尺貫法

<スポンサードリンク>

尺貫法とは、日本の建築の世界で古くから使われている長さや面積の単位です。

1891年に度量衡法で1尺は30.303cmと定められました。

戦後、この尺貫法が廃止され、計量法に切り替えられたことから、取引などの公式な書面で使うと罰金の対象となっています。

しかしながら、木造の住宅建築などではいまだに広く使われています。

 

平面図を見ると、1mといったきりの良い数字ではなく、910mm角で1マスとしている場合が多いのですが、これは、柱の間隔が3尺となっているからです。

この柱の中心から中心までを910mmで計画するものを中京間と言います。

他にも、本間や江戸間(関東間、田舎間)、団地間などがあります。

 

名称長辺短編
本間1910mm
(6尺2寸)
955mm
(3尺1寸5分)
中京間1820mm
(6尺)
910mm
(3尺)
江戸間1760mm
(5尺8寸)
880mm
(2尺9寸)
団地間1700mm
(5尺6寸)
850mm
(2尺8寸)

 

これは、地域によって使うサイズが異なっているのですが、どのサイズを使うかによって1畳の広さが変わってしまいます。

上の表を比べてみても、本間と団地間では短編で約10cmの違いがあります。

図面で広さを確認する時に、〇帖と書かれた数字を拠り所にして広さをイメージされる方も多いと思いますが、現在お住まいの家がどのサイズを使って建てられているのか、そして、新築する家はどのサイズを使って建てられるのかを知らないと、イメージと違うということに繋がる危険性があります。

 

現在は、メーターモジュールを採用するハウスメーカーも増えてきましたし、輸入住宅ではフィートを使うところもありとてもややこしくなっていますので、家の広さを確認する時には、実際に建っている家で大きさを確認したり、今お使いの家具をそのまま使われるのであれば、図面を作成する時に家具も図面に書き込んでもらうと少しイメージしやすくなるかもしれません。、


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google