家づくり関係のお話

六甲アイランドの施工体験施設とショールーム IN YKK AP

<スポンサードリンク>

エコリフォームをするには、「窓やドアの断熱」と「壁・床・天井の断熱」が重要です。

このリフォームを普及させるためには、現在、窓サッシやドア、断熱材を扱っている、
建材メーカーさんが如何にこの普及に励むかも大切になってきます。

我々が運営している、「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」では、
大手サッシメーカーさんや断熱材メーカーさんも数社参加しています。

YKK APさんもその中の一つなのですが、今期の活動をどのようなものに
するのかも含めて、六甲アイランドにある、施工者が実際に施工の体験が出来る、
体験型施設の見学に行ってきました。

YKK APさんでは、施工者側の技術教育にも力を入れていて、
我々の協議会が目指す、施工者側の知識向上と、普及活動に
同調してもらっています。

現在、省エネリフォームでは、その知識不足から、リフォーム詐欺とまでは
いかないものの、住宅版エコポイント制度の不備もあって、
あまり効果の無いような省エネリフォームの提案がなされている事があり、
トラブルの一因となっています。

例えば、戸建て住宅の省エネリフォームをしようとしたところで、
例えばリビングの大きな窓を一箇所だけ断熱窓の仕様に変える、または
二重窓にしただけでは、あまり効果が望まれません。
(注意:マンションは別です。)

しかし、現状の住宅版エコポイントでは、このような一箇所だけの施工でも、
ポイントが発行されてしまうのです。

このような現状から、正確な省エネリフォームの知識も無いままに、
省エネリフォームを勧めてしまう施工者がいるため、
我々の協議会では、施工者の知識向上を目指した活動を
今期に行う予定としています。

その一環として、我々の活動の中でYKK APさんのように
積極的に施工者指導をしているメーカーさんの活動と同調して、
その施設などを利用できないかの検討をするために見学に訪れました。

施設の中には一見の施工中の「家」が建てられていて、
ここで窓サッシを取り付ける施工の実体験が出来るのだそうです。

実際に、取り付けた後に不具合があった場合の、調整方法なども
ここで学べるようになっていました。

この施設を如何に有効利用していくか。
我々の使命でもあります^^)


ところで、この施設。
元々は石材屋さんの建物だったそうで、とても広い敷地にあります。
ここは、ショールームも兼ねていて、色々面白い窓やドアの展示も
ありました。

今回の見学では、写真は撮れなかったのですが、
ここも、家づくりを考えたときにとても参考になると思います^^)


それにしても、六甲アイランドにある企業の敷地はどこも
かなり広い敷地を有していて、なんに使うんだろう??
と、思うような明らかに "余っている土地"  が沢山あります。

こういった土地をもっと有効活用出来れば、
良いのになぁと思いながら、さんざん迷った挙句に
YKK APさんにたどり着いた次第です・・・
 
完成見学会


住宅CMサービス
<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>
←前へ
次へ→
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記