請負契約の確認

<スポンサードリンク>

いよいよ、家を注文する段階に入ってきました。
そこで、登場するのが「請負契約書」家を建てるためには、通常の「売買契約」ではなくて、「請負契約」と言う契約を結ぶ事になります。

普通、物を買う場合は「売買」の契約を交わした事になります。
これは、出来上がったものを買うためです。

しかし、注文住宅の場合はまだ
「出来上がっていないもの」
「これから発注に従って作るもの」
ですから、『請負』と言う形で、契約を結ぶのです。

「請負契約」詳細な内容については、用語集でも触れています。
確認してみてください
用語集|「請負契約とは」←クリック

さて、この請負契約ですが
『法律上では最も重要な書類』
に、なります。

もし、なにかトラブルがあった場合には必ずこの内容に従って、その責任が誰にあるのかが決められてしまいます。

ですので、この
『請負契約書の内容』
そして、これに付随する
『契約約款(けいやくやっかん)』

には、必ず全てに目を通しましょう!!

そして、分からない事がなくなるまでとことん【納得】がいくまで、自分がきちんと理解できるまで、内容を把握しておきましよう。

基本的に、契約は【双方の合意】を元に成立ちます。
ですので、内容に不満があれば契約内容の変更を申し出る事は充分可能です。
プロジェクト(事業)のリーダーとして、頑張りましょう!

ここでは、その中でも特に注意してみると良い点をご紹介致します。

<スポンサードリンク>


<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー