断熱リフォーム経験者の話 内窓の効果や費用について

断熱リフォーム 経験者

迷いヒヨコ

家が寒いのですが、何か良い対策はありませんか?
最近では家の寒さの体への悪影響や省エネ性能向上のために寒さを解消するためのリフォームが増えているんだ。今日は寒さを解消するための断熱リフォームについてお話するよ。

森のくまさん

断熱リフォームの内窓(2重窓)の効果

内窓による断熱リフォームとは?

断熱リフォームとは、家を断熱で覆うことで魔法瓶のように暖房や冷房の熱を外部に逃がさないようにするリフォームのことです。

その中でも、特に窓においては熱の出入りが激しい場所なので、重点的に断熱を行う必要があります。いくつかの方法がありますが、一番手軽なのは、窓の内側に断熱性能の高い窓を内窓と呼ばれるものを追加して、2重窓にすることです。

内窓にもいくつかの種類がありますが、熱の出入りを十分減らすためには、枠がプラスチック(樹脂)で出来ていて、ガラスが複層(2重)になっているものがお薦めです。

断熱リフォーム 住んでみた感想

くまさんが実際に設計して断熱リフォームをした家の住んでみた感想を聞いています。
内窓(2重窓)の実際の効果について、語って頂きました!

住宅供給公社の一室を断熱リフォーム!その感想は?

断熱リフォームかかる費用や補助金の事例

断熱リフォームが必要な部分

家の寒さを解消したい場合、断熱が必要な個所が決まっています。下記の図は、冬場に熱の出入りがどこで発生しているかです。要はこの熱の出入りを少なくしてやれば良いわけです。

これを見ると、一番熱の出入りが激しい場所は窓であることが分かります。
まずは、窓を高断熱にして、余力があれば床や天井を断熱しましょう。外壁についてはかなりの費用が掛かるので、慎重に判断する必要があります。

また、換気扇については古い建物だと24時間稼働する換気扇自体が付いていない場合があります。この場合は、断熱と同時に24時間稼働する換気扇の設置も必要になります。

換気扇が必要になるかどうかは専門家に判断して貰う方が良いでしょう。
※換気扇を付けずに断熱すると、シックハウス症候群などの懸念が出てくる場合があります。

熱の出入りが激しい場所
熱の出入りが激しい場所

内窓の費用

内窓は通常の引き違いや開き窓だったら、1枚当たり4~6万円程度。
掃き出し窓(床までの窓で出入りが可能な窓)であれば、6~9万程度です。

断熱リフォームしたい窓の枚数分を掛けると大体の目安になります。

床下の断熱費用

床下の断熱方法はいくつかあります。この中で最も簡単な方法が吹付によるものです。
吹付とは、床の裏側から断熱材を施工することが可能で、家に居ながらにして工事が可能です。しかし、床下に十分なスペースが必要です。
ただし、床下の湿気状況などによって使える・使えないがあるので、心配な方は専門家に相談しましょう。

費用は広さにもよりますが、20~30万円程度と言った場合が多いです。

天井の断熱費用

こちらも様々な断熱方法がありますが、最も安い方法は天井裏にグラスウール(GW)を敷いていく方法です。

グラスウールはかなり値段的に安い断熱材になり、ホームセンターでも販売されていて、自分で敷くことも可能です。

グラスウールは1㎡当たり1000円程度ですので、一般的な50㎡程度の家であれば、5万円程度です。これに大工さんなどの業者さんに依頼する場合は別途施工費が掛かります。1日2~3万円程度みておきましょう。

壁の断熱費用

壁の断熱費用は最もお金と時間がかかります。
上記で紹介した、床下や天井での断熱方法は基本的に家に居ながらでも工事が可能ですが、壁の断熱で家の内側から断熱をする場合、物を動かしたり、退避する部屋が無い場合は仮住まいも必要になります。

家の外から断熱(外断熱)をする方法の場合は、家の外側に足場が必要となり大きな工事となります。また、断熱だけを付けるわけでなく更に外壁工事や防水工事も必要となるので、一筋縄ではいきません。

工事の費用は、壁の大きさや凸凹下限によって全く異なります。

30坪程度の家でも150万~300万程度は掛かります。

断熱リフォームに対する補助金

断熱リフォームでは、都道府県や市町村長が実施する補助金がある場合があり、地域によって異なります。使える補助金が無いかどうは、ご自身で一度調べてみて下さい。

また、これとは別に国が主体となって実施している補助金もあります。これも時期によって補助が受けられる場合と受けられない場合があるので、確認が必要です。

断熱リフォームの大阪での依頼先の会社

国が実施する補助金を貰いつつ、建物に不具合が生じないようにしっかりと計画された断熱リフォームを実施されたい場合は、弊社までお問い合わせください。

特に、壁や床下、天井への断熱は確かな知識がないと後から結露が発生して、カビや腐りの原因になったり、思ったような効果が得られないと言ったケースもあります。

このようなことが起こらないようにするためには確かな知識を持った人に依頼することが重要です。

家づくりに関するご相談はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です