瑕疵(かし)

<スポンサードリンク>

欠陥を意味する法律上の用語です。

瑕疵とは
欠陥を意味する法律上の用語です。

住宅建築で瑕疵に該当するのは次の事柄です。

  • 建築基準法などに違反している場合の瑕疵
  • 建物が設計と異なっている場合の瑕疵
  • 契約内容に違反している場合の瑕疵
  • 一般的な性能を欠いている場合の瑕疵

中古住宅の売買契約では
契約時点では分からなかった瑕疵が後で発覚した場合、
気が付いた時から1年以内であれば、
売主や施工者への賠償請求や契約解除をすることができます。
 ただし、契約書などに瑕疵担保責任の免事項などが含まれていた場合はこの限りではありません。

また、新築住宅の請負契約(注文住宅の場合)や
売買契約(建売住宅を買う場合)であれば、
品確法により、主要構造部の瑕疵と雨漏りについて、
10年間の瑕疵担保責任があります。

したがって、引き渡し後、10年間は、
売主や施工者へ瑕疵の修繕や賠償請求ができます。
しかし、今までは売主や施工者が倒産してしまった場合、
修繕や賠償を求める先がありませんでした。

その反省を踏まえ、
2009年10月1日に住宅瑕疵担保履行法が施行され、
住宅の売主や施工者は保険加入が義務化されました。

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google