網入りガラス

<スポンサードリンク>

網入りガラスとは、金網や金属線を中にはさみ込んだ板ガラスのこと。
主に火災の時の延焼を防ぐために使用される窓のガラス。

防火地域や、準防火地域といったような特に火災に関して様々な規制が
設けられている地域では、窓に耐火性能を有したこの網入りガラスが
計画される事が多い。

しかし、ガラスに金属製の網が張り巡らされているため見た目が悪く、
デザイン的には敬遠されがちである。

ガラスが割れた際には網がガラスを支えているため、飛散しにくいと言う
特徴を持っている。
火災などで窓が割れる恐れがある際は特に有効であるが、反面割れても
床にガラスが落ちないので、音が出にくく、この点が空き巣にとっては
好都合であるという指摘もある。

防火の法律上で耐火性能を有したガラスが必要である場合は、
『網入りガラス』を採用するのか、他に『防耐火ガラス』と呼ばれるようなガラスを
採用するのか、コストや窓の設置箇所によって選択する事が大切である。



上の絵は、代表的な網入りガラスの例である。
このように、ガラスの中に網が張り巡らされた状態である。

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例