No.26 長期優良住宅にしよう!! その2

 『住宅みちしるべ』が綴る
           |ナットク|して建てる【家作り】総合マガジン
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□vol.26-2010.06.06□■

 《週刊》家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
                              ~第26号~
                                     
  ◆注文住宅を|ナットク|して建てたい人に役立つ業界【奥の奥】情報!
  ◆快適な住まいについて、みちしるべからの助言
  ◆あなたも「家作りを楽しんで」豊かな生活を送りましょう!
                         《発行部数220部》
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 【今週のテーマ】
 
 ・長期優良住宅にしよう!! その2
 ・究極の(?)断熱材とは??
 ・編集後記
 
 ●----------------------------------------------------------------
 このメルマガでは、
 家を建てる人のみちしるべ役となっている、専門の1級建築士が
 消費者に近い立場から家をナットクして建てるための情報を
 発信していきます。

 どこにも影響されない中立的な立場で、住宅業界の実態も伝えます!
 あなたの家づくりのセカンドオピニオンとしてお役立てください。
 ------------------------------------------------------------------●
 
 早いもので、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。
 
 今週は久しぶりに感動する本に出会いましたので、ここでご紹介したいと
 
 思います。
 
 「人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた」
 
 原マサヒコ 著
 
 もともと、学校の成績も悪く、友人もほとんどおらず、
 
 家族からも勘当され、そんな著者が人間的に成長し、成功を収めていく、
 
 感動の実話となっています。
 
 私も改めて、仕事に対する姿勢を自問自答した一冊となりました!!
 
 http://amzn.to/bUPxHs
 
 それでは、今週もはりきってまいりましょう!
 
 --------------------------------------------------------------------
 ▼長期優良住宅にしよう!! その2
 --------------------------------------------------------------------
 
 先週は、長期優良住宅とは、
 
 「長く住めるような良い家のための基準を法律で定めた」
 
 ものであり、そうする事でより良い住まい環境が築けるお話を致しました。
 先週までのお話の内容は以下で確認下さい。
 
 //www.towntv.co.jp/merumaga/
 
 そして、長期優良住宅の基準には今までに無かったような特筆すべき基準が
 あることを紹介しました。
 
 その一つ目が省エネルギー住宅にするという基準。
 
 これが明文化されたこと自体が新しい時代の流れを象徴しているのでした。
 住宅の断熱化に関しては、今後義務化の方向にも流れそうですので、
 やはりこれから家を建てられる方にとっては、住宅の断熱化は
 意識することが大切でしょう。
 
 そして、今回は特筆すべき基準の2つ目を紹介したいと思います。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 特筆すべき点【その2】
 
 住宅履歴情報の整備が求められている点。
 
 住宅の履歴情報とは、家を建てる際、メンテナンスをする際に、
 どこをどのように建てたのか、メンテナンスをしたのかの記録を
 残しておこうと言うものです。
 
 こうしておく事で、誰から見てもこの建物がどういう建物なのか、
 どういった手入れがなされているのかなどの記録が残っていきます。
 
 
 特に、ハイツなどの共同住宅などでも顕著ですが、
 管理会社がしっかりと清掃、メンテナンスをしている建物は、
 比較的時間の経った建物でも、綺麗で住まい手もなかなか
 途切れないものです。
 
 これと同じ事を、戸建ての住宅(一軒家)でも行おうという事なのです。
 
 そうする事で、住宅の資産価値と言うものを高めていこうという事が
 狙いとされています。
 
 ですので、何年か先の将来。この住宅の履歴が残っている建物と、
 何も無い建物では、その価値が雲泥の差になってしまう可能性があります。
 
 もし、あなたが中古の家を買うとして、しっかりと履歴が残されていて、
 そこにはメンテナンスの記録が確りと残されている住宅と、
 全く何も記録が残っていない住宅で、特に目で見て確認できないような
 箇所は何も分からないような住宅があったら、どちらを選びますか?
 
 
 価値とは、多くの方が選ぶものに重きを置かれますので、多くの方が
 選ぼうとするものが必然的に値段が高くなります。
 
 ですので、このように住宅の履歴を残している事自体が、
 ある意味で、確りとメンテナンスをしていると言う一定の基準に
 なりうるのです。
 
 ただし、いくら履歴を残していたとしても、
 あきらかにメンテナンス不足では、価値は生まれないと思いますが・・・
 
          ▽ ▼ ▽
 
 携帯の世界では、日本のガラパゴス化に警鐘を鳴らす話題が
 飛び交っています。
 
 しかし、これは何も携帯だけに限った事ではありません。
 どの業界でも少なからず、そう言った現象は起こっています。
 
 わたしはこの主な原因としては、日本人が【英語がしゃべれないから!】
 と、言う事に尽きると思っています。
 
 なので、日本人はもっと英語をしゃべれるようになるべきなのです。
 まぁ、かく言う私も英語はあまりしゃべれませんが・・・
 
 フィギュアスケートで、キムヨナ選手が英語でマスコミに応じているのに
 対し、浅田真央選手は全くの日本語。
 
 これでは、ガラパゴス化が進んでも不思議ではありません・・・・
 
 
 少し話がそれましたが、兎に角住宅の業界においても、
 日本はガラパゴスとなっており、非常に遅れています。
 
 寒くて暑い家、資産価値が少ない家・・・・
 
 
 独特の文化を歩んできた日本。
 しかし、少子高齢化でこれ以上国内需要だけで経済の活性化が望まれない
 日本において、日本人が外貨を獲得して帰ってこなければならなくなる
 時代はもう直ぐそこです。
 
 そうなれば、外国との交流は今よりもっと多くなるでしょうし、
 外人の日本への流入も多くなるでしょう。
 
 
 こう考えると、いつまでも古い体質のままでいるわけにはいきません。
 日本の良い習慣や文化は残しつつ
 (と、言っても今の日本人はその良い習慣、文化を
  自らで壊して来ていますが・・・)
 変えていく必要があります。
 
 これからの時代は、家を建てること自体が、お金と言う形の無い資産を、
 建物と言う形の残る資産へ変換できる時代になっていくでしょう。
 
 それは、お金を金に変えることと同じように。
 
 なので、今からしっかりと履歴を残して、将来に備える事が重要です。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 一言で、長期優良住宅と言っても、かなり重要な内容が含まれている事を
 感じてもらえれば私としては本望です。
 
 これから家づくりをされるあなたにとっては、間取りや外観も当然
 大切なのですが、それ以上に将来を見据えた計画を練ることが
 とても大事な事なのです。
 
 今はちょうど日本がガラパゴス状態から脱しようとしている、
 ちょうど変遷期です。
 
 恐らく、政治の世界でもこれから古い体質の日本からどんどん
 変遷していく(?)予感を感じています。
 
 新しい総理大臣には、本当にそう言ったことを望みたいです。
 
 一方、民間においても少子化の流れが否応無しに外貨獲得の時代へと
 変遷していくでしょうから、その流れに合わせて、家づくりをすることを
 お勧めします^^)
 
 それではまた来週♪
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/10/sesyusyudou.php
 //www.towntv.co.jp/2009/10/keiyaku.php
 //www.towntv.co.jp/2009/10/shiharai.php
 
             <編集人:住宅みちしるべ 太田周彰>

 --------------------------------------------------------------------

  【次は、ちょっとコーヒーブレイク♪】
 ──────────────────────────
       ┌───┐      
 /\へ / ̄V  ロロ|/\ / ̄\ 
 |田  L旧   ロロ└ 日|_| 田| 
 ┴─────────────────────────

 ここではより良い、家作りのための豆知識や
 住まいの環境を快適なものにするための情報を発信するコーナーです。

 --------------------------------------------------------------------
     『究極の(?)断熱材とは??』

                <住宅みちしるべ 太田周彰>
 --------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 
 断熱材って、どのようなものかご存知でしょうか?
 
 冷蔵庫に使用されているもの(裏から見れば分かります)、
 水筒などの周りを覆っているもの、
 兎に角熱を逃がしたくない箇所に使用されているものが、
 断熱材です。
 
 家においても、家の中と外の熱のやり取りを少なくする目的で、
 断熱材が使用されます。
 
 そして、今私の知る限りで、一番熱のやり取りを防げる断熱材が
 あります。
 
 
 ┏━┓┏━┓┏━┓─────────────
 ┃そ┃┃れ┃┃は┃・・・
 ┗━┛┗━┛┗━┛─────────────
 
 『真空断熱材!!』
 
 
 私が以前勤めていた会社でも製造していたのですが、
 もしこの断熱材を住宅に使用できるのであれば本当にいい効果が
 生まれます。
 
 断熱性能は、他の断熱材を遥かに凌いだ性能で、
 とても性能の高い断熱材です。
 
 
 しかし・・・
 
 難点がいくつか。
 
 まず、この真空断熱材。
 簡単にイメージしてもらうとパックの中が真空になった状態の
 様態をしています。
 
 ですので、非常にデリケートです。
 
 要は、空気が入ってしまうとその性能はゼロ(に近い)に
 なってしまうので、なんとしてもそれを防がなくてはならない・・・
 
 が、これが難しい・・・
 
 
 パナソニック電工のショールームで、未来型住宅と言う展示があり(東京)
 そこで、一度だけこの真空断熱材を使用した家が、展示されていました。
 
 しかし、実用化には至っていないようで、それも恐らく同じ理由です。
 
 
 要は家を建てるにあたって、この真空パックを釘やら何やらで穴を開けて
 しまう可能性がある・・・
 
 冷蔵庫のように、一度取り付ければそれほど障害の無いものであれば
 問題は少ないのですが・・・・
 
 しかし、近い将来いつかはこういったものも実用化される可能性は
 あるでしょう。
 
 家づくりの参考にしてみて下さい。
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/10/jusetsu.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-36.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-32.php
 
                    <住宅みちしるべ 太田周彰>
 
 --------------------------------------------------------------------
 
 
 ■株式会社住宅みちしるべ
 ⇒ http://www.j-michishirube.com/

 〒530-0055
 大阪府大阪市北区野崎町6-8 ノース梅田203
 TEL:06-6268-8116

 --------------------------------------------------------------------

 【 編|集|後|記 】
 
 先週の日曜、家づくりセミナーを開催いたしました。
 
 開催の様子は以下で確認できます。
 
 http://www.cms-izumi.com/news/2010/05/seminor-repo100530.html
 
 今回の資金計画についてお話いただいたファイナンシャルプランナーの
 
 長谷さんは、とても丁寧なしゃべり方で参加された方からも
 
 大変好評でした!!
 
 7月4日に再び家づくりセミナーを開催する事になっています。
 
 また、ご希望の方は是非参加下さい。
 
 ではまた、来週お会いしましょう^^)!

                        <発行人:太田 周彰>

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ●このメルマガでは、
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、幅広く情報発信
 いたします。

 メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

 ======<ここから↓>===============================================
 -家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ-
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、
 家づくりや購入に失敗しないための助言を、専門の1級建築士が提供します。

 ★登録はこちら⇒ 
 ======<ここまで↑>===============================================

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 ★ご感想・ご意見はお気軽に♪

 <発行元>  株式会社 住宅みちしるべ
       http://www.j-michishirube.com
        住宅CMサービス堺・和泉HP
       http://www.cms-izumi.com

 <発行・編集人>  株式会社 住宅みちしるべ 情報発信室 太田周彰
       //www.towntv.co.jp/
       
 <メール>  info@j-michishirube.net
 
  <ハウスメーカーに関する情報はコチラです>
 ・ハウスメーカーの比較、評判、坪単価
 → //www.towntv.co.jp/housemaker.html
 

 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
 Copyrights 2010 株式会社 住宅みちしるべ All right reserved.
 無断転載を禁じます。
 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆


« 前の記事No.25 長期優良住宅にしよう!!
|«メインページ»|
No.27 大切なのは窓口です! 次の記事 »




このサイトを運用する、家造りのコンサルタント「住宅みちしるべ」が運用するメルマガです。

他では得られない、貴重な家造り情報をお届けします。(ほぼ週刊)
是非、登録してください^^)
(このメルマガは「まぐまぐ」意外にも、メルマで発行しています。)

メルマガ購読・解除
家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
>> powered by まぐまぐ!
 

【家造りをこれから考える人、今計画中の人必読!!】
プロのコンサルタントが、良い家造りのために知っておくべき『業界の実情』をお届けします!
素人が玄人の手玉に取られず、良い家を造りたい人のためのメルマガです!!


サイト内検索