スタイロ畳

<スポンサードリンク>

スタイロ畳とは、ダウ化成が販売するスタイロフォームと言う押出法ポリスチレンフォームを心材として使った畳のことです。

このスタイロ畳でも、いくつも種類があります。

 

tatami003.jpg tatami025.jpg

 

スタイロフォームだけを心材に使ったものや、心材に稲わら床を重ねたもの、MDFのような板でスタイロフォームをサンドイッチしたものなど種類が豊富です。

このスタイロ畳ですが、最大の長所は、断熱性能が高いこと。
そして、虫害の可能性が低いこと、軽いことが挙げられます。

スタイロフォームは断熱性能の高い押出法ポリスチレンフォームで、
熱伝導率が0.028W/mKという一般的なグラスウール断熱材の2倍近い性能をもっています。
そのため、一般的な藁床と比べると断熱性能が3倍以上の商品も販売されています。
最下階で直接布団を敷いて寝るのであれば、断熱性能が高い方が冬暖かく寝れるでしょう。

また、踏んだ時の感触も木質ボード系の畳よりも柔らかく感じます。

 

ただし、このスタイロ畳の欠点は、調湿機能がほとんどないことが挙げられると思います。

畳の上に立つと夏でもさらっとした感覚が好きな方は多いと思いますが、
それは畳が調湿機能を持っているため。
湿気が多いとその湿気を一旦吸い込み、湿気が少なくなった時に湿気を放散するという
機能があるからなのです。

スタイロフォームは透湿係数がとても小さく湿気をほとんど吸い込みません。
この機能は、断熱材としては向いているのですが、畳として使った場合には
アダとなってしまうように感じます。

もし、畳に調湿性能も求める場合には、調湿材を間に挟み込んだ商品も販売されていますので、
こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

なお、このスタイロ畳とよく比較されるのが、ダイケンから販売されるダイケン畳です。
ダイケン畳は木質ボード系の心材を採用していますので、さわり心地や踏んだ時の感触は
違った印象を受けると思います。
機能としては、どちらも一長一短がありますので、ショールームなどでさわり心地や踏んだ感触に加え、
どちらが生活スタイルに合っているか、カラーバリエーション、価格などを確かめながら
選ぶと良いのではないでしょうか。


サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google