panHome > 日記ブログ > 2012年11月

2012年11月

<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>

お引渡し後の食事会にお招き頂きました!

11月1日にお引渡しを行った、和歌山市のK様邸。
ご好意で、お食事会にお招き頂きました^^

外構
かなりの範囲をご自分で作られた、庭

出来上がってから、外構を見るのは私は初めてでした。

立水栓
線路の枕木を利用して作った立水栓

電車の線路に使われていた枕木を再利用して作った水栓。
かなりいい風合いですね!

庭
ご自分でレンガを並べて作られました!

素人がやったとは思えない完成度です^^

造り付け本棚
子ども部屋に作った造り付けの本棚。倉庫に眠っていた古書まで入ったそうです!

倉庫のおばあさんの代に読んでいた古い本まで復活したそうです^^

吹き抜けの吊り廊下
吹き抜けを利用した吊り廊下から下の様子を伺う、K様と娘さん

このように、吹き抜けの廊下にぶら下がるのが楽しいそうです!

のもの
旧家の梁が見事に蘇りました!

大工さんも自分で蘇られたこの「のもの」を携帯の写真に収めていました^^

吹き抜け
吹き抜けを下から見上げる!とても気持ちの良い空間です^^

冬でも寒くない!とても気持ちの良い吹き抜け空間です!!

リビング
担当した、大工さん、監督さん、工務店の社長さんと楽しくお食事^^

夕方4時頃から、夜の11時半までと非常に長い時間、居させて頂いたのですが、
この間に改めて感じた事は、断熱性の良い家は居心地が非常に良いと言う事です。
この日の和歌山市は、8℃~12℃程度ととても寒い日だったのですが、
上の写真を見て貰っても分かるように、リビングの床に座っていたのですが、
設置した床暖房は使用していませんでした。
にも係わらず、全然冷たさを感じる事もなく、大きな窓に吹き抜けと言う、
寒くなっても仕方が無いような空間でも、非常に快適でした。
この家には、6畳用のエアコンが4台設置されているだけで、
この日はその内の3台を運転しているだけです。
家のどこに行っても、同じ室温で、トイレでも子供部屋でも、LDKでもどこでも快適。
時間を忘れて過ごすとは、正にこの事だと実感。
改めて、断熱性のいい家の心地よさを感じることが出来ました。

また、収納の量も十分に確保できたとのことで、納戸にしていた部分には、
まだ何も入っていないので、これからゆっくり増やしていこうと思います。
と、言う事。
これからの生活にも十分対応出来そうですね!

お陰様で、非常に幸せな時間を過ごさせて頂きました!

K様から、我々の住宅CMサービスをご利用頂いたご感想はコチラです。
今後の建築計画の参考として貰えたらと思います!

 

ファイナンシャルプランナーさんの勉強会で講演しました^^

普段、奈良県で定期的に開催されている「あをによしSG」さんと言う、
ファイナンシャルプランナーさんが沢山集まる勉強会で、
「家づくり」に関する講演をさせて頂きました。
ファイナンシャルプランナーさんと言うことで、どんな話をさせて貰うのが
良いのかと少し迷いましたが、
「家造り、依頼先の違い・コストの違い}
と、言う表題でお話させて頂きました。

地鎮祭
講演でお話させて頂いている様子

普段、弊社へご相談に来られる方にお話する内容も含めて、
もし、この中のFPさんが家づくりの相談をされた時でも、
金銭的なアドバイスが的確に出来るようにと思い、
お話させて頂きました。

もちろん、我々のような存在が何故必要なのかと言う点についても
お話させて頂いたところ、

「私が家を建てるなら、絶対に太田先生にお願いします!」

と、断言してくださる方もいらっしゃいました^^

何れにしても、各々方のためになったのであれば、本望です!

 

宮司さんが2人の地鎮祭!    IN大阪市T様邸

解体工事が進んでいたT様邸。
無事、解体工事も終了し、地鎮祭が行われました。

10年近く、この住宅業界の居る私ですが、
今回の地鎮祭、始めて宮司さんが二人来られました。

宮司さんが二人となると、私としては

「どうやって、進行するの?」

と、言うことが気になります。
祝詞の読み上げは?
お祓いは?

二人でするの??

と、興味深々だった訳ですが、
何の事は無い、全て「役割分担」
が、キチンと決まっていて、スムーズに義が進みました^^

若しかしたら、今まで私は体験していなかったですが、
宮司さん二人で、地鎮祭を行なうことも結構あるのかもしれませんね。

地鎮祭
地鎮祭・玉串ほうでんの義

 

構造見学会を開催しました!  IN交野市 N様邸

交野市で工事が進んでいるN様邸。
生憎の雨ではありましたが、構造見学会が開催されました^^

構造見学会
構造見学会での説明会の様子

現在、オーディションを開催されている方も参加頂き、非常に盛況でした。

この構造見学会は、何と言っても御施主様であるN様ご自身から、
ご経験や感想を語って頂けると言うイベントがあることです^^

私もどんなお話をされるのか、非常に楽しみにしていました。
最初、話し始めの頃は少し緊張した面持ちのN様でしたが、
徐々に慣れてこられたようで、非常に分り易く、その思いを語って頂きました。

娘さんと一緒に親子でお話頂いたので、
それぞれの視点から、非常にためになる話が聞けたのではないかと
思っています^^

N様、有難う御座いました!

 

解体工事が終了しました!   IN大阪市 T様邸

打ち合わせを続けながら、建築予定地の古屋の解体工事を進めていた
T様邸の解体工事が終了しました!

解体工事
解体工事後の様子

T様ご自身が住まわれた事はなかったようですが、
T様のお父さんが建てられた建物だったと言う事で、
内部に残された、お父さんが使っておられたと言う品々も、
工務店さんの方で、きっちりと引き取り手を見つけて、
処理されたとの事です。

大阪市内には非常に多いのですが、一部お隣さんとくっついていた部分も、
後からキチンと補修する約束をして、今は仮の壁が付けられています。

非常にキッチリされているT様は、その他のお隣さんも全て一軒一軒きちっと
工務店さんと一緒に訪ねて、工事の挨拶をして回られたそうです。

解体も終わり、次に地盤調査も行われました。

準備が着々と進められて行きます^^)

 

高断熱住宅と健康との関係について IN求められる工務店の会

求められる工務店の会さんからの依頼で、
我々が運営している、「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」が
中心となり、「高断熱住宅と健康との関係について」 と、
言う題のセミナーを開催致しました!

セミナー
セミナーの様子

講師役は、近畿大学の岩前教授!関西ではこの道の第1人者です!

今回、私は先生の付き人のような格好で参加。

工務店の皆さんも、興味深々で岩前先生の話に身を乗り出して、耳を傾けていました^^

 

驚異的な気密性能が確認されました!  IN川西市K様邸

川西市のK様邸にて、気密測定が行われました!
かなりこだわってこられた、気密に関して素晴らしい結果が出ました!

気密測定器
気密測定を行うための機械を設置!

測定結果は

C=0.34

かなり驚異的な数字です!

気密測定器2
気密測定の結果が表示されています。

この結果から分かることは、このK様の住宅では全ての家の隙間を合わせても、
名刺1枚分程度の隙間しか無いと言う事です!!

工務店さん、やりました^^

 

背の高い家の上棟が行われました^^ IN和泉市J様邸

和泉市J様邸の上棟が行われ、構造躯体が出来上がってきました^^

この家の大きな特徴の一つは、何と言ってもその家の高さ!
お施主さんであるJ様ご自身が背が高い事があり、この建物も建物自体の高さを高くしています!

つまり、使っている材料自体が普段よく使われる、3mと言う長さのものではなく、
一回り大きい柱を使って建てているのです!!

住まい手の身長に合わせて、建物自体の高さを大きく出来ると言うのは
正に注文住宅そのものの醍醐味です^^

勾配天井
2階リビングの天井は屋根に沿って作ります!爽快ですね^^

1階はそのもそも材料が大きいので天井高さも高い訳ですが、
2階に至っては勾配天井と言うものにしていて、天井を屋根の形状通りの高さにしてあります。

ですから、上の写真のように見事に壮大な大きさの気持ちの良い空間となる訳です^^
(普通に天井を作るなら、写真真中で紙で包んである材料の位置が高さとなりますが、その倍程度の高さになっています!!)

更に、この住宅のもう一つの大きな特徴は、WB構法と言う特集な構法の家であることです。

WB棟換気
WB構法の特徴である、棟の換気口

自然の気温を活かして、生活しようと言うコンセプトの住宅です!

その中でも、棟に付いている上の写真の換気口は、気温に応じて閉じたり開いたりする、特殊な形状記憶の金属で作られている換気口です!

これから、徐々に出来上がっていくのが楽しみです!

 

オーディションの見積りが出揃いました! IN寝屋川市O様邸

オーディションを開催中のO様。
その1次審査である工務店からの見積り及び、提案書提出が行われました!

今回の工務店参加数は6社。

なかなか沢山の工務店さんが参加されました^^)

それぞれ、個性的な提案内容になっていて、金額的にも
かなりの開きがあります!!!

さて、それらの中身を通してO様は如何なる判断をされるのでしょうか。
結果が楽しみです!!

 

和歌山市のK様邸がお引き渡しされました!

遂にK様邸が完成しました!

外構もほぼ完成し、いよいよお引渡しです。

この日までに、徐々に徐々に荷物を運び込まれていたK様でしたが、
今晩からは遂に新居で夜を過ごすことになります^^

外観
完成したK様邸の外観

ダイニングキッチン
リビングから見た、ダイニングキッチンの様子

リビング
キッチンから見たリビングの様子

事前に思われていたイメージ通りの住宅になったようで、
私にとってもとても嬉しいことです。

初めてK様とお会いした時、既にとあるホームページで見つけられたモデルルームのような家。
「このような家が建てたい!」

と、言う事で計画が始まった訳ですが、
K様の理想を実現してくれる工務店探しから始まり、
打ち合わせ、工事期間中も様々なご相談をされてこられました^^

上の写真の階段横の斜めになっている格子。
これこそ最初にK様が実現したいと言われたイメージの一部だった訳ですが、
これを大工さんが試行錯誤し、苦労しながら作っただけあって、
本当に綺麗に仕上がったと思います。

ちょうど、『和』と『カントリーチックな洋』の中間のような風合いの家でしたので、
難しいといえば難しいのですが、K様のイメージがハッキリとしていましたので、
割りとスムーズに計画は進んだと思います。
その結果、こだわりの家が完成したのです!
これこそ、正に本当の注文住宅ですよね!

寒さが身にしみるようになってきたこの日でしたが、
とても断熱性能の高いこの家では寒さは全然こたえる事は、無いと思います。
また、そのご感想についても聞いてみたいと思います!

嬉しいことに早速、お客様の声のアンケートを書いて頂きました^^
なんだか、読んでいるとこそばい感じがしてきます。
K様、有難う御座いました!!
アンケートの内容はこちら

 
 

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記