、
大変有意義な研修会が出来たと思っています。
今後も様々な場所で、お話させて頂ければ思っています^^)
 

最近、びっくりする程よく知っている方が多い・・・

今日は、奈良県の方まで「気密測定」をしに行ってきました。

今回の気密測定は、少し面白い事情から行う事になりました。


ある方から、我々の方に気密測定のご依頼がありました。
この方は、今度、家を建てると言うことで我々に測定を依頼されました。
そこまでは、割とよくあるご依頼なのですが、その御依頼をきっかけに、
その方が建てられる工務店さんの方から、もう一件別で気密測定を
依頼したいと言うことで、お話がありました。

今回は、そんな流れで気密測定に行ってきたのですが、
現場へ行くと、監督さんや職人さん達がいらっしゃいました。
そして、もう一方いらっしゃる。
明らかに、職人さんの格好をしていらっしゃらないので、
この建物のお施主さんなのかなと思い、挨拶をしてみるが、
実際に建物の中には入ってこられない・・・

『?』

と、思いつつも測定の準備をしていると、、
監督さんと仲良さそうにお話をされているよう。

そして、測定の準備が整い、監督さんに告げると、
監督さんが「入られるなら、入っても良いですよ。」
と、声を掛けている。

ますます、『?』マークが増えてくる。

お話をしているとやけに詳しい。
普通、専門家が使うような単位の話まで知ってらっしゃる。

『同業者なのかな?』

と、思ってよくよく聞いてみると、
なんとその方、最初に私たちにご依頼頂いた方でした・・・

最近、我々に相談に来られるお客様は、
結構、勉強されてから来られる方が多いのは事実なのですが、
この方の勉強熱心さはピカイチで、とても細かいところまで
非常によくご存知。

この日も、我々の測定を見るために会社を昼から休んで来て頂いたそうです。

我々としては、非常に有難いお話で、このようにしっかり勉強されている方に、
しっかりと理想の家を建ててもらうことが何よりだと思っています。

次回、この方ご自身の建物の気密測定があります。
今から、その結果が楽しみです^^)

 

優しい配慮に感動!

今日は、我々が運営する住宅CMサービスに登録する優良工務店さんの
現場に行ってきました。

大阪の門真市にあるその現場は、既にお子さんが自立し、
親世帯のお2人で住むための家と言うことで、
2階建てではあるのですが、1階が非常に広くとってあり、
私の目から見ても、バリアフリーに配慮された仕様になっていました。

その中でも、特に目立ったのは(この工務店さんはいつもそうなのですが)、
室内の角と言う角を、徹底的に無くしてR(曲形)にしているところです。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-Rの面取り
ぶつかっても大丈夫(?)角がまぁるくなっている


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-Rの面取り2
ここもまぁるくなっている

やはり、転倒などが起きた場合、もしもの時の配慮が行き届いていると言う
この細かい心使いが嬉しいですね!

これは、先代の社長さんの案だそうで、
「なるほど、あの社長さんなら言いそうだな。」
と思わず、改めてその熱心な姿を思い浮かべてしまいました^^)
 

宅地建物取引主任者試験に行ってきました!!

神戸のポートアイランドにある、神戸学院大学にて宅地建物取引主任者試験を受けました。

この試験、国家資格で持っていると土地や建物(出来上がったもの)の売買や媒介など、
要は不動産屋さんを営める資格にあたります。

弊社の住宅みちしるべは、1級建築士事務所ですが、
宅地建物を売買したり、媒介する資格はありませんでしたので、
今回改めて、資格を獲得する事にしました。
(実は、4回目の申込。テストを受けたのは3回目)


試験会場である、神戸学院大学のキャンパスはとても広くて綺麗でした。
国立大学出身の私にとっては、このありえない環境にただただ驚くばかりでした。


私の大学生生活では(確か)一度も無かったと思うのですが、
校舎の前の庭で嫁に作ってもらったお弁当を食べながら、
最後の悪あがき(?)をしました^^)

その甲斐あって、直前に見ていた問題が試験にも出てきて、
なんとか無事試験を終えることが出来ました。

さてさて、結果は???

12月1日発表だそうです!!
 

省エネ住宅界のドンとも言える、坂本先生の講演に行ってきました!!

鳩山首相の時代(つい最近ですが・・・)、

「日本は25%削減する!!」

と、言ってしまったために、どうしても住宅の省エネ化を
推し進めないといけないと言うような状況になってしまっていることを、
皆さんはご存知でしょうか?

今回、省エネ住宅界のドンとも言える、
東京大学大学院教授の坂本雄三先生の
講演でもお話がありました。

坂本先生は、今流行の『坂本』性でして、
その因果もあってか、この住宅業界で住宅の省エネ化に先頭を切って、
進んでいらっしゃる方です。

住宅の省エネ基準を作成してる正にその当人でいらっしゃいます。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-坂本先生

坂本先生曰く、
「もう日本では住宅を含む、民生部門(民間から発生する)からの二酸化炭素を抑制する以外に、
 抑制する場所が無い。」

と、言うお話です。

ですので、今後省エネ住宅の義務化も含めて、国としてはどんどん推し進めていくようです。
これから家を建てられる方は、是非この義務化を考慮に入れた家づくりをして下さい/

省エネ住宅とは
 高気密・高断熱な家 + 高効率設備機器

が、基本となります。


それにしても、この講演で集まった人の数なんと300人・・・

建築関係者だけで、よくこれだけ集まったものだと感心していました。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-300人


それだけ、関心度が高いと言う事だと思います^^)



このセミナーの間、隣に座った人が始終「うちわ」を扇いでいました・・・
暑い夏なので、ある程度はわかるのですが・・・
そんなに暑く感じていない私もずっとそのうちわで扇がれていました^^)
 

大阪梅田阪急ビルの新しいショールームのプレオープン!!

大阪は梅田に新しくリニューアルされた梅田阪急ビル内に新設された、
YKK AP、TOTO、DAIKENさんがコラボレーションして作られた、
新しいショールームのプレオープンに行ってきました^^)

今回は、我々が事務局を務める
「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」
に、新しく会員として加わって頂いた、YKK APさんからの
お誘いで参加させてもらいました。


大阪梅田と言う、かなり良い立地条件とも言うこともあり、
とても沢山の人が来場していて、大盛況でした。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-プレオープン


この中で、面白いものを発見しました!
今まで、YKK APさんは、

『アルミサッシ』や『複合樹脂サッシ(アルミ+樹脂)』を

主に扱っているイメージだったのですが、
なんと、今回のショールームでは純粋な

『樹脂』サッシ

も、沢山展示されていました!!

今までは、北海道や北陸の方でしか、樹脂サッシは販売されて
いなかったのですが、この省エネ機運の高まりで、
その他の地域でも販売することが決まったそうです^^)

これは、良い事です!!!


その中でも、面白い商品がありましたので
ここでひとつご紹介します。



家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-リフォーム用樹脂サッシ


なんの変哲も無い、窓のようですが、
これ、実は既存(既にある窓)が樹脂サッシになるように、
樹脂を上から被せて付けた物なのです。

こうすることで、アルミの窓では防げなかった、暑さ・寒さを
大幅に防ぐことができるのです!!


結構、こう言った類の商品は他でもあるのですが、
実はこれ。

「どんな窓にでも付けられる!」

と、言うことが売りだそうです!!

まぁ、とは言うもののあんまり特殊なものには付けられないと思いますが、
この手の類で、結構どのメーカーのどのような窓にも付けられると言うのは
珍しくて、この商品を扱えるのも、YKK APさんが認めた「販売店」しか扱えない
との事です!!

私としては、「省エネ」の輪が広がることには大賛成ですので、
どんどん普及して欲しいのですが^^)



ところで、このショールーム。
ビルの20階とかにあるのですが、ここに辿り着くまで
もの凄いところを通っていきます。

それは・・・

   「エレベーター」


何が凄いかと言うと、
このエレベーター、めちゃくちゃ広い・・・

びっくりするぐらい広いので、皆さんも是非一度乗ってみて下さい。
多分、話題づくりのためだと思いますが、
結構、どのタイミングで閉まるのかとか、ドキドキしますよ!
 

自分の食べるものを農地利用で作る!!

新大阪で、とある勉強会が行われました。

とある会社が、「耕作放棄地」を有効に利用する試みをしていて、
マスコミに取り上げられるなど、結構評判のようです^^)

「耕作放棄地」とは、さまざまな理由で農地を耕すことを止めてしまった
土地のことです。

現状、日本の農業事情は大規模経営農家がいる一方で、
ほそぼそと兼業農家を続けてきた、家庭が耕すことを止めてしまうことが
多くなっていて、これが社会問題となっています。


この会社では、このように放棄されてしまった土地を再度耕すことで、
農地を復活させる試みをしているとのこと。

そして、農地を耕すのは「利用契約」をした一般の人。
要は農地を小区画に区切った場所を利用することが出来るのです。
もちろん、ずっと耕したり、面倒を見たりすることは不可能なので、
農地を管理する人も別にいるそうです。

そして、細かに現状の報告があり、いつどのタイミングで行くといいかを
知らせてくれると言うシステムです。
もちろん、収穫の時期も!!


これなら、全く農業を知らない人でも安心ですよね^^)

意外にも、利用するのは30代~40代の全く農業を知らない世代が
多いそうです。

ここで作るのは、有機無農薬野菜ばかりなので、
食の安全に興味のある人なら直のことです!

もし、あなたが家作りを考えるとき、
こう言った農地利用システムが近くで利用できるかどうかを
考えてみるのも、楽しいかもしれません^^)

もちろん、自分のお庭で「マイファーム」を作りたいと言うことも可能です^^)
 

六甲アイランドの施工体験施設とショールーム IN YKK AP

エコリフォームをするには、「窓やドアの断熱」と「壁・床・天井の断熱」が重要です。

このリフォームを普及させるためには、現在、窓サッシやドア、断熱材を扱っている、
建材メーカーさんが如何にこの普及に励むかも大切になってきます。

我々が運営している、「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」では、
大手サッシメーカーさんや断熱材メーカーさんも数社参加しています。

YKK APさんもその中の一つなのですが、今期の活動をどのようなものに
するのかも含めて、六甲アイランドにある、施工者が実際に施工の体験が出来る、
体験型施設の見学に行ってきました。

YKK APさんでは、施工者側の技術教育にも力を入れていて、
我々の協議会が目指す、施工者側の知識向上と、普及活動に
同調してもらっています。

現在、省エネリフォームでは、その知識不足から、リフォーム詐欺とまでは
いかないものの、住宅版エコポイント制度の不備もあって、
あまり効果の無いような省エネリフォームの提案がなされている事があり、
トラブルの一因となっています。

例えば、戸建て住宅の省エネリフォームをしようとしたところで、
例えばリビングの大きな窓を一箇所だけ断熱窓の仕様に変える、または
二重窓にしただけでは、あまり効果が望まれません。
(注意:マンションは別です。)

しかし、現状の住宅版エコポイントでは、このような一箇所だけの施工でも、
ポイントが発行されてしまうのです。

このような現状から、正確な省エネリフォームの知識も無いままに、
省エネリフォームを勧めてしまう施工者がいるため、
我々の協議会では、施工者の知識向上を目指した活動を
今期に行う予定としています。

その一環として、我々の活動の中でYKK APさんのように
積極的に施工者指導をしているメーカーさんの活動と同調して、
その施設などを利用できないかの検討をするために見学に訪れました。

施設の中には一見の施工中の「家」が建てられていて、
ここで窓サッシを取り付ける施工の実体験が出来るのだそうです。

実際に、取り付けた後に不具合があった場合の、調整方法なども
ここで学べるようになっていました。

この施設を如何に有効利用していくか。
我々の使命でもあります^^)


ところで、この施設。
元々は石材屋さんの建物だったそうで、とても広い敷地にあります。
ここは、ショールームも兼ねていて、色々面白い窓やドアの展示も
ありました。

今回の見学では、写真は撮れなかったのですが、
ここも、家づくりを考えたときにとても参考になると思います^^)


それにしても、六甲アイランドにある企業の敷地はどこも
かなり広い敷地を有していて、なんに使うんだろう??
と、思うような明らかに "余っている土地"  が沢山あります。

こういった土地をもっと有効活用出来れば、
良いのになぁと思いながら、さんざん迷った挙句に
YKK APさんにたどり着いた次第です・・・
 

元刑事があばきました! 防犯とは??

元刑事で、今は防犯の専門家として活躍されている、
社団法人
全国住宅等防犯設備技術適正評価監視機構

の折元理事が講師となってセミナーが開かれました!


犯罪者側の心理に立った、とてもためになるお話が聞けました。
我々が防犯に役に立つと思わされている、

「オートロック」「ディンプルキー」「セキュリティーカメラ」

は、実はほとんど効果が無い、またはかえって危ない。
などと言ったお話に始まり、普通では聞けないような
犯罪の裏話など、今後の家づくりをサポートしていくものとしても
とても有用なお話が聞けたと思います。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-折本氏


セミナーの最後に、防犯のためにはその町のコミュニティーが一番重要であり、

「まずはご近所さんと挨拶をすることからはじめましょう」

と、おっしゃったのが印象的でした^^)
 

大阪エコリフォーム普及促進地域協議会 IN 近畿大学

今日は、朝から近畿大学で岩前教授と
今年度の大阪エコリフォーム普及促進地域協議会の
活動について、お話をしてまいりました。

家の断熱性を良くして、エアコンなどの消費エネルギーを抑える、
エコリフォームを普及させるべく今年も新しい試みを始める予定です^^)

まだ、案の段階ですので公表は致しませんが、実際に実行するとなったらこのブログでも
紹介できると思います!!


に、しても毎回この場所に来ると、自分が如何に年をとったか痛感する・・・


ところでこの近畿大学ですが、来年の春から日本で始めての

      「建築学部」

が開校するそうです。

これから必要とされる、建物を資産として評価できる人材の育成や
今までお座成りにされてきた、日本の一般人の住宅の歴史の変遷など、
より、一般消費者の感覚に近い学部となるようです^^)

そして、そのカリキュラムの中には我々が運営している、
「CM(コンストラクションマネージメント)」
に、ついてのカリキュラムもあるようです^^)


そして、何よりこの学部の学部長をなされるのが、この岩前教授とのことで、
今から私も楽しみにしています!!


また、落ち着いたら社会人向けのサテライト校も考えるとのことですので、
今後に注目です!!
 
←前へ
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記