上がり框

<スポンサードリンク>

上がり框とは、玄関や勝手口などから上がる段差の部分に取り付けた横木、あるいは化粧材のこと。
上がり框
上がり框の例。

上がり框は、屋内に使用する床材の端のささくれを隠すために取り付けられる。

上がり框は、そのまま玄関と廊下の段差とほぼ同じ大きさとなるため、
バリアフリーの観点から、10cm以下とすることが望ましいとされている。

バリアフリーを謳った
マンション等では、段差自体が無い場合もあり、
この場合は上がり框は境界を分けるための材料となる。

上がり框に使用する材料も、滑りにくくする目的と踏み込んでも
たわまないようにするために堅い木を使用する。
見た目にも玄関と言う場所であることから、表面の美しい木を使用する。

まれに上がり框に木以外を使用する場合は、石材や大理石などを使用する。


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google