工務店の特徴が出る!面談を行いました。

<スポンサードリンク>

熊取町でご建築予定のU様。
この日は、工務店さんとの面談に望まれました!

昨日・今日で3つの工務店さんと面談された、U様。
面談では実際の工務店さんの事務所へ行き、その雰囲気なども確かめて頂いています。

私は基本的に話を聞いて、補足説明をするようにしていますが、
話を聞いていても、話し方自体や、話す内容も工務店さんの特徴がそれぞれ違うなと感じます。

面談風景1
パソコンの画面を利用して説明する工務店さん

上の写真の工務店さんは、割りとパソコンなどの画像を利用しながら説明されます。
実際の写真や図面を見ながらの説明で、如何にも現代的な感じがします。
一般的に言う、「プレゼン」の仕方も、その会社の方向性や、人柄が出て、
面白いなと感じるところです。

面談風景2
社長さん自らが、言葉で説明中!

上の写真の工務店さんは、どちらかと言うと、
社長さんが中心になって、資料を説明されます。
旧態的と言えば、旧態的ですが、人と人との繋がりのようなものを
感じるのは、どちらかと言うと、こちらなのかもしれません。

これは、あくまで『プレゼンのスタイル』だけに限った話ですので、
それだけで、どちらが良いとか悪いとか言った話では無いと思いますが、
そのような違いにおいても、好みが別れるのも事実だと思います。

様々な観点から、どのように感じるかも面談される方個々によって、
違いがあると思います。

私が思うのは、建築はやはり人と人との繋がり合いが、
大切という部分が、今でも多分に残っています。
(私はそこが、住宅を工事するにおいて最も重要な点だと思っています。※1)

ですのでご自身の思いを、この人になら伝えられそうとか、
この人なら私のイメージを汲みとってくれそうとか、
そう言った、コミュニケーションレベルでの違いを知って頂くこともとても重要です。

そのような有効な場にして頂けたら、本望だと思います。

※1
日本のモノ作りで、代表と言えるのがトヨタ自動車だと思います。
これは、最近聞いた話なのですが、トヨタ自動車と言う会社が、
「アメリカ」などの企業と明らかに違う点があるそうです。

それは、欧米では「ブルーカラー」「ホワイトカラー」と言う呼び名で分けて、
工場で働く人は、ホワイトカラーの言うことだけを聞いておけば良い。
と、言った風潮があるそうです。

しかし、我らの日本を代表するトヨタ自動車は、【全ての働く人々】に、
「もっとより良く、より効率的に作るためにはどうしたら良いのか」を
考えるように求めるそうです。

私は、これこそが日本の真骨頂であり、
八百万の神を源とする日本人が目指すべきものだと思います。

工場で作って、施工に差がない。
それも良いかもしれませんが、それよりももっと大切にすべきものがあるはずです。

家づくりは、生活の基礎を作るものです。
生活はヒトづくりの場でもあるはずです。
その器となる家は、人が考え、人が努力した結晶であって欲しいと思います。

工務店さんの社長さんは、人を大切にする人が多い。
私は率直にそのように感じています。

2月28日(日)の完成見学会、予約受付中です!
http://www.cms-izumi.com/news/2016/02/inin.html

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記