住宅CMサービス

ゼロエネルギー住宅完成!ご訪問 IN堺市 K様邸

<スポンサードリンク>

ゼロエネルギー住宅を目指した住宅が完成しました!

外観
完成した、K様邸外観

実は、この住宅ゼロエネルギーどころか、LCCM住宅となる可能性も十分に秘めた住宅です。
LCCM住宅とは、
「住宅が建築段階から、住んでいる時期、そして何時の日か、解体されるまで排出されるであろう、
全CO2の量」

より、

「太陽光発電で賄える電気の量によって、発電所で
本来出てくると考えられる、CO2発生量(要は削減できるCO2の量)」

が多くなる住宅の事です。
詳しくはコチラ「LCCM住宅とは」

本当に、LCCM住宅になるかどうかは、今後検証することになりますが、
省エネ性能フルスペックといった感じとなっています。

詳細は、実際に訪ねて頂いた方が良いですが、
Q値は、1を切る、0.89。

これだけでも、冷暖房に掛かるエネルギーがかなり削減できるのですが、
それだけに留まらず、省エネ機器と呼ばれるものも総導入です。

写真の2階右側にある、ブラウンのブラインドは、太陽に自動で追随して、
夏場の直射日光が、家の中に入るのを防いでくれる、外側のブラインド。
これにより、夏の冷房に掛かるエネルギーを減らします。

LED照明はもちろんのこと、通常、家で消費されるエネルギーの多い、
照明、冷暖房、給湯、への対策は最新機器にて対応。

エネルギーを作るのは、太陽光発電と、ガス発電。

そして、本当にエネルギーがゼロなのかを確認するためのHEMSも搭載。

 

HEMS
1台1台のクーラーの使用量も確認できる、HEMS

HEMSは、電気の発電量や使用量を確認、記録できる機械ですが、
クーラー1台1台の電気使用量まで確認出来てしまいます。
本当にゼロエネか、本当にLCCM住宅になりうるか、これでかなりが分かります。

吹き抜け
太陽の暖かい光が降り注ぐ、吹き抜け

また、冬の暖房を少しでも使わないで良いように、太陽暖かい直射日光を
存分に取り入れられる住宅です!

恐らく、大阪で(日本で?)一番、住まい心地が良くて、省エネな住宅なのでは無いでしょうか^^

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記