住宅CMサービス

気密測定の結果、C値=0.78 でした! H様邸

<スポンサードリンク>


元々、H様邸の入札(オーディション)条件として、

Q値=2.0以下(家の断熱性能)、
C値=1.0以下(家の気密性能)

を御希望されていました。

この値に関しては、H様とコンストラクションマネージャーである我々とで、
『必要な住宅性能』と言う観点から、設定した数値でした。

Q値と言うのは、計算上の断熱性能ですので、入札(オーディション)の段階で、
『どんな断熱材をどれ位の厚みで入れるか』、『換気扇は何を使うか』などを
工務店側が提案してきます。

ですから、直ぐに満たされているかどうかの判断は可能なのです。

しかし、C値に関しては施工による部分が大きいので、実際に測定しなくては
実現しているかどうか分かりません。

そこで、今回『気密測定』と言う、C値を測定するための試験を行いました。

気密測定
気密測定の測定器設置状態

 測定自体は、ほんの10分程度です。
そして、その測定結果は・・・

『C値=0.78』

予想より、遥かに良い数値が出てきました!
家の大きさにより、違いがありますが、家の中の全ての隙間を合わせても、
A5の用紙よりも小さい隙間しか無いことになります。

こうすることで、換気扇の性能がより100%に近い状況で発揮することが出来ますし、
エアコンなどの冷暖房もかなり効きが良くなるわけです^^)

御報告させて頂いたH様にも、大変喜んで頂きました!!

 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記