鉄筋コンクリート(RC)造

<スポンサードリンク>

◆ 鉄筋コンクリート(RC)造の歴史

日本で最初の鉄筋コンクリート(RC)造は、
1916年に建てられた、6階建ての集合住宅です。

以降、主に戦後を境に住宅でも鉄筋コンクリート(RC)造が
取り入れられるようになったようです。

特に沖縄においては、鉄筋コンクリート(RC)造が主流の
構造であり、これは戦後のアメリカ軍基地の建設に伴って、
セメント、ガラス、コンクリートが急速に普及したからだと
言われています。
こんなところにもアメリカ軍の影響が出ているのですね。

鉄筋コンクリート(RC)造は日本での歴史はまだそんなに
長くはないと言えます。


◆ 鉄筋コンクリート(RC)造の構造の特徴

<スポンサードリンク>

鉄筋コンクリート(RC)造の構造的な特徴は、多岐に渡ります。
同じ鉄筋コンクリート(RC)造であっても、プレキャストコンクリート
パネルを使用した工法があったり、いわゆる現場で型枠を組んで
コンクリートを流し込んで成型する方法があったり、様々です。

壁で支える構造や柱や梁で支える構造などがあります。

一般的には鉄筋コンクリート(RC)造は価格が高くなるため、
あまり採用されていないのが実情です。


◆ 鉄筋コンクリート(RC)造の設計上の特徴

鉄筋コンクリート(RC)造は、基本的にあまり形を制限されないため、
間取りの自由度はとても高く、また外形もかなり自由が利きます。
居住性を別にすれば、とてもデザイン的でスタイリッシュなものも
望めます。


◆ 鉄筋コンクリート(RC)造の施工上の特徴

特に、現場で成型するタイプの鉄筋コンクリート(RC)造は
天候の影響を受け易かったり、「鉄筋」と言う材料の設置が
難しかったりして、最も施工が困難なものとなります。
採用される事が少ない第2の理由がここにあります。


◆ 鉄筋コンクリート(RC)造の材料の特徴

鉄筋コンクリート(RC)造は鉄筋とコンクリートと言う2つの
材料を一体化した鉄筋コンクリート(RC)と言うもので成立っています。

この鉄筋コンクリート(RC)はコンクリートの配合次第で、
設計上の耐久年数が決められたり、強度が決められたり、
かなりフレキシブルな材料です。
しかし、先にも述べたように設計上の強度や耐久性を
実現するためには、施工での管理をきちんとする必要があります。

また、鉄筋コンクリート(RC)は最も火災にも強い材料で、
街中でも充分に使用が可能です。

また、鉄筋コンクリート(RC)造は鉄筋コンクリート(RC)が蓄熱材
と言う扱いもできるため、上手く利用することで快適な空間も実現
できます。

ただし、あくまで人工材ですので人体には悪い影響を及ぼす可能性も
指摘されています。鉄筋コンクリート(RC)造で住む人間の寿命は
短いと言われたりしますが、人間の寿命に限っては他の影響も
かなりあるので、本当のところは分かりません。
マウスを使った実験においては、そういう傾向があると言われています。

コストが高く、施工が難しいと言うハンデがありますが、
これらを解決できれば、デザイン的な住宅が望める事でしょう。

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 一級建築士の太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

運営者の紹介はこちら

 

活動日記

関連コンテンツ