あたらしい家づくりの教科書

今日、紹介する本は「あたらしい家づくりの教科書」と言う本だ。

森のくまさん

迷いヒヨコ

教科書?また、難しそうなタイトルの本ですね。
名前は立派なんだけど、内容はどちらかと言うと一般の人向けにも書かれている。もちろん、プロでも参考になる部分は多いんだけど決して難しい本では無いんだよ。

森のくまさん

あたらしい家づくりの教科書の特徴と要約

「あたらしい家づくりの教科書」は共著と言う形を取られています。9人の著者がそれぞれの視点から家づくりについて語っているのが大きな特徴としてあげられます。

どの著者も家づくりを専門とする専門家ばかりで、専門家の目から見た今どきの家づくりとはこう言うものだよ。と、いう内容になっています。

要約
  • 主には断熱をした暖かい家に関して書かれた本
  • とてもよく断熱された家の事を「高性能」と表現している
  • 断熱だけでなく気密も大事
  • 家全体の断熱を考えると窓が重要
  • 暖かく過ごすことが健康にも良い
  • 断熱した住宅は省エネにもなる
  • 断熱してもカッコいい家は作れる
  • 自然の力をなるべく利用する
  • 高性能な家を手に入れるにはどうしたら良いのか?
  • 高性能な住宅の断熱性能の目安を掲示

この本では『家を断熱することの良さ』をテーマにしてそれぞれの著者が少しづつ違った視点から話を展開しています。

背景としてあるのは、日本の住宅は断熱が不足している家が殆どで、一般の人にその事実が知れ渡っていないと言うことにあります。
これはプロの側でも同じで、未だに断熱をすることが「邪魔くさい仕事がまたひとつ増えた」という程度にしか感じていない人もまだまだ多いことにあります。

ですので、これから家づくりをされるあなたにはせめて断熱することの重要性に気づいて欲しい。あるいは、この本を手にとったプロに断熱の重要性に気づいて欲しい。と言う思いがこもっています。

くまさんが参考になった箇所

常に新しいことを知ろうと日々勉強しているんだ。この本では沢山新しい事が学べたなぁ。

森のくまさん

快感は長続きしない

東京大学の前教授によると、「快感」と「快適」は違うということ。
快感に感じている事は、基本的に長続きしないと言う。

お肌の手入れにも効果あり

近畿大学の岩前教授によると、高断熱な住宅の方がお肌のお手入れもしやすくなるんだそうです。

迷いヒヨコ

ふむふむ、なるほどこういう所がくまさんでも新しいと感じたんですね!

あたらしい家づくりの教科書の感想と寸評

全体的に読みやすく構成されています。本の装丁がキレイなのはやはりデザイン系の人が著者の中に入っているからだと思われます。写真もキレイで、紙の質にまでこだわりが感じられます。

また、文章表現も一般の人を意識した書き方がされていて、分かりやすい感じも受けます。ただ、一方で一般の人には理解が難しいであろう、グラフがそのまま載せられていたり、後半部分では専門用語が並んでいる部分があったりします。著者が複数いるので、どこから読んでも読めるようにできたら尚良かったと感じたので、分かりやすさは星3つとしました。

全体的には恐らく一般の人は初めて聞くだろう話が満載です。前半部分は家を断熱して暖かくすることの意味や、断熱する事によって得られる省エネの効果など、知っておくと家づくりにとても役立つ内容が殆どです。

値段は1500円と決して高くは無いので、かなりオススメです!!

この本の評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
分かりやすさ
(3.0)
重要度
(3.0)
値段
(4.0)
総合評価
(4.5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です