panHome > コンシェルジェの提言 > 家づくりは「買い物」ではありません!

コンシェルジェの考え

家づくりは「買い物」ではありません!

住宅は「人生で一番大きな買い物」とよく言われます。

多大な費用を伴うのは確かです。

 しかし、もう

 

住宅=「買い物」

 

と、いう発想を止めましょう

自分たちが納得できる価格で、確かな品質の家を手に入れたいのであれば。

 

「買い物」と言う発想を続けている限り、『坪単価○○円』と言う広告に気持ちが動かされます。

「今月中に申し込んで頂けたら・・・」と言う、メーカー主導のキャンペーンに、
内容も吟味せず申し込んでしまいます。

 

では、家づくりは買い物ではなく、何なのか。

それは、

 

プロジェクト(事業)

 

です。

 

あなた自身がプロジェクトリーダーとなって、自分たちの要望を形にしていかなければなりません。

そこには、幾通りもの組み合わせがあり、判断に迷う事もあるでしょう。

しかし、「プロジェクトリーダー」という自覚が持てれば、
単に営業マンの話を鵜呑みにすることもなくなるはずです。

営業マンの話は参考程度に聞いて、自分自身の判断基準を持たなければなりません。

 

「当社の建物は、これだけの装備で坪単価○○円です!」

「今月は決算なので、月末までにお申込を頂ければ、凄い特典があります!」

 

こんなセールストーク惑わされる事もありません。

自分が必要としない余計なものが含まれているかも知れませんし、
必要な機能や欲しい設備、外せない性能がオプションになっているかも知れません。

 

耐震性なのか、耐久性か、それとも断熱性能を高めたいのか・・・・?

 

それを実現させるためには、どのような選択肢があり、費用はどのくらいか?

 

優先順位といくつかの選択肢を用意し、それを取捨選択していくことで、
自分たちの身の丈にあった家が手に入ります。

 

住宅は受注生産にも関わらず、受注生産のパソコンのように、
パーツの性能と価格の比較が出来ません。

なぜなら、企業側がその詳細を出してくれないからです。

 

家づくりは、「買い物」では無いと思いませんか?


次は、「不安な気持ち」の原因を考えましょう!に続く

 
次へ→
 
第三者のプロへの相談はこちら! メール相談はこちら