住宅CMサービス

スカッと大きな吹抜の家 お引き渡し後のご訪問  IN 岸和田市U様邸

<スポンサードリンク>

1月29日にお引き渡しを終えた、U様邸。
本日、改めてご訪問させて頂き、その後の住まい心地を聞いて来ました!

大きな吹抜空間
スカッと大きな吹抜!

U様邸では、スカッと大きな吹抜を設けています。
通常、吹抜けを設けると、生活上様々な弊害を生みます。
階段から、寒い空気が流れてきたり、暖房費が高くなったり・・・・

今回のU様邸では、そんな弊害をクリアすべく、高い断熱性を実現しています。
(もちろん、それだけでクリア出来るわけではありません!!)

ですので、その住み心地を確かめるために、
お引き渡し後、数週間した後にお話をお伺いに来ました^^

作り付けテレビボード
テレビボードも作り付けです^^

吹抜け空間の利点は、その空間に開放感が得られること。
とても明るい空間とできる事。
等が特徴として挙げられます。

通常の間取りでは、得難い利点なのですが、
その反面、上述のような欠点も抱えてしまいます。

しかし今回のU様邸では、そんな欠点を補うように、
建物の断熱性能を良くしています。
(もちろん、それだけで解決出来る話ではありません!何度も言いますが・・・・)

吹抜上部
吹抜上部の廊下から見おろす。

建物の断熱性能を良くすると、色々な利点が生じます。
一番大きな利点は、建物の保温効果です。
建物を断熱材で覆うことで、魔法瓶のような効果が生まれます。
ですので、少しの暖房で暖かさを持続させる事が可能になります。
(実際には、詳細な計算が必要になります!!)

I型キッチン
I型と呼ばれる配置のキッチン(写真手前にダイニングテーブルが置かれます。)

そして、更なる効果として、壁や床の温度が高くなることにより、
冬場であれば、冷放射が減り、同じ室温でも寒さを感じ難くなります。
これがために、一般的には空間自体の温度差が出来難くなります。
(ただし、これだけで全ての欠点を補える訳ではありません!!再三言いますが・・・)

坪庭
玄関入った正面は坪庭です!

そうした様々な工夫を通して、大きな吹抜があっても、快適に過ごせる空間を目指して、
U様邸は計画されています。

もちろん、オーディションを通して選ばれば工務店さんは、
そう言った施工には長けていて、安定して良い施工を行っています^^

実際にお住まいになられて、どういった感想をお持ちになられているのかを
お伺いに行きました。

床暖房も計画されたのですが、お住まいになられてから一度も付けていないそうです。
暖房はもっぱら、エアコンのみでしかも20℃設定で充分だそうです。
私は事前に聞いていたので、寒くないのかなと心配しましたが、
実際に伺ってみると、充分に暖かかったです^^

U様曰く、
「最高に快適です!!」

仕事冥利に尽きる瞬間です!!

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記