住宅CMサービス

輸入カーテンを扱うカーテン屋さんに行ってきました!

<スポンサードリンク>

カーテンをご検討中のT様と共に、
輸入カーテンを専門で扱う、カーテン専門のショールームに行ってきました!

輸入のカーテンは、日本ではなかなか作成されないような、
ユニークな色やデザインのカーテンが多数あります。
下記の写真は、カーテンレースなのですが、レースだけでもこれだけ色々な
色合いのレースが展示されています。(中には黒色のレースカーテンもありました^^)

色とりどりのカーテンレース
色とりどりのレースカーテン

下記は、いわゆるローマンシェード(単にシェードと呼ばれる事もあります)カーテンで、
上げ下げ出来るカーテンです。最近では見る機会が減った気がします。
代わりによく見かけるのが、同じ上げ下げが出来る、ロールカーテンです。
しかし、ローマンシェードはカーテンの風合いが強く、
お洒落な雰囲気を創りだすのには、丁度良さそうですね。

シェードカーテン
いわゆるローマンシェードタイプのカーテン

そして、今回最も私の興味をひいたのが下の写真です。
通常、カーテンレースは昼間に使用する事が多く、
普通のカーテンは夜に使用しますので、レースが外側に設置される事が多いと思います。
しかし、下の写真のカーテンは敢えて、レースを内側に持ってきて、
レースに模様を入れています。

カーテンの方は、レースの模様を際だたせるために無地になっているのが特徴です。
こうすると、同じ模様のレースでも、背景になるカーテンの色によって随分と
受ける印象が変わります。

同じカーテンでもまた一つ変わった印象になりますね。

内側レースカーテン
レースカーテンを家の屋内側にするパターン

下の写真は、カーテンを束ねておくための「タッセル」と呼ばれるものを
撮影した(写真では小さいですが・・・)のですが、
このタッセルは通常のタッセルとは違って、磁石が中に入っています。
ですから、カーテンを束ねる必要が無い場合でも、磁石を使って、
タッセルだけで、カーテンにくっつけておくことが出来ます。

タッセルを引っ掛ける場所が別に必要が無いので、
これも面白いですね!

磁石のタッセル
カーテンを纏めるためのタッセルが磁石で止められるタイプ

そして、今回T様にピンときたカーテンは、
トルコからの輸入カーテン。
トルコならではと言って良いかと思いますが、特殊な記事になっていて、
ショールーム屋内で見ている分には気づかないのですが、
実際に、窓際で日光を当ててみると、キラキラ光る。
そんなレースカーテンを見つけられました!

光るカーテン
実際に取り付いた光るカーテン

上の写真が、実際に取り付けられた様子です。
写真では、キラキラ光っている様子がよく分かりませんが、
実際には、光の反射によって、カーテンがキラキラしているように見えるのです。
このような種類のカーテンは、私はなかなかお目に掛かることがありませんでした。

更に写真では、暗くなっていますがカーテンを取り付けているレールも、
光沢のある、銀メッキ仕上げのカーテンレールを使用しています。
こちらもレースにとても良く合っています。

今回、リビングやダイニングなどの家のメインとなる部分は、
この輸入カーテンを導入することになりました。

しかし、それ以外の部分に関しては、一般的にどこでも売られているような
カーテンを利用すると言う事でした。

なかなかメリハリが効いていてい良いと思います^^

カーテンひとつとってみても、自身のこだわりどころを作ると、
一つ楽しみが増えることになりますね!

いよいよ完成が近づいて来ました!

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記