重量鉄骨(造)工法

<スポンサードリンク>

◆ 重量鉄骨(造)工法の歴史

重量鉄骨(造)工法は比較的古くから、大きな建物で採用されています。
住宅には大手ハウスメーカーと言うよりも、地域の工務店などが
採用しているケースがわりと古くからあるようです。



◆ 重量鉄骨(造)工法の構造の特徴

重量鉄骨(造)工法は通常の場合、ラーメン構造と言う形式をとっており、

重量鉄骨

重量鉄骨の柱と梁を硬く接合する事によって成っています。

高層の建築物でも使用されることから、その構造的な安全性は
比較的高いと言えます。

住宅で言えば、3階建てで、縦長のような比較的バランスのとりにくい
形状で採用される場合が多くなります。

一般的には、重量鉄骨の値段は高いため住宅では必要でない限り、
あまり採用しません。

◆ 重量鉄骨(造)工法の設計上の特徴

重量鉄骨(造)工法は、広い空間を再現する事が出来るため、間取りの
自由度が高い。
一階を店舗にしたり、倉庫にしたり、駐車場のみのスペースとする場合などに
採用されます。

◆ 重量鉄骨(造)工法の施工上の特徴

<スポンサードリンク>

重量鉄骨(造)工法の施工上の大きな特徴としては、
住宅を建てる建築現場で「溶接」を行う事です。

柱と梁を結ぶような溶接は、特に重要な箇所なので、
溶接不良などを起こさないように、熟練の職人が
行う事が適切です。
(溶接に関しては、その重要度から溶接を行うための
 資格が設けられているほどです。)

◆ 重量鉄骨(造)工法の材料の特徴

重量鉄骨(造)工法に使われる、重量鉄骨とは厚さ6mm以上の
鋼材の事を言います。

通常の鉄と同じように、錆びによる劣化を如何に防ぐかが課題となります。
また、鉄は高温に弱く、550℃以上の熱にさらされると、急にフニャッと
曲がってしまうため、火災による倒壊が起こらないような対策が
求められます。

また、熱を通し易い性質もあるため、外の暑さ、寒さが鉄骨を伝って
伝わってしまう、熱橋と呼ばれる熱的な弱点も持っているので、
ここにおいても対策が必要です。

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google

 

活動日記

関連コンテンツ