家づくり関連ニュース

3階建ての超高断熱な木造事務所の着工 ~1年半の設計期間を経て~

<スポンサードリンク>

このコロナ期間中、1年半ほどの時間を掛けて設計を行った、事務所ビルの工事が始まりました。
現状は、上棟が終わり完成に向けて工事が進んでいることろです。
3階建ての1000㎡ほどの建物で、この規模の木造建築はかなり珍しいようです。

今回、確認申請に利用した第三者機関では初めての物件だったようです。

しかし高断熱であることを確保しつつ、コストをなるべく抑えるためにはこの方法が一番でした。
施工上の難しさは別途ありますが、設計上の難所もいくつかありましたが、それをクリアーして着工に至っています。

断熱性能を向上させた事務所ビル

こちらの事務所ビルは3階建て、最上階が共同住宅となっていて1,2階が事務所用のスペース。
1階は主に打ち合わせスペースとなっていて、2階が事務所。
そして、こちらのビルではすべての開口をトリプルガラスの樹脂サッシを使用しています。

ですので、もちろん断熱性能はかなり高くなっています。

事務に設置したのトリプルガラス
開放感がかなり高い事務所スペース

通常、大きなビルなどでは開口部における熱の出入りを抑えるためにエアーフローウィンドウと言ったような、複層のガラスの中に空気を流すような特殊なガラスを計画したりします。
しかし今回は木造の建物と言うだけあって、通常は住宅で利用する窓を利用して計画しました。

ビルですので、断熱ライン(外との境界)を設定するのは普通の住宅とは違ってかなり複雑です。
外部階段部分などの共用廊下が断熱ラインの外側となるため、断熱を施工する箇所はかなり入り組んだ形状となります。
また、自動ドアなどの特殊な建具についてはどうしても熱の出入りをある程度見込んでおかないといけない部分もありました。
とは言え、基本的な断熱性能がかなり高いので、冷暖房はかなり効きやすい建物となっています。

また、日射遮蔽については全ての大きい窓で内側にブラインドがつきます。
(効果だけであれば外部にブラインドを付けるべきですが、法律の制限やコストの問題で内側としました。)
窓ガラスも日射遮蔽を主に行うこととし、温暖化の将来を見据えた設計となっています。

大型の鉄骨階段の設置

鉄骨階段
鉄骨の大型階段

木造の建物ですが、階段は鉄骨によって作成しています。
重量はそれほどでもないのですが(とはいえ重い)、設置には精度が必要になります。
事前に製作側の鉄骨工場と打ち合わせの上、図面通りに綺麗に設置されました。

また、規模の大きい建物になると竪穴区画といって、防火上もし火事が発生しても階段を通って別の階に炎や煙が簡単に燃え移らないように遮ることが出来るようにしなければなりません。
今回の建物ではこの周りに防火用のスクリーンが設置され、火事を感知すれば自動的にスクリーンが降りてくるようになっています。

通常、住宅の計画においても階段の設置場所を計画することは一番難しく、重要なことなのですが大きな建物になると更に防火と言う意味合いにおいても重要になってくるのです。

木造の大空間の実現にあたって

木造で大空間を実現するために、構造計算を駆使しています。
なので、1階の梁においては相当大きな梁が設置されています。
この大きな梁がどこに来て、どれだけ上手く天井高さを確保するのかには相当の苦心を致しました。
一つ一つの梁の大きさを踏まえて、どのような高さの天井にすべきかを全て検討しています。

建物自体の高さの制限もあり、ここの難度が非常に高く木造建物ならではでした。
しかし、国の方では公共建築はなるべく木造とすることを奨励していることもあり、今後はこのような木造建物が増えると考えられます。

今回挙げた以外にも、設計上の難所はいくつもありましたが、高断熱木造建物によって少しでも地球温暖化への負荷を削減できるのであれば、そんなに本望なことはありません。
年明けごろに完成予定です。

完成見学会

 
住宅CMサービス

猛暑に思う、子どもたちの未来を奪わないための省エネ対策

<スポンサードリンク>

近年は非常に暑いですね。
子供が小さいので、彼らの未来が不安になってきました。
将来はどうなってしまうのでしょうか?

明らかに上がっている大阪府の8月の平均気温

気になったので、とりあえず大阪府の8月の平均気温を年ごとに並べてみました。
データは気象庁のホームページから得られた、1883年から昨年2019年までの大阪の8月の平均気温です。

これを見ると明らかに毎年平均気温が上がっているのが分かります。
2018年の8月の平均気温は29.7℃です。

以前なら、30℃を超えると無茶苦茶暑いと言っていたのが、今では
8月の半分以上が30℃を超えるくらいの暑さとなっていて、
本年の2020年は今の時点で平均気温が29.9℃だそうです。

暑いと感じるのも納得です。

大阪の8月の平均気温
大阪の8月の平均気温は順調に上がっている

グラフの下に、

「 y = 0.0166x - 4.4094 」

と言う式があります。
これは何を示すかと言うと、1年で大体どの程度、大阪の8月の平均気温が上がっているのかを計算したものです。
1年毎に0.0166℃づつ上がってきている訳です。
しかし、これは毎年の温度上昇が同じづつ上がっていると考えた場合です。
本当は近年になって、急に上がり初めているのかもしれませんので、実際にはもっと上がっていくのかもしれませんが、確実なことは毎年気温が上がっていると言う事実です。

今現在、この100年で世界の気温は0.6℃上昇していると言われていますが、この計算式がずっと続いていたとするなら100年で1.66℃も上がった計算となってしまいます。
私個人の意見としては、かなり深刻な状況なのではないかと思っています。

気温が上がることの悪影響

気温が上がることによって、様々な悪影響が考えられます。
我々、日本人にとって身近な影響としては台風の強大化です。
これは気温が上がることによって、海面からの水分の蒸発量が大きくなり、熱帯低気圧が発達しやすくなるそうでこのことが台風を強大化する原因だそうです。
詳細は以下のホームページで確認して下さい。国の研究機関のホームページです。

人間をもっとも沢山殺しているのは、人間自身と蚊と言われるくらい蚊は病気を運んできます。
日本脳炎やデング熱などがそれにあたります。
通常、寒くなると成虫はいなくなる蚊ですが、気温があがることによってこの蚊の生存期間が長くなります。
実際に「9月なのにまだいるの?」と思ったことありませんか?

これら以外にも、我々の未知の体験が増えるようになると思います。
微妙に均衡を保っていたものが、変わっていくと思われます。

対策はどうすれば良い?

このブログでも散々、気候変動や気温上昇を抑えるためには省エネをしなくてはならないと言う話をしてきました。
省エネは単に「二酸化炭素の発生を防ぐ」ということよりも、大切なことは「地中の中に眠っていて、本来は出てくるはずも無かった石油や石炭を使うことをやめる」ことにあることも徐々に浸透しているようにも思います。(そんな中に微力ながらでも貢献できていれば幸甚です。)

しかし、実際にどんな対策をすれば良いのか?
これに関しては、分かりやすくは
ZEHにすれば良いとか、高断熱住宅にすれば良いと言った方向の話はしてきました。
今回は更に具体的にどのような対策方法があるのかを纏めたものが出来ましたので、それをここに挙げます。

一般の方にとっては、ZEHや高断熱住宅にすることで大きな対策になりますが、家づくりに携わっている企業などはそれ以上のことを知りたい方もいらっしゃると思います。
もちろん、一般の方にとっても役にたつとは思います。
私が編集を担当させて頂きましたが、京都大学の小椋先生を始め、近畿大学岩前先生、京都大学鉾井先生など、建築環境工学では第一線でご活躍されている先生方や関西電力、大阪ガス、大手ハウスメーカーの技術部門の方、独立研究開発法人建築研究所の三浦さんなどにご執筆頂いた大作となっています。

こちらの内容に関しては、空気調和・衛生工学会のホームページから入手できます。
「R-0079-2020 建築・設備の省エネルギー技術調査 (住宅編) -創エネルギー実態及び新たな省エネルギー手法の調査-」

と言うレポート形式に纏めたものとなっています。
※現時点では会員さん向けに入手可能となっているようです。

是非参考にして頂き、子どもたちの未来を守っていきましょう!

完成見学会

 
住宅CMサービス
 

<スポンサードリンク>


「いいね」ボタンを押しても、あなたの友達にしか顔写真は見えません^^)
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記