家づくり関係のお話

大阪建設労働組合さんからご依頼のセミナー開催

<スポンサードリンク>

我々が運営する、大阪エコリフォーム普及促進地域協議会宛に、
大阪建設労働組合
(略して大建労(ダイケンロウ))さんからのご依頼で、
大阪府が認定する、リフォームマイスター制度上のリフォームマイスター研修の
講演を致しました。

今年から、リフォームにおいても「長期優良住宅」へとリフォームするための
制度が開始されるので、リフォームに対する需要も大きくなるだろうと、
関係者の期待も高まっているようです。

※「長期優良住宅」とは、長く住める優良な住宅を公的な期間が認定する制度です。

大阪建設労働組合 セミナー
セミナーにて講演する様子。

今回のセミナーで、大阪建設労働組合さんからのご依頼で開催するセミナーは3回目です。
今回のセミナーの内容は、先ほど、ご紹介した「長期優良住宅」へとリフォームする制度において、
必要とされる条件で、住宅の省エネルギー化の項目があるのですが、その省エネルギー化よりも
更に、2歩も3歩も進んだ内容となりました。

長期優良住宅へとリフォームするためには、住宅を省エネルギー化する必要があります。
住宅を省エネルギー化するためには、建物を断熱して、必要な冷暖房エネルギーを減らす必要があります。

しかし、建物を断熱化する意味合いとしては、省エネルギーと言う観点だけから、
必要と言う訳では決してありません。

今回のセミナーにおいては、その点について詳しく講演がなされました。

建物が断熱化される事によって、必要な冷暖房エネルギーが減ることは間違いありません。
しかし、断熱化することにより得られるメリットはそれだけではありません。

例えば、今回のセミナーでは詳細は触れていませんが、「快適性」と言う観点からも、
断熱の効果は非常に高いです。冬場、同じ室温の家でも、断熱性の低い住宅と、
断熱性能の高い住宅とでは、体で感じる温度が違います。
当然、断熱性能の高い住宅の方が、体で感じる温度が高くなります。
夏場はその逆となります。

そして、今回。断熱性能を挙げることにより、温度状況が改善され、
そのことによって、如何に健康的な生活が出来るかと言う点において、
詳しい話がなされました。

如何にプロと言えども、何でもかんでも知っている訳ではありません。
今回のセミナーの話は、初めて聞いたと言う方が殆どで、
真剣に耳を傾けていました。

断熱する効果を正しく理解し、正しい施工で日本の住宅事情が良くなれば、
それに越した事はありません。

良いセミナーになったのではないかなと思います^^

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記