NO.23 契約における注意点!!

 『住宅みちしるべ』が綴る
           |ナットク|して建てる【家作り】総合マガジン
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□vol.23-2010.05.16□■

 《週刊》家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
                              ~第23号~
                                     
  ◆注文住宅を|ナットク|して建てたい人に役立つ業界【奥の奥】情報!
  ◆快適な住まいについて、みちしるべからの助言
  ◆あなたも「家作りを楽しんで」豊かな生活を送りましょう!
                         《発行部数220部》
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 【今週のテーマ】
 
 ・契約における注意点!!
 ・理想の暖房設備について
 ・編集後記
 
 ●----------------------------------------------------------------
 このメルマガでは、
 家を建てる人のみちしるべ役となっている、専門の1級建築士が
 消費者に近い立場から家をナットクして建てるための情報を
 発信していきます。

 どこにも影響されない中立的な立場で、住宅業界の実態も伝えます!
 あなたの家づくりのセカンドオピニオンとしてお役立てください。
 ------------------------------------------------------------------●
 
 またまた、家づくりセミナーを行います!
 
 今回の講師は、大手ハウスメーカーの中で、全国からの
 
 クレーム一手に引き受けていた、お客様相談室出身の
 
 弊社木村が行います!
 
 なぜ、クレームになるのか?クレームを言わないで済む家づくりとは何か?
 
 場所と日時は以下です。
 
 【日時】5月30日(日)午前10時~12時
 
 【場所】和泉シティプラザ3F学習室1-A 和泉市いぶき野5丁目4番7号
 
 詳細は、以下でご確認下さい!
 
 http://www.cms-izumi.com/news/2010/04/530in.html
 
 そして、今回は同日、同時間に京都でもセミナーを開催致します!
 
 http://hmk-polaris.web.infoseek.co.jp/seminer/100530.html
 
 どちらか、近いほうにお越しくださいませ^^)
 
 それでは、今週も張り切って参りましょう!
 
 --------------------------------------------------------------------
 ▼契約における注意点!!
 --------------------------------------------------------------------
 
 今回は、家づくりにおいて法律上最も重要な、
 契約に関してのお話をお送りしようと思います。
 
 前回までの内容は以下でチェック↓
 //www.towntv.co.jp/merumaga/
 
 良い家づくりをするための方法として、今まで様々な方法を
 ご紹介してきました。
 
 そして、今回はいわゆる何かあったときの自己防衛法として
 最も大切な、「契約」に関してです。
 
 あなたは、何かしらの保険に入っていますか?
 もし、あなたが保険に入っているのだとしたら、
 それは、自分にもし何かあった時のために入っているのですよね?
 
 それと同じように(いや、それ以上に)、家づくりで何かあったときに
 一番大切になってくる内容ですので、確りと把握しておきましょう。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 【請負契約の時期について】
 
 家づくりの際に交わす契約を請負契約といいます。
 
 請負契約とは、これから形が出来上がっていくものに対して、
 『このように作ってください』と、言う事を契約するものです。
 (これは、法律上で決まっているのです。)
 
 ですので、基本的に契約を交わすタイミングは、
 確りと設計の打ち合わせが終わった後です。
 
 どんなに契約を急かされても、まだ内容もきちんと決まってもいないのに
 契約する事は避けましょう。
 
 最終的な間取りが出来て、中の仕様もきちんと整った上で、
 それらに対して、どれだけの金額がかかるか。
 
 それらをはっきりさせた上で、契約する事が重要です。
 
 
 ですので、業者側がどんなに急かして契約を迫ってきても、
 内容がきちんと決まっていない段階で判子を押す事はお勧め出来ません。
 (実際に迫ってくる事は沢山あります。)
 
 そして、いったん契約してしまうと全て業者側のペースで物事が
 進んでしまう事になります。
 
 あまりにひどくそのように迫ってくるようであれば、
 そこでは建てないぞと言う強い意志が必要です。
 
 
 ただし、見積もり比較をしている段階であまり詳しい打ち合わせを
 しようと思ってもそれは酷です。
 
 ですので、あくまであなたがある程度ここにしようと決めたところと
 詳細な打ち合わせを行ってください。
 
 その過程で、あまりに納得のいかないことが起これば
 (実際に起こる事もよく耳にしますが)、その場合は断りを
 入れれば良い訳です。
 
 あなたは法律にのっとって、間違った主張はしていませんので、
 内容がきっちり決まるまで契約しないと言うのは、正しい主張です。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 【契約書の内容について】
 
 契約書の内容は事前にもらうようにしましょう。
 
 基本的に契約は両者の合意に基づいて行われるものです。
 契約書には、契約書自体の他に約款と言うものがついてきます。
 ここに、その細かな内容が書かれていますのでここをきちんと精査する
 必要があります。
 
 建築における、請負契約に関してはきっちりとこうしなさいと言う
 お手本が決まっているわけではありません。
 
 ですので、この内容に関しては両者の合意が得られれば、
 ある程度自由に決めることが可能なわけです。
 
 普通は、施主側はこういったことに関しては素人ですので、
 業者側が内容を書いて、出してくる事と思います。
 
 しかし、この内容に関してはじっくり精査して下さい。
 
 この中には、何かトラブルが起こった際にどのように対処するか等の
 条項も含まれています。
 
 こういった内容に関して、本当にあなたが納得のいく内容に
 なっているかどうかをよく確認してください。
 
 もし、この内容について分からなければ我々のような
 第三者に尋ねてみても良いでしょう。
 
 そして、ここはこうして欲しいという事は
 あなたがはっきりと申し出ないといけません。
 
 あくまで、契約は両者の合意の基に成り立つのですから、
 あなたが納得のいかない内容に関しては、じっくりと話し合う必要が
 あります。
 
 お互い、そこまでじっくり時間をかけて打ち合わせをしてきて、
 そこで初めて、契約という行為に至る訳ですから、
 最後まで、話し合う事が大切です。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 これら以外にも、契約に関しては知っておいたほうが良い事が
 あります。
 
 契約は、はじめに言ったように何かが起こったときに
 効力を発揮するものです。
 
 基本的には、あなたが信頼をおいた業者さんとの契約ですので、
 過剰になる必要はありませんが、「納得」して契約を
 するためには、最後までとことんコミュニケーションをとる事が
 必要です。
 
 良い家づくりのためには、深い信頼関係とほどよい緊張感が
 バランスよく混在している事も重要です。
 
 仕事を依頼する側としての、最低限の毅然とした姿勢と言うのも
 必要になってくるのです。
 
 それではまた来週♪
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/10/sesyusyudou.php
 //www.towntv.co.jp/2009/10/keiyaku.php
 //www.towntv.co.jp/2009/10/shiharai.php
 
             <編集人:住宅みちしるべ 太田周彰>

 --------------------------------------------------------------------

  【次は、ちょっとコーヒーブレイク♪】
 ──────────────────────────
       ┌───┐      
 /\へ / ̄V  ロロ|/\ / ̄\ 
 |田  L旧   ロロ└ 日|_| 田| 
 ┴─────────────────────────

 ここではより良い、家作りのための豆知識や
 住まいの環境を快適なものにするための情報を発信するコーナーです。

 --------------------------------------------------------------------
     『理想の暖房設備について』

                <住宅みちしるべ 太田周彰>
 --------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 
 あなたが、家づくりをされるとき多くの場合は冷暖房機器も同時に
 購入することになります。
 
 一昔前までなら、冷暖房機器といってもエアコンやストーブ、
 扇風機などと言った、単体の機器が主流でした。
 
 しかし近年、冷暖房機器は次第に家の設備として家自体と同化する傾向に
 あります。
 
 一番代表的なのが、「床暖房」。
 
 ご存知の通り、床に暖房用の線や管を這わせて床自体を暖めると
 言うものです。
 
 この他にも、地熱を利用してそれを家の中に循環させる方法や、
 換気と暖房が一緒になったようなもの、
 蓄熱した熱を放熱させて、暖めるものなど様々です。
 
 そこで、今回は、一体どのような方法で暖房する事が理想的な暖房と
 言えるのかを考えてみたいと思います。
 
 暖房といっても、その方法は主に二つあると言えます。
 
 
 1つは、空気を暖めてその空気を気流に乗せて運ぶ事によって
 部屋の温度を上げてやる方法。
 
 そしてもう1つは、赤外線と言う波のようなもので、
 物体自体(空気も含む)を暖めてやる方法です。
 
 前者の代表的なものとしてエアコンやヒーターなどがあります。
 
 後者で言うと、床暖房やコタツ、赤外線ヒーターなどです。
 
 分かりやすく言うと、風(気流という)を送るものかそうでないものかの
 違いです。
 
 
 まずは、これらの内どちらのほうがより理想的かを
 考えてみたいと思います。
 
 
 
 まず、エアコンやヒーターなどの暖めた空気を風(気流)利用して、
 送り出すタイプのもの。
 
 こう言ったものは、基本的には気流を動かす事になりますから、
 この風に直接当たると、不快感を感じるわけです。
 
 一般的には、0.3m/s程度の空気の移動であれば、人は心地よいと感じると
 れていますが、エアコンなどはこれ以上の勢いで、
 空気を押し出してきますので、直接その気流にあたると、
 不快に感じるわけです。
 
 また、空気を動かすと言う事は2次的にもマイナス要素があります。
 それは、目に見えないレベルのホコリやダニの死骸などの
 いわゆるハウスダストを巻き上げるのです。
 
 こう言ったものは、人体には悪影響を及ぼすもので、
 アレルギーの原因だとも言われています。
 
 
 一方で、床暖房やコタツといったもの。
 これらは、部屋全体を暖めようと思うと大変です。
 しかし、このような類の暖房機は、赤外線と言う太陽の光の中の、
 暖かさを感じる波と同じ波長の線を出しますので、この赤外線にあたると、
 体が分子のレベルで振動させられますので、暖かく感じるのです。
 
 実は、焚き火や古いタイプのストーブなどもこれと同じで、
 燃焼による高温でが出ているのは、空気中の分子が激しく振動しているから
 なのです。
 
 激しく振動する分子は、隣にいる分子も巻き込んでいきます。
 それが広がって、やがてあなたの体の分子も振動させるのです。
 こうして、あなたは暖かさを感じると言う仕組みなのです。
 
 ただ、ここで家の中で「火を燃焼」をさせる事はあまり良くありません。
 昔の日本の家のように、気密がとんでもなく悪かった時代は、
 まだ良かったのですが、最近の住宅は普通に作れば隙間風を防ぐ程度には
 作られます。
 
 そうすると、家の中で火を燃やすと言う事は、二酸化炭素や一酸化炭素が
 過剰な状態になりやすいのです。
 
 ですから、現在では家の中で「火」をおこして暖房するタイプの器具は
 採用されなくなりました。
 
 
 こうして見ていくと、暖房のメカニズムとして理想的な暖房方法は、
 暖めた空気を送り出すのではなく、赤外線によって分子を直接暖める方が
 健康には良さそうです。
 
 事実、赤外線で体を温めると体の心まで温まりやすいと言う
 実験結果も報告されています。
 
 しかし、赤外線を利用するタイプの暖房方法は床暖房やコタツでも
 分かるように、なかなか部屋を暖めてくれません。
 
 空気を流して暖めるタイプではないので、部屋が暖まるまでに
 時間が掛かるのです。
 
 それでは、もっと理想の暖房を追求しようと思うと、
 どのように考えれば良いのでしょうか?
 
 それは、次回にお送りしたいと思います。
 
 家づくりの参考にしてみて下さい。
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/10/jusetsu.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-36.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-32.php
 
                    <住宅みちしるべ 太田周彰>
 
 ......................................................................................................
 ■■ 相互紹介メルマガ
      「今日の私への最高の質問!!」
 ......................................................................................................
 
 自分への最高の質問をしましょう。潜在意識(無意識)に有効に
 働きかけるアファメーション、願望実現や催眠療法等の手法を盛り込んだ
 自分への質問をしていると、ある時、これまでとは違うトーンへと
 変わっている自分に気づくかもしれません。
 あなたは、どんな風に暮らせると幸せですか?
 
 ご登録(PC用) → http://archive.mag2.com/0000243993/index.html
 
 ご登録(携帯用)→ http://mobile.mag2.com/mm/M0071302.html
 
 潜在意識からの「自分育て」サポート http://jibunsodate.com/
 
 --------------------------------------------------------------------
 
 
 ■株式会社住宅みちしるべ
 ⇒ http://www.j-michishirube.com/

 〒530-0055
 大阪府大阪市北区野崎町6-8 ノース梅田203
 TEL:06-6268-8116

 --------------------------------------------------------------------

 【 編|集|後|記 】
 
 先週お伝えしたように、我々が事務局の中心となって活動している、
 
 大阪エコリフォーム普及促進地域協議会に取材のあった記事が、
 
 5月3日付けの毎日新聞さんの朝刊に出ました。
 
 ちょっと、見難いですが私のブログにアップ致しましたので、
 
 ここで紹介致します。
 
 http://ameblo.jp/n-ota/image-10532946799-10538403594.html
 
 そして、来週の18日は京都府の地球温暖化防止センターさんからの
 
 ご依頼で、弊社の木村が講師となってセミナーを開催致します。
 
 京都府さんは京都議定書を採択した地域として、地球温暖化の
 
 防止活動にとても熱心です。府が積極的に、このような活動にお金を
 
 使っています。
 
 今回のセミナーは工務店さんや、建築士さんが対象の
 
 セミナーとなっています。
 
 この様子もまた来週にお伝え出来ればと思います!
 
 ではまた、来週お会いしましょう^^)!

                        <発行人:太田 周彰>

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ●このメルマガでは、
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、幅広く情報発信
 いたします。

 メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

 ======<ここから↓>===============================================
 -家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ-
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、
 家づくりや購入に失敗しないための助言を、専門の1級建築士が提供します。

 ★登録はこちら⇒ 
 ======<ここまで↑>===============================================

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 ★ご感想・ご意見はお気軽に♪

 <発行元>  株式会社 住宅みちしるべ
       http://www.j-michishirube.com
        住宅CMサービス堺・和泉HP
       http://www.cms-izumi.com

 <発行・編集人>  株式会社 住宅みちしるべ 情報発信室 太田周彰
       //www.towntv.co.jp/
       
 <メール>  info@j-michishirube.net
 
  <ハウスメーカーに関する情報はコチラです>
 ・ハウスメーカーの比較、評判、坪単価
 → //www.towntv.co.jp/housemaker.html

 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
 Copyrights 2010 株式会社 住宅みちしるべ All right reserved.
 無断転載を禁じます。
 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆


« 前の記事No.22 あなたの要望をはっきりと描こう!!
|«メインページ»|
No.24 家づくりセミナー開催!! 次の記事 »




このサイトを運用する、家造りのコンサルタント「住宅みちしるべ」が運用するメルマガです。

他では得られない、貴重な家造り情報をお届けします。(ほぼ週刊)
是非、登録してください^^)
(このメルマガは「まぐまぐ」意外にも、メルマで発行しています。)

メルマガ購読・解除
家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
>> powered by まぐまぐ!
 

【家造りをこれから考える人、今計画中の人必読!!】
プロのコンサルタントが、良い家造りのために知っておくべき『業界の実情』をお届けします!
素人が玄人の手玉に取られず、良い家を造りたい人のためのメルマガです!!


サイト内検索