住宅CMサービス

地盤調査が行われました!  IN堺市S様邸

<スポンサードリンク>

これから、工事が始まる堺市のS様邸。
現在の家を建て替えるため、工事着工ギリギリまで、
現在の建物を使用して貰うと、言うこともあって、
建物解体前に、先に地盤調査が行われました。

地盤調査
スゥエーデン式サウンディング試験と呼ばれる、地盤調査方法で調査されました。

S様邸は、大きな川のすぐ近くと言う事で、
いわゆる、

「後背湿地」

と、言う場所に当たります。
事前から、土地は軟弱である可能性が高いお話はさせて頂いていたのですが、
今回の地盤調査でも、やはり深さ6m程度までは柔らかい地層が続くことがわかりました。

通常、地盤調査は新しく建てる建物の4隅と真ん中の地盤の状態を調べる事になります。
これは、同じ土地内でも地層の状況が違うことがあるためです。

今回は、新しく建てる家が、丁度現在の家の庭部分に当たる箇所が多く、殆どを庭で
調査したのですが、真ん中部分については、今の床をはがして調査を行いました。

全て調査をし終えて分かったことは、4隅よりも真ん中の方が、深い位置まで柔らかいと言う事です。
よく、建築業者さんでも家が建っていた場所は、地盤が固いと勘違いされている業者さんも
多いのですが、決してそんなことはありません。

建物はその重量で「圧密沈下」と言うものを起こすのですが、その影響はそんなに
深い場所まで及ぼすことは殆ど無く、深い位置においては、
殆ど「圧密(重さで圧縮されて、密度が高くなる(締まる)こと)」されることはありません。

ですから、建物が建っていようがいまいが、地盤調査は必要ですし、
現在の建物の有無は、地盤の状況には殆ど影響を与えていません。

今回の結果をもって、どんな改良が最適なのかは地盤調査会社が判断することに
なるのですが、何らかの改良が必要になることは間違い無さそうです。

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記