ALCパネル

<スポンサードリンク>

ALCパネルとは、高温高圧多湿養生を意味するオートクレーブ状態で製造管理された軽量気泡コンクリートパネルの事。
ALCパネルのALCは、オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリートautoclaved lightweight aerated concrete)略称である。

日本国内では数社が販売をしており、
旭化成建材株式会社が販売するALCパネルをへーベル板と呼んで、有名である。

ALCパネルはコンクリートであるから、非常に熱に強く燃えない。
また、パネル内部に気泡が多数あるため通常のコンクリートに比べて
ALCパネルは1/4程度の重さである。

外壁や屋根、床板として使用される。
ALCパネルを断熱材としている説明も見かけるが、性能としては
通常の木と
同程度の断熱性能しかないため、これには無理がある。

また、気泡の部分に水が溜まって凍るとALCパネルは割れる。
このため、ALCパネルを使用した住宅を寒冷地では
建てないようにするべきである。

ウォールキャビネット
ALCパネルの例
パネルの内部に、網状の鉄筋が入っている。

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例