家づくり関係のお話

京都で気密測定をしてきました

<スポンサードリンク>

7月7日の七夕。

あいにくの雨ではありましたが、今日は、京都で地元の工務店との家づくりを進められている
A様邸の気密測定をしてきました。

 

A様は、住宅CMサービス京都の高田さんのブログで紹介された
公開気密測定の動画をご覧になって私たちを知り、
ご連絡頂いたとのことでした。

A様もとても家づくりに熱心に取り組んでおり、
色々と為になるお話しを聞かせて頂くことができました。

そんな出会いのきっかけを作ってくれた高田さんにも感謝です。

 

さて、A様邸ですが、A様のお母様が住まれる家を新築されているとのこと。

お母様に快適な生活を送ってもらうために「断熱」や「気密」にこだわりたいと考えて、
工務店の担当者と一緒に気密性能1.0以下の家を目指しているとのことでした。

素晴らしいですね。

色々とお話しを聞かせて頂きましたが、

A様は、いろんな情報を参考にしながら、気密を上げるための方法を工務店に提案し、
工務店の担当者もそれに応えるべく、現場で大工さんと試行錯誤をされた様子が
現場を見ると伝わってきました。

 

A様邸の仕様は、繊維系断熱材の充填断熱工法+アルミ樹脂複合サッシ。

桁上断熱を採用している以外は、ごく一般的な断熱仕様です。

この仕様で、どこまで気密性能を上げることができるのか、
とても興味があったのですが、結果は、

 

C値 1.19 

 

でした。

 

Asama_kimitsusokutei.jpg

気密測定の様子

 

繊維系断熱材の充填断熱で、石膏ボードで仕上げる前の数値としては驚異的です。

目標は、1.0以下でしたが、目標に近い数値を得られてA様もとても満足された様子でした。

 

私たちにご依頼頂く方は、例外なくとても家づくりに熱心に取り組み、
とても素人とは思えないほど勉強をされています。

だからこそ、本当に満足できる家を工務店とともに作り上げていくことが
できているのだと思います。

 

せっかく家を建てるのであれば、
家に住む方が主導になって本当に満足できる家づくりを実現して下さい。

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記