住宅CMサービス

家づくりセミナー開催! 資金計画の大切さ

<スポンサードリンク>

最近では、ほぼ半年に1回の開催となっている
家づくりセミナー。

今回も4組の方に参加して頂きました^^

家づくり セミナー 資金計画
資金計画の重要さについて語るFP長谷氏

毎回、弊社が主催の家づくりセミナーでは、私がお話させて頂く第1部と、
ファイナンシャルプランナー(略して、FP)の長谷氏にお話頂く第2部の
2部構成となっています。

弊社の家づくりセミナーにおいて、毎回評判が良いのは、長谷氏による、
資金計画の手法についてのお話です。

通常、資金計画と言うと、銀行やハウスメーカーの営業マンに
相談するケースが多いようです。

しかし、この場合せいぜい
「年収の何%程度なら、住宅ローンを組んでも良い。」
と、言ったような理屈から、家づくりの予算を決定します。

しかし、この資金計画、全くと言って意味のない予算です。
資金計画とは、あくまで「計画」を立てる事です。

本来「計画」を立てようと思えば、収入だけでなく、
ご家族の人数、それぞれのご家庭のライフスタイル、
将来の家族の形態(単世帯?二世帯?)と、言ったような要素や
その他もろもろの要素で、全く異なってくるはずです。

これらの事を考慮せずの立てる予算は、計画でも何でも無い訳です。

では、どのように資金計画を立てるべきなのか?
毎回のセミナーでは、その辺りをキチンと話して貰えます。
毎回、受講された方の感想は、
「資金計画を考え直します。」
や、
「とても参考になりました!」
と、いう内容が多いです。

また、長谷氏の話の中には、
「資金計画を立てるタイミング」
についても話があります。

よく、資金計画を
建物の計画が決まり、いざ、契約となった段階で、
慌てて立てようとする人がいるようです。
(資金計画を立てようとするだけ、まだ良いのですが・・・)

しかし、この段階では、既に建物に
「必要な資金」
は、決まっていて、もうこれ以上どうしようもない。
と、言う段階です。

ですから、「建物の値段」に合わせた、予算を組み、
その予算に応じた暮らしをするしか他無くなります。

気がつけば、家族旅行をひかえて、食費も極力抑えて、
家を建て、住み続けるために、全ての生活を合わせる。

と、言う形になってしまいます。

ですから、
「そうなる前に先に資金計画をする事が重要」
だそうです。

資金計画をまず立てて、それに合った建物を建てる。
こちらの方が、理に叶っていると思います。

勿論、資金計画も無しに、予算だけ決めて、
建物だけを建てるのには、私は賛同出来ません。

今回のセミナーでも、その辺りをキチッと知って貰えたと、
思います。

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記