床下換気口

<スポンサードリンク>

床下換気口とは、基礎の内部の換気を行うための開口のことです。

現在は、基礎パッキン工法が多くなってきていますが、
数年前までは、この床下換気口を設置する家が主流でした。

床下の湿気を適切に抜くことができるよう、
この床下換気口には、設置する間隔や開口の面積が法律で定められています。

なお、法律では、

5m以下のごとに300cm2以上の面積の開口を設け、
ネズミの侵入を防ぐ対策を講じること

となっています。

適切な換気を行うことが目的ですので、
物置を計画している部分や空調や給湯設備の屋外機が設置される
部分を避けて計画することが望まれるでしょう。

なお、床下換気口と基礎パッキン工法のメリット・デメリットは、
基礎パッキン工法のページで詳しく紹介しています。

こちらも合わせて確認してみてください。


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google