住宅CMサービス

感涙のお引き渡し!堺市M様邸

<スポンサードリンク>

堺市でご建築が進んでいたM様邸。
無事にお引き渡しを終えました!

ここに至るまでの紆余曲折。
お引き渡しの際には、そんな様々な思い出を
色々思い出されたのでしょう、歓喜で涙が溢れていらっしゃいました^^

外観
外構も完成し、存在感のある外観です!

後日、外構工事も終えられ、とても存在感のある、引き締まった風合いに感じます。
お引き渡し時にご主人さんに尋ねると、
「まさか本当にここまで辿り着けるとは!」

と、しみじみと感慨深げに我が家を眺めていらっしゃったのがとても印象的です。
こう言う思い入れのある瞬間に立ち会える。この仕事の本当に有難い瞬間です^^

ブラックウォールナット 長物
床材は、こだわりのブラックウォールナット材の長物

こだわりのリビングには、ブラックウォールナットを利用されています。
一枚一枚がとても長いタイプの床材で、滅多にお目に掛かれない良い材料でした。
「絶対に取り入れたい!」
と、仰っていらっしゃのも頷ける面白い風合いです。

こうした無垢材の良いところは、同じ木目が一つも無いと言うところです。
私が祖父の家で、夜寝る前に天井の木目を見ながら、
寝るまで人の顔を探すと言う、一人遊びをしていた事が思い出されます。

ここで育つお子さんは、どんな思い出を作られるのでしょうか?

納戸の調湿
納戸に杉の無垢材を利用することにより、調湿を期待しています

納戸の壁には杉の無垢材を使用。
無垢材のもう一つの特徴としては、気が湿気をある程度吸湿、
放湿するところでもあります。

人が材質するような場所では、人が継続して湿気を発し続けるため、
やがて、木材が吸湿出来る以上の湿気となり、結局湿度が高い状態に
なってしまいます。

しかし、納戸のような場所では湿度が継続的に供給される状況にならない限り、
木材が適度な湿度に調湿してくれることが期待出来ます^^

とても良い木材の使い方だなと関心しました!

昼寝用のロフト
昼寝をすることも意識した、2階のロフト

ご主人さんはお仕事柄、昼に寝る必要がある場合があります。
そこで、昼間でもユックリ寝れるようにと言う意味も込めて、
2階の屋根裏部分にロフトを作っています。

ここであれば、昼間でも窓からの明るさを気にする事無く、
真っ暗な状態を保ったまま寝ることが出来ます!

もちろん、昔のように夏にはロフトが蒸し風呂状態・・・・
と、言ったような事はなく、きっちりと高断熱にすることで、
ロフトでも快適に過ごすことが可能となっています^^

鍵の引き渡し
恒例の鍵のお引き渡しの瞬間です!

工務店さんから、お引き渡しに当たっての様々な説明がなされている間、
それまでの色々な打ち合わせや、工事期間の思い出や、
それに至る以前のことなどを思い出されたのでしょう、
だんだんお話する言葉が、涙声になってきて、
最後は工務店さんの担当さんと一緒に、涙、涙でした^^
そこまで思いのこもった、真剣な家づくりをして頂けた事が、
私にとっては誇りであり、嬉しい事でもあります。

そして、いよいよ鍵のお引渡しです。
通常、ここで鍵を引き渡すまでの間、大工さんや現場監督さんなどが出入りする際には、
工事用の鍵を使っています。その工事用の鍵は、複製されても良いように、仮の鍵が使われています。

お引き渡しの際に、初めて施主さんが本キーを利用して開け閉めをすると、
工事用の仮の鍵は、2度と使えなくなります。
ですので、その後は工事業者が中に入ろうと思うと、
施主さんに鍵を開けて貰わなくては、勝手には入れなくなると言うことになります。

こうして、お引き渡しが完了すると言うのが恒例になっています。

最後は皆で記念撮影!

とても良いお引き渡しになりました^^

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記