パラペット

<スポンサードリンク>

パラペットとは、建物の屋上や陸屋根などの端部で、立ちあげられた胸の位置程度の高さの壁の事を指す。
パラペット

パラペットとは、屋上や陸屋根の端部に作成する低い壁の事。
木造やRC造、鉄骨造などでも利用されるが、工法によって若干目的が変わってくる。

『パラペットの役割』

屋上や陸屋根など、平坦な部分の端部において、雨水などの水を防水するために、
防水層の端を立ち上げる目的で設ける。

これは、防水を行うための基本的な事項となり、何故立ち上がりが必要かは、
防水施工方法を知っておく必要がある。

また、木造軸組などの場合では、通常の片屋根や切妻などにも設置する場合がある。 

パラペット

この場合は、防水上の理由と言うよりも、外観上の理由で設置する場合が多い。

屋上においてパラペットが設置される場合は、
パラペットが手摺の代わりともなり、落下の防止にも役立つ。

また、陸屋根(平坦な屋根)とした場合、パラペットとするか、屋根を庇として付き出した
形状とするのが一般的である。
仮に、これに反して、完全にキューブ状の建物の陸屋根に雨が降ると、
雨水は、直接外壁に垂れ流しとなり、雨だれの痕が残るという、美観上の問題が懸念される。

『パラペットの利用法』

パラペットは、上述のようにデザイン上利用されることもあり、
外観上で箱型に、見せたい場合などに採用される。

パラペットの外側の壁の部分を利用して、看板を設置する場合も見受けられる。

これらの場合は、単に防水用として設けると言うより、外観的に利用していると言える。


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google