住宅CMサービス

石川県在住 K様一日打ち合わせ

<スポンサードリンク>

現在、石川県にお住まいになられている、K様。
今度、新しく大阪の吹田市にご建築予定です。
今日は、オーディションで決定した工務店さんとの打ち合わせです。

遠方に現在、住まわれていると言うこともあり、
直接の打ち合わせと言うことが、なかなか難しい状況です。
ですので、普段はメールを通しての打ち合わせが殆どでした。

もちろん、工務店さんの方が石川県まで訪ねて打ち合わせをすることもありましたが、
この日は、石川県からK様に訪ねて来てもらっての打ち合わせです。

詳細打ち合わせ
詳細な打ち合わせ中のK様

午前中は、工務店さんの事務所にて図面や仕様に関する打ち合わせ。
普段から、メールでのやり取りを大切にしてきていたので、
今回は、その確認の意味合いも強かったように思います。

ほぼ、丸一日を使って、様々な内容が打ち合わせされました。
そして、次の日を使って、ショールームに見学に行きます。

割と大手のメーカーさんのショールームは、石川県にもあるので、
今回は、どちらかと言うと、大阪にしか存在しないショールームへの見学です。

大阪の南港ATCには、大阪にしか無いショールームがいくつかあります。
今回は、その中でも輸入建材を扱っている会社が集まっているショールームへの見学です。

こちらには、普段の一般的な建材ではあまりお目に掛からないような、
輸入特有の材料を多く展示されています。

ですので、洋風の建物を検討されている場合は、このショールームに
一度は足を運んでみるのも、面白いと思います。

今回の目的は、その中でも「モールディング」と呼ばれるものの見学です。
モールディングとは、日本で言う「廻り縁(屋内の壁と天井の境目に取り付けられる材料)」や、
「巾木(屋内の壁と床の境目に取り付けられる材料)」などを総称したものです。

海外のモールディングは、比較的、凝った形状のものが沢山あります。
今回、K様は洋風の内装を希望されているので、モールディングの形状を
確認しに行くことになりました。

一昔前までは、モールディングと言えば、木製か石膏で作られたものが
多かったと思いますが、現在では、発泡スチロール製のものや、FRP製のものなど、
沢山の種類のモールディングが存在し、それぞれ値段が違ってきます。

どんな場所に、どんな感じで利用したいのかと言う事を踏まえながら、
実際に目で見ながら選んで行くことが可能です。
こういうこと一つとっても、楽しい時間だと思います。

更に、午後からは本町にある、輸入建材を取り扱っている企業さんの
ショールームです。

こちらも、モールディングを取り扱っていますが、
ここでは、主にタイルを見にやってきました。

同じ、タイルと言っても、モノによってかなり見た目の風合いが違います。
実際に、手にとって確認してみることで、実際のご自身のイメージに合っているのかを
確認することが可能です。

何か一つ、物を作るだけでも、色々なワクワク感があると思います。
また、ショッピングをする時も、服一枚買うために、色々手にとって、
実際にそれを着て、街を歩くイメージをするだけで、買い物の楽しみも増えると思います。

家づくりは、そのワクワク感を幾重にも味わうことが可能なのです!
2000万円の家であれば、1万円の服を買う、ワクワク感を、
2000回楽しむべきです!

新しい生活に想いを馳せて、その生活のイメージにある、床はどんな床か?
壁や天井はどんなものなのか?
照明は?モールディングは?

一生に、何度も味わう事が可能なものではありません。
ですから、慎重になることもそうだと思いますが、
それ以上に、その「ワクワク感」を楽しんで貰いたいと思います!

それこそが、本当の注文住宅なのです!!!

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記