住宅CMサービス

いい感じのアンティーク家具を紹介頂きました!

<スポンサードリンク>

今日は、新たに和歌山にて、弊社サービスをご利用の方の
土地を拝見させて頂きがてら、以前、住宅CMサービスをご利用頂いて、
ご建築された、K様邸にお邪魔してきました。

K様は、ご建築当初から、アンティーク家具がお好きで、
当初からそれらを新しい家に映えるよう、ご計画されて、設置していらっしゃいました。

今回、久しぶりにご訪問させて頂くと、また新たにとてもいい感じのアンティーク家具を
据え付けていらっしゃいました^^

その写真が以下の写真です。

アンティーク家具
アンティーク家具。

この家具を購入されたお店では、イギリスの骨董品家具を輸入、販売しているお店で、
今回の家具の他にも、何点かご購入されたそうです。

上記の写真の家具では、日本であまりお目に掛かることも少ないのですが、
たまに、喫茶店など行くと、据え付けてあることがあります。

イギリスでは、古くから紅茶が嗜好品として普及していて、
何種類もの紅茶を家に置いておくことがあります。
その紅茶のビンや、缶を置いておくための家具のようです。
(本を入れておくことにも使えそうですね!)

独特のR(曲がり)のデザインが施されていて、
如何にもアンティークな雰囲気を醸し出しています。

イギリスのどの建築様式に、当てはまるのか調べてみたところ、
どうやら、一般的に使われていたこういった家具は、

「ブリティッシュ・ヴァナキュラー建築」

と、言う、イギリスの土着(ヴァナキュラー)建築で
用いられていた家具として分類されるようです。

恐らく、17世紀頃によく使われていた形状のもののようで、
今から300年以上も前に土着品として、愛用されていたものです。

それを知ると、余計にアンティーク家具の魅力がよく分かるような気がします。

今では、若しかしたらこのようなデザインの家具も、
機械を使用して、作られる事が一般的なのかもしれませんが、
当時は、これらを手で作って作成していたことでしょう。
当時の職人さんが、自分の腕の良さや、芸術的な感性を
最大限に発揮して、後にアンティーク家具と呼ばれるようになるものを
作成していたのだろうと思うと、その心意気や、情熱に改めて、
感心してしまいます^^

アンティーク家具にそんな新しい発見と、感情を抱く事が出来た、
良い一日でした。

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記