犬走り

<スポンサードリンク>

犬走りとは、基礎のまわりのコンクリートや砂利が施工された部分を言います。

犬走り

この犬走りですが、雨の跳ね返りにより基礎や外壁が汚れるのを防ぐ役割や
湿気から建物を守るということで施工されていました。

しかし、今は、防犯のことを考え、砂利を敷かれる場合や、
予算の都合から犬走りを設けないケースもが多くなっています。

 

なお、この犬走りは、家の基礎と同時に施工するのではなく、
屋外の給排水やガスなどの配管工事を行った後に施工されます。

工事は、基礎業者ではなく、外構業者が行う場合も多くなっています。

 

一般的には、基礎から約50cmほどの幅でモルタルが施工されますが、
1階の床面積が20坪程度であれば、
費用として10万円ほどを見ておく必要があります。


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google