縁甲板

<スポンサードリンク>

縁甲板とは、床や壁にはる、小幅で長尺の板材のこと。えんこういた。
縁甲板は縁側、つまり外廊下の甲板として使われたのが語源で,
長さ3.6~4m、幅10㎝前後の板を本実という加工をしたもの。
今ではフローリングという名称の方が一般的になっている。


縁甲板の材料としては、ヒノキ、マツなどの針葉樹が代表的。

近年では、都会で縁側というスペースを計画される事が少なくなってきている。
このため、縁甲板は縁側に使うと言うよりも、廊下に使用される材料として、
扱われるようになっている。

縁甲板は、本来一本の木からできたものであったが、
最近では、家の隙間が少なくなったことで乾燥などによる反りの
問題などが発生するようになってきた。

このため、表面上の見かけは一緒であるが、薄い単板を何層にも
重ねた複層の板を縁甲板として扱う事が一般的となっている。

縁甲板
縁甲板の例


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例