スマートメーター

<スポンサードリンク>

 スマートメーターとは、電力の使用状況を電力会社にリアルタイムで送る事のできる、電気メーター。

スマートメーター
家の周囲に取り付けられているスマートメーターの様子。
スマートメーターが普及すると、毎月検針に回っていた人員は不要となる。

 元々、電気メーターは、従来の住宅などに設置されていたアナログ式の
メーターが一般的でした。

電気メーター
今まで使用されていた電気メーター。
アナログなので、毎月検針の担当者が使用量を確認する。

省エネが叫ばれる昨今、電力需要を詳細に知りたいという電力会社の要請から、

「デジタル方式で電力の使用状況が計測でき、かつその状況を記録し、
リアルタイムで電力会社にその利用状況を送り返す」

と、言う機能のついた電気メーターが導入されました。
それが、スマートメーターです。

電力会社がスマートメーターから送られてくるデータを元に、
必要な電力量を正確に把握し、電気の発電計画を検討すると言う
目的が表向き主な目的です。

不必要な発電を減らすということによって、省エネが実現される訳です。

ただ、それだけには留まらず、現在、雇われた人がそれぞれの世帯の
電気利用量を歩いて見て回ることによって、電気料金を請求している点なども、
スマートメーターの導入により、人を雇う必要が無くなると言う事で、
コストの削減に繋がると言う目的もあります。

 

スマートメーターを全世帯に導入するとなると、スマートメーターを
売買するだけで、かなりの経済的効果が期待でき、巨額のお金が動くことになります。
そう言った理由もあり、現在スマートメーターが普及しつつあります。


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例