住宅CMサービス

積水ホームテクノの自立支援ユニットバス WELLS

<スポンサードリンク>

現在、計画が進行中のT様邸。
ご高齢のご両親のためにと、自立支援を目的として作られた、
積水ホームテクノさんのユニットバス「WELLS」を見学するため、
ショールームへとやってきました。

積水ホームテクノ WELLS
自立支援のため様々な工夫がこなされているWELLS。

WELLSの大きな特徴は、ご高齢の方の身体的特徴に合わせて、
手すりや浴槽の位置を可変にしている所です。

例えば、上の写真を見てみると、正面の手すりは、縦と横に連なって取り付いています。
そして、縦方向の手すりの位置は、自由に動かせる仕組みとなっていて、
使いやすい位置で固定出来るようになっています。

また、浴槽自体は、溺水事故防止の目的も兼ねて、浴槽の長い方の大きさを90cm程度にしています。
現在、よく使われているユニットバスは、浴槽が大きくて、元気な人にはとてもゆったりしていて、
気持ちのよい浴槽となっているのですが、
身体的に動きに不自由がある人にとっては、広すぎて、ズリ下がってしまった際に、
足を引っ掛ける事が出来ずに、溺れてしまう事故が多発しています。
何でも、最近の浴槽が広いお風呂では、溺水事故が増えているそうです。

ですから、積水ホームテクノさんのWELLSでは、敢えて浴槽は、膝を曲げて入る事が
出来る大きさとし、もしもの時のために、足の踏ん張りが効く程度の大きさとなっています。

自立支援ユニットバス WELLS
自由に動かすことの出来る、サポート台。

浴槽を小さくした分、余ったスペースには、サポート台を置くことが出来るようになっています。
必要に応じて、サポート台の位置と浴槽の位置を入れ替える事も可能で、
様々なお風呂への入り方が可能となっています。

また、もし介助が必要になった場合は、サポート台を取り除いて、介助の人が、
入浴者の浴槽への出入りを手伝うためのスペースとしても使えます。

サポート台自体は、場所を選ばないので、洗い場側に置いて、
洗い場の方から、サポート台伝いにずって行きながら、
浴槽へ入ると言う事も可能です。

可能な限り、自立してお風呂へ入ることが出来るようなための工夫が
かなりされている印象を受けました^^

実際にこのユニットバスを採用されるかどうかは分かりませんが、
私の知る限り、通常の住宅でも使用出来るユニットバスで
ここまで様々な工夫がなされた物は、他に知りません。

極力、自立してお風呂に入りたいと言う希望を、
汲みとった、良いアイデアのユニットバスだと思います^^

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記