日常のお仕事のお話

岐阜県まで気密測定に行ってきました!

<スポンサードリンク>

住宅CMサービス京都の運営者である、ポラリスハウジングサービスの高田さんから、
気密測定をして欲しいというお客様(H様)のご紹介を受けました。

H様は、気密や断熱に関して大変熱心に勉強されており、
どんな断熱材を選べばよいかなどを
ご相談にのらさせて頂きました。

そして、工事が始まり今日改めて「気密」を計測するために、
岐阜県にある建築現場に行ってきました。


建物は建築家が設計した建物で、洋風の洒落た感じの外観です。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-岐阜県の物件の外観
多角形の外壁と、インナーバルコニーが印象的

気密のおいては、凸凹の多い住宅は基本的に不利になります。
そもそも隙間の多さをあらわすのが気密ですから、やはり凸凹があると、
気密が多くなりがちです。

事前に、施工担当の工務店の監督さんにどういったところに注意して、
施工をしなければいけないかを我々の方で、指導していましたので、
ある程度の気密は期待できるだろうと考えていました。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-気密測定 岐阜
気密測定前にご説明する弊社の木村

測定前に、この測定の趣旨をお施主様にご説明して計測。

その結果は・・・

C値=1.0 !!

この地域での目標値が5.0とされていますので、
(値が小さいほうが隙間が少なく、気密が良い)
かなり良いほうです。

さらに今以上に良くするためにどこに処置を施すと良いかを
アドバイスさせて頂いて、現場を後にしました。

そして、今しがたH様からお礼のメールが届きました。

--原文(抜粋)--

本日は気密測定ありがとうございました。
立ち会えなくて残念でしたが、思っていたよりも数値がよく、安心しました。
主人から浴室の下の話や、太田さんとのやり取りの話を聞きました。
太田さんにお願いして良かったです。

--以上--

満足してもらえたようでよかったです^^)

気密測定、もし気になるようでしたらご依頼下さい
ご依頼の場合は
→ コチラ ←クリック
 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記