防犯フィルムの有効性

<スポンサードリンク>


防犯を考える時、どうやって家に侵入されるのかを考える必要がある。
泥棒が家に侵入する経路は、例えば壁を打ち破って入ったり、わざわざ地下に
穴を掘って、そこから入ってくるようなことはしない。

泥棒が入ってくる経路は二つ。

それは、窓かドアのどちらかなのである。

この2点の防犯を考える時、最も重要な事は、
如何に進入までに掛かる時間を長くするかが大切である。


これは、犯罪者心理に起因したもので、
本来泥棒とは、重犯罪の類を犯す人間よりも、
より普通の人間の心理に近いのだ。


<スポンサードリンク>


だから、泥棒は住居などに侵入する際、常にドキドキした
心理状態になる。

多くの場合、泥棒にとっては
「どの家に進入しても良い」
訳だ。

だから、進入するのに時間がかかる家は、泥棒にとってリスクが高く、
なるべく止めておきたい家となる。

こういった視点から防犯を考えるときに、窓を如何に打ち破られにくくするかが
最大の課題である。

鍵をいくつか付けるのも、有効な手段の一つであるが、
最も有効な手段として挙げられるのが、窓ガラス自体を
割れにくくする事である。

そこで、出てくるのが防犯ガラスと防犯フィルムである。
これらの二つは、この割れにくくするという条件を非常に満たしている。

では、この防犯ガラスと防犯フィルムのうちでどちらが有効か。
費用対効果と言う側面から考えると、圧倒的に防犯フィルムである。

防犯ガラスは、確かにガラス自体が割れにくくなっている。
その反面、非常に高価で近年ではそれ以外でも窓には費用を掛ける必要が
あるため、(例えば、樹脂サッシや真空ガラスなど)窓ばかりにそんなに
費用をとられていては、他にまわす分が手薄になってしまう。

このため、部屋の内側から貼るだけで同等の効果が得られる、
防犯フィルムの方が費用対効果としては、有効といえる。

兎に角、防犯を考えるときは特に窓とドアを破られにくい
仕様とすることをお勧めする。

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google

 

活動日記