ローコストの注文住宅?企画住宅?

<スポンサードリンク>

住宅の購入を検討される方がまずつまずくのが、専門用語ではないでしょうか。

「注文住宅」と「企画住宅」
一体なにが違うのか・・・

「企画住宅」とは、
材料費や手間が掛からないよう、間取りや仕様を出来る限り統一して、
販売価格をできる限り抑えた商品のことを指す場合が多いです。
ハウスメーカーによっては、「提案型住宅」や「規格住宅」と呼ぶ場合もあります。


この商品は、安く提供する代わりに、
大幅な間取りの変更や、仕様の変更には一定のルールや制限があり、
注文住宅のように何でも出来るわけではありません。
つまり、要望や設計に対する「自由度」は低いものと認識する必要があります。

また、自由度が高い注文住宅と比較すると、企画住宅は
総2階で真四角な家が多く、仕様や設備もローコストに抑えられている家が多いようです。



◆真四角な家
真四角で箱型の家は、1階が大きく2階が小さい家よりも屋根面積や基礎面積等が
小さくなるため、ローコストで家が建てれる!!

◆ローコストなキッチン・風呂・トイレ・建材
仕様を統一して住宅設備メーカーや建材メーカーから大量仕入れをすると、
ローコストでキッチン・風呂・トイレ・建材等を買うことができる。
現に、タマホームなどではそのような仕入れをしていたらしい。
ただし、消費者側は選択の余地が少なくなる。(ローコストの宿命!!)

実際、新聞や雑誌、インターネット等のローコストメーカー等の広告で
「坪単価25万円」というようは表現が使用されている住宅は、
ローコストメーカーにありがちな「企画住宅」である場合がほとんどです。

このような企画住宅の坪単価にまんまとつられて、
「注文住宅がこんなにローコストで建てれるんだ」
と誤解されている方もいらっしゃいますが、
これは企画住宅ですので、「ローコストな注文住宅」ではありません!

よって、仕様や間取りなどを自由に決めれるわけではありません。

例えば、
「こんな真四角な家じゃなくて、間取りを変更したい」
「吹き抜けを作って梁を現しにしたい」
「壁をクロスじゃなくて漆喰の壁にしたい」
というような要望は、ローコストな企画住宅では叶わないことが多いようです。

極端な例でいきますと、
「ドアノブ一つでさえ変更できない例」もあるようです。

広告や宣伝におどらされることのないように、ローコストで建てれる「企画住宅」なのか、
ローコストで建てれる注文住宅なのかをしっかり見極めるようにしてください。

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 一級建築士の太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

運営者の紹介はこちら

 

活動日記

関連コンテンツ