住宅CMサービス

基礎コンクリート打設工事  K.M様邸

<スポンサードリンク>

本日、基礎工事の施工状況を確認し、コンクリートの打設に立ち会いました。

鉄筋の施工状況については、かぶり厚(鉄筋から出来上がったコンクリートの厚み)や
定着(鉄筋の継ぎ手部分の重なり長さ)、金物の設置状況、などなどを
事前にチェック。特に問題のない施工であることを確認後、コンクリートの打設工事を
始めました。

 

かぶり厚確認
このような部分をチェックしていく訳です。

 

アンカー固定
法律では定められていませんが、
金具が固定されていると安心です。


丁寧に施工されており、基礎幅も150mmと余裕をもって設計されていますので、
規定の余裕が充分にとれています。

 

コンクリート打設
コンクリートを流した後、コンクリート中の気泡などを
取り除く作業が行われています。

コンクリートの打設と、コンクリート中の気泡などを取り除いて締め固める作業が、
順番に行われていきます。

きっちりとした丁寧な施工によって良い建物の良い基礎が
出来上がっていくわけです。

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記