耐震等級とは -あなたの家は耐震等級をいくつにしますか?-

<スポンサードリンク>

家づくりでまず、気になるのは地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅が建てられるどうか。
そんな家づくりに関して、全くの素人の方でも、ある程度目安と出来る基準があります。
それが、「耐震等級」。

耐震等級は当初、「住宅の性能表示制度」と言う制度がつくられ、
その中の一部として、建物の構造に関する基準として制定された目安なのですが、
今では、色々な基準に援用され、家づくりをされる場合は、
必ずと言って良いほど、「耐震等級」と言う言葉を耳にするようになりました。

そんな耐震等級について、ここでは詳しく紹介致します。


---------------------- 目 次 -------------------------------------- ------------------------------------------------------------------------

 

 

 

そもそも耐震とは何か?

 

耐震と言う言葉は、家を建てたことが無い人でも、
よく聞く言葉では無いでしょうか。
耐震とは、読んで字のごとく「地震」に「耐える」と言うことです。

ですから、耐震性能と言えば地震に耐える性能の事を指しますし、
耐震等級と言えば、「地震に耐える」ための等級と言う事になります。

<スポンサードリンク>

地震に対する考え方の違いとして、この「耐震」の他に、
「制振(静振)」や「免震」と言う言葉があります。
耐震を説明するときは、この制振や免震の考え方との違いを
知るとよく分かります。

  • 耐震とは・・・ 
    地震に耐えると言うことですから、例えば住宅などの建物を
    地震が来ても、「建物自体が」大きく揺れないように 構造をガッチリと固くしてしまうことで
    地震の被害から「建物を」守ろうと言う考え方です
  • 制振(静振)とは・・・
    耐震とは異なり、建物自体は揺れてもあえて揺らすと言う考え方です。
    何故かと言うと、地震の揺れに合わせてある程度建物も連動して逆方向に動けば、
    その分、家の中にいる人が感じる揺れが少なくなるからです。
    但し、これは2階以上の階層だけのことであり、1階は地震のままに揺れてしまいます。
    ですから、2階建ての建物で制振と言っても2階のみの効果です。
    倒壊のし難さに関しては、一定の効果が期待できます。
  • 免震とは・・・
    そもそもの地震の揺れを建物に直接伝えないようにする考え方です。
    建物に入ってくる地震の揺れ幅が大幅に軽減されるため、「家の中の安全」と
    「建物自体の安全」を両立させる事が可能です。
    ただし、免震装置自体が地震に対して逆方向に建物を保持するため、
    隣家との距離が十分に無くてはなりませんので、狭小地での実現は
    難しいです。

→ ページのトップに戻る

<スポンサードリンク>

 

 

 

耐震等級1・2・3の違い

 

耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、
耐震等級3が最高等級となっています。
では、耐震等級のそれぞれの等級の違いについて見てみます。

まずは、一般的に耐震等級の目安とされている基準については以下となります。

耐震等級1 建築基準法(法律)と同程度の建物
耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる


 建築基準法に制定されている建物とは、「想定される地震」と「被害」を次のように見ています。

  • 数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。
  • 数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。

 想定する地震自体に、幅があるのは「震度」と言う考え方が、生じた地震に対する被害状況によって決められる値なので、結構【曖昧】なものだからです。

今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は
低いのですが、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。
ただ、これもあくまで確率的な問題になるので、実際に生じる地震の「性質」によって、
変わるのであくまで目安と思って貰えたらと思います。

また、耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められた
簡易な検討方法で検討すれば良いことになっている。

一方で、耐震等級2や3の場合は、例え2階建てでも「構造計算」若しくは、
簡易な検討以上の検討が必要になります。

<スポンサードリンク>

ですから、耐震等級2以上にすることは、より計画の信頼度が上がると考えて
良いと言う事になります。

→ ページのトップに戻る

<スポンサードリンク>

 

 

 

耐震等級を選ぶのは、施主であるあなたです!

耐震等級と言うものは、そもそも施主に分かりやすく建物の耐震性能を
表現できるように制定されたものです。

なので、例えどこそのハウスメーカーの標準が耐震等級2だからと言って、
施主側が必ず耐震等級2で建てる必要はなく、耐震等級1にしたい、3にしたい
などと言う事は、本来施主側から伝えるべきものなのです。

だから、「耐震等級のことはよく分からない」などと言って、
ハウスメーカーや工務店任せにするのは無く、
施主自身が、耐震等級とは何か。と、言うことを把握して、
「このような場合はこういう耐震性能なんだ」
と、納得して建てられるようにすべきです。

実際に、耐震等級の概要が分かってくると、
「こんなところに柱がくる位なら、耐震等級1で良い!」

とか、

「予算を掛けても、安全な確率が高い方にしたい。」

などと言うことが、ある程度判断出来るようになり、
より納得した家づくりが可能になります。

もちろん、耐震等級について全ての事を把握すると
言うことには無理がありますので、専門家の意見は参考にすると
良いのですが、最終的には施主であるあなたの希望を伝えることが大切です。

→ ページのトップに戻る

 

 

 

「耐震等級が高い」=「安全」では無い!

耐震とは、建物を固める事で「建物を守る」と、言う考えに基づいています。
ですから、耐震等級が高いと言う事は、

「建物自体が固くなる。」

と、言う事であって、それがそのまま

「住んでいるあなたの安全」

と、言うことにはならないことに注意をして下さい。

耐震性能が優れるようになれば、建物自体が倒壊したり、損傷する可能性は減りますが、
建物を固くすればするほど、地震の揺れはモロに家の中に伝わる事になります。

ですから、家の中にいるあなたや家具などは、モロに地震の揺れを受ける事になります。

一部で、阪神大震災の地震の揺れの○倍の強さの地震にも耐えられます!
などと、誇らしげに宣伝している企業等もありますが、
それがただ単に家を固めただけの「耐震」と言う考え方に基づいて
宣伝している場合は、注意が必要です。

それだけ強い地震の影響を、建物の中にいるあなたがモロに
受けてしまう可能性があるからです。

ですから、耐震は高ければ高いほど良いと言うものではなく、
「建物を守ること」と同時に「家の中を守ること」
を考えると、バランスが重要だと言うことになります。

是非、その点を注意して下さい。

→ ページのトップに戻る

 

<スポンサードリンク>

 【参考】ハウスメーカーの標準耐震性能ランキング



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google