panHome > 日記ブログ > 2010年9月

2010年9月

<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>

岐阜県まで気密測定に行ってきました!

住宅CMサービス京都の運営者である、ポラリスハウジングサービスの高田さんから、
気密測定をして欲しいというお客様(H様)のご紹介を受けました。

H様は、気密や断熱に関して大変熱心に勉強されており、
どんな断熱材を選べばよいかなどを
ご相談にのらさせて頂きました。

そして、工事が始まり今日改めて「気密」を計測するために、
岐阜県にある建築現場に行ってきました。


建物は建築家が設計した建物で、洋風の洒落た感じの外観です。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-岐阜県の物件の外観
多角形の外壁と、インナーバルコニーが印象的

気密のおいては、凸凹の多い住宅は基本的に不利になります。
そもそも隙間の多さをあらわすのが気密ですから、やはり凸凹があると、
気密が多くなりがちです。

事前に、施工担当の工務店の監督さんにどういったところに注意して、
施工をしなければいけないかを我々の方で、指導していましたので、
ある程度の気密は期待できるだろうと考えていました。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-気密測定 岐阜
気密測定前にご説明する弊社の木村

測定前に、この測定の趣旨をお施主様にご説明して計測。

その結果は・・・

C値=1.0 !!

この地域での目標値が5.0とされていますので、
(値が小さいほうが隙間が少なく、気密が良い)
かなり良いほうです。

さらに今以上に良くするためにどこに処置を施すと良いかを
アドバイスさせて頂いて、現場を後にしました。

そして、今しがたH様からお礼のメールが届きました。

--原文(抜粋)--

本日は気密測定ありがとうございました。
立ち会えなくて残念でしたが、思っていたよりも数値がよく、安心しました。
主人から浴室の下の話や、太田さんとのやり取りの話を聞きました。
太田さんにお願いして良かったです。

--以上--

満足してもらえたようでよかったです^^)

気密測定、もし気になるようでしたらご依頼下さい
ご依頼の場合は
→ コチラ ←クリック
 

堺市の産業振興センターにて、セミナーが開催されました!

以前から、このサイトでもお伝えしていたセミナーを開催しました!

今回の参加者は、3組5名様でした^^)

連休の最中に、ご参加頂きまして本当に有難うございました~


今回のセミナー参加者の方から頂いた、
セミナーを受講した感想を書いてもらいました!

富田林市 K様
「家づくりの基本的な知識不足を感じて、
 悩んでいたところにインターネットでこのセミナーを見つけました。
 仕事の都合で、申し込むまで少し時間がかかりましたが、
 都合をつけて参加しました。
 このセミナーに参加して、家づくりは高い"事業"なので
 客観的に判断できるプロのアドバイザーに相談に乗ってもらうことが
 必要だと感じました。」

堺市 M様
「建築にかかる費用の不透明な部分について悩んでいました。
 大手含めハウスメーカーでは、予算と年収からどれぐらいの家が
 建てられるかばかりで、素人の自分たちではそれが適正なのか
 判断できずに困っていました。
 インターネットの検索でこのセミナーを知り、ホームページの内容を確認して、
 直ぐに申込をさせて頂きました。
 住宅CMサービスの提供内容に関する話題が一番印象に残っています。」

大阪市 T様
「家づくりを始めるにあたって、選び方がわからず悩んでいました。
 ブログを見ていて、メールで問い合わせたところ、セミナーのお誘いがあり
 申し込みました。
 自分でコストダウンをする方法などが聞けたことが良かったです。
 私自身、それを一番望んでいました。」


と、今回も大変満足して頂いたようです。
今後も、2ヶ月に1度位のペースで、セミナーは開催していく予定ですので、
家づくりをお考えになっている方は、ぜひご参加下さい^^)
 

M様の図面打ち合わせ


M様の図面打ち合わせが行われました!

工務店さんの打ち合わせ室では、子供が遊べるように、
おもちゃなどが置いてあります。

こう言った心遣いは、良いものですね^^)


この日は、外構業者さんも交えての打ち合わせで、
建物の配置の確認などが行われました。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-M様図面打ち合わせ
外構業者さんとの打ち合わせ

M様の建築予定地は、前面道路が少し傾斜しているため、
事前に車庫の勾配などもある程度決めておく必要があります。
これに伴って、建物の配置なども改めて再考されました。

結論としては、ラップルコンクリートと言うものを導入して、
建物自体を奥側へずらすと言う事で、話し合いがなされました。

同時に、外構業者さんからも外構のイメージ図面を後日提出すると
言う事で、打ち合わせが終わりました。


その後、今度は工務店の設計士さんと建物自体の打ち合わせです。
オーディションで使用した、弊社が作成した平面図を基に、
詳細を打ち合わせていきます。

必要なところは修正を加え、一つ一つが徐々に形になっていきます。
今日の打ち合わせで修正した分が、また
「部位別見積」
で、提出されます^^)

どこがどのように変わったのか、M様自身にご確認頂けます。
予算と見合わせて、ご自分で取捨選択の余地を残して、
次回の見積を依頼されていました!

これこそ正に施主主導の家づくり。
上手いやり方だと思います^^)
 

京橋のPANASONIC電工で、Mさまと設備の打ち合わせ


今日は、M様と京橋にあるPANASONIC電工のショールームへ
設備の打ち合わせに行って来ました^^)

秋分の日と言うことで、沢山の人が同じように打ち合わせに
来ていました。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-PANA電工ショールーム
祝日なので、沢山の人が来ている
皆さん、楽しそうです^^)
やはり、家づくりは楽しまなくちゃいけないですよねぇ~!!

ちなみに、案内を担当して下さった女性の方はとてもキビキビした方です。
なかなか良いテンポで一つずつ案内をしてくれます。


こう言ったショールームでも、案内をして頂く方によって、
お客さんの満足度が変わるものです!


午前中の打ち合わせを終え、
(案内の女性の方の勢いでは、昼休憩無しでそのままいってしまいそうでしたので、
 工務店の社長さんが間を割って、昼休憩を入れてくれました^^)

昼食タイム!

この日の昼食は、工務店さんのはからいでPANASONIC電工ショールームの隣の、
ツインタワーで食事です。

ここからの景色が、また最高に凄かった・・・


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-ツインタワーからの眺め
タワー最上階からの眺め!

こんなところで、仕事をしていたら世の中が小さく感じてしまいそうです。
何処までも続く、ビル群を眺めながらの昼食も楽しいものです。
滅多に無い機会なので、とても良い経験でした^^)


そして、昼からも残りの住宅設備に関する打ち合わせを行って、
終わったのが、ショールームの閉館時間。

今日は、朝一番からこの時間までタップリ打ち合わせ。
さすがにM様ご家族もお疲れになってようです。
今日一日、お疲れ様でした!

 

N様、面談先を決定!


先月、オーディションを開催されたN様が、
面談先を決定されました。

今回のオーディション参加工務店は、5社。
そして、今回は5社とも面談先として、
選ばれました^^)

N様は、非常に拘りを持っていらっしゃる方ですので、
各社から、どんなお話がされるのかが今から楽しみです^^)


 

M様、トステムショールームで打ち合わせ

工務店を一社に絞られたM様と、本日はトステムショールーム内で打ち合わせです。

今回は、

「窓」と「玄関ドア」

の打ち合わせ。
実際にどんな窓や玄関ドアがあるのかを、実物を見ながら、
一つ一つ選んでいきたいと言う事で、

大阪の南港にある、トステムのショールームで打ち合わせです。

一つ一つを私のアドバイスを元に、選んでいかれる。
これこそが住宅CMサービスの醍醐味です^^)

実際の値段を比較しながら、コストを抑えるところは抑えて、
ここは外せないというところは、こだわりを表現する。
正に、

「部位別見積もり」

ならではです!


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-トステム打ち合わせ
真剣に窓冊子を選んでいらっしゃいます^^)



 

M様がオーディションの結果を発表!工務店が決定しました^^)

住宅CMサービスでオーディションを開催し、

『書類選考』 →  『面談』

を通して、M様が最終選考結果を発表されました^^)

これから打ち合わせが始まり、
その後、工務店さんとのご契約に至ります。

この工務店さんを選ばれた理由として、

「ファーストインプレッション」

の良さが大きかったとのこと^^)


書類選考の段階では、特に「一番安い」
と、言うわけでもなかったのですが、
『値段』だけで決まらないのが、
我々

 『住宅CMサービス』

の良さです^^)

その人、個人個人の合う合わないも尊重でき、
コストもしっかりと抑えられた、パートナー選びです。


 

気密測定で驚異的な数字が・・・

気密測定で、驚異的な数字がたたき出されました・・・

気密測定について、詳しくお知りになられたい方は →コチラ

気密測定では、通常大阪のような比較的温暖な地域では、
C値5.0が出れば、依然あった国の基準は満たされます。
(この数値は数字が小さければ小さいほど性能が良い)

そして、よくよく気密された家でも2.0も出れば御の字です。


しかし、ここの工務店さんは
高気密・高断熱住宅を売りにしており、
通常でも 0.3や0.2
などの数字を大概どの物件でも出しています。

しかし・・・・

なんと・・・

本日測定した結果。

C値 0.07

これには、ただただ驚くばかり・・・
最初は、機械が壊れたかと思いました・・・

でも、そうじゃない・・・・

家、一軒の中に隙間がたった8c㎡
名刺一枚にも満たない程度です・・・・


こんなことが、可能なのですね。
本当にびっくりです。
換気扇がよく機能する家となります。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-気密測定


やれば、出来るものなのですね。
人間の可能性の大きさを見たような気がしました・・・
 

省エネ住宅界のドンとも言える、坂本先生の講演に行ってきました!!

鳩山首相の時代(つい最近ですが・・・)、

「日本は25%削減する!!」

と、言ってしまったために、どうしても住宅の省エネ化を
推し進めないといけないと言うような状況になってしまっていることを、
皆さんはご存知でしょうか?

今回、省エネ住宅界のドンとも言える、
東京大学大学院教授の坂本雄三先生の
講演でもお話がありました。

坂本先生は、今流行の『坂本』性でして、
その因果もあってか、この住宅業界で住宅の省エネ化に先頭を切って、
進んでいらっしゃる方です。

住宅の省エネ基準を作成してる正にその当人でいらっしゃいます。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-坂本先生

坂本先生曰く、
「もう日本では住宅を含む、民生部門(民間から発生する)からの二酸化炭素を抑制する以外に、
 抑制する場所が無い。」

と、言うお話です。

ですので、今後省エネ住宅の義務化も含めて、国としてはどんどん推し進めていくようです。
これから家を建てられる方は、是非この義務化を考慮に入れた家づくりをして下さい/

省エネ住宅とは
 高気密・高断熱な家 + 高効率設備機器

が、基本となります。


それにしても、この講演で集まった人の数なんと300人・・・

建築関係者だけで、よくこれだけ集まったものだと感心していました。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-300人


それだけ、関心度が高いと言う事だと思います^^)



このセミナーの間、隣に座った人が始終「うちわ」を扇いでいました・・・
暑い夏なので、ある程度はわかるのですが・・・
そんなに暑く感じていない私もずっとそのうちわで扇がれていました^^)
 

オーディションの2次審査『面談』が行われました!

先日、住宅CMサービスのオーディション(入札)が行われた、Mさん。
1次審査である、書類選考を通して2社の工務店さんと面談される事に
なりました。

今日はその1社目の面談です。


まずは、面談場所の目の前にあるこの工務店さんの施工現場を見学。
プロである私の解説も加わり、真剣に聞いて頂きました^^)


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-建築現場見学

その後、工務店の社長さんと設計士さんとの面談が開始。
社長さんの熱い想いを聞いて、色々と感じられる部分があったようです。


家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ-面談「

実際に、経営をしている工務店の社長さんとのお話では、率直なお話が
色々と聞けます。

とても正直な社長さんで、自社の粗利がどの程度までかもお話
されていました^^)

また、引渡し後のサポートの体制も
「まやかし」
ではなく、実際にどのようなことを行っているのかを
具体的にお話され、またMさんの方からも不安に思っていること、
様々な迷いがあることなどを率直に聞いて頂きました。

私も立ち会っているので、その辺りが遠慮せずに聞いていただけることも、
われわれのサービスをご利用いただけるメリットと言えます^^)

 
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記