医療費の推移とメタボ検診と住まい

<スポンサードリンク>


皆さん、メタボ検診していますか?
メタボ検診が義務付けられましたが、なぜ突然に国はメタボ検診を言い出したのでしょう?

メタボ検診にまつわるお話と、住まいの関係性についてのお話です。




上記の表は、国民一人当たりの医療費の推移です。
見てのとおり、医療費は年々増加傾向にあります。
そして、不景気もあり、国民の所得が停滞状況の推移を示す中、
所得に対する医療費の割合も増加の推移を示しています。

このことから、国は国民の「医療費」の負担を軽減させるために
メタボ検診を始めたのです。

要は、病気になる前の予防策としてメタボ検診を始めました。
しかし、この高い医療費の対策として打てる策はメタボ検診だけなのでしょうか?

本来、国は他にも策があることを分かっています。
それは、メタボ検診は『生活習慣の改善』ために行っています。
もう一つ出来る、対策。

それは、『生活環境の改善』 です。

生活環境の改善が医療費の軽減の対策になっている事を充分承知しています。
しかし、なぜ国がそれを表立って言わないのか??

医療費の増加の問題を扱うのは厚生省。
『生活習慣の改善』を担当できるのは、厚生省
『生活環境の改善』を担当できるのは、国交省。

と、言う事で縦割りの構図がどうやら悪影響を及ぼしているようです。

医療費の軽減をしたいなら、生活環境にも気を使う事が良いでしょう^^)
高気密・高断熱化の副次産物といえます。

高気密・高断熱住宅がもたらす恩恵はこちら

ヒートショックと住まいの関係についてはこちら

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

 

活動日記

関連コンテンツ