真壁

<スポンサードリンク>

真壁(しんかべ)とは、木造の家で柱が見えるように壁を作る方法を言います。

shinkabe_okabe.jpg

古くから日本の住宅は、柱の間に竹などを編んで作る小舞を下地にして、
土を塗って仕上げる壁が一般的でした。

そのため、必然的に柱が見える真壁づくりになっていたのです。

しかしながら、土で壁を作る方法から
石膏ボードなどを下地材としたクロス仕上げの壁が主流になると、
わざわざ柱を見せるためには手間がかかるため、
柱の上に直接石膏ボードを貼る大壁へと
切り替わってきました。

 

ただ、本格的な和室を作る場合には真壁を希望される方も多くいます。

土壁では工期とコストが必要となるため、現在では、
右上の図のように柱の間に塗り壁の下地材となるラスボードなどを施工して
塗り壁で仕上げる方法が一般的になっています。

 

なお、真壁の長所と短所は以下のようになります。

 

真壁の長所

1.意匠(見た目や経年変化を楽しむことができる)

2.構造上重要な柱の状態がいつでも確認できる

3.柱の調湿作用が期待できる

ことが挙げられるのではないでしょうか。

 

逆に、短所としては、

1.大壁に比べコストが上がることが多い

2.断熱をするための壁の厚みが確保しにくい

などがあります。

 

 

 

塗り壁について下のページでさらに詳しく紹介しています。

 

内装材の種類と比較

 


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例