No.21 納得できるコストダウン方法とは??

 『住宅みちしるべ』が綴る
           |ナットク|して建てる【家作り】総合マガジン
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□vol.21-2010.05.02□■

 《週刊》家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
                              ~第21号~
                                     
  ◆注文住宅を|ナットク|して建てたい人に役立つ業界【奥の奥】情報!
  ◆快適な住まいについて、みちしるべからの助言
  ◆あなたも「家作りを楽しんで」豊かな生活を送りましょう!
                         《発行部数210部》
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 【今週のテーマ】
 
 ・納得できるコストダウン方法とは??
 ・電気を使うと地球温暖化が進む理由
 ・編集後記
 
 ●----------------------------------------------------------------
 このメルマガでは、
 家を建てる人のみちしるべ役となっている、専門の1級建築士が
 消費者に近い立場から家をナットクして建てるための情報を
 発信していきます。

 どこにも影響されない中立的な立場で、住宅業界の実態も伝えます!
 あなたの家づくりのセカンドオピニオンとしてお役立てください。
 ------------------------------------------------------------------●
 
 GWに入りました!!
 
 とは、言うものの私自身は特に休みというわけではないのですが、
 
 今日行った建築中の現場では、お施主さんの息子さんが帰省していました。
 
 今年から社会人になったそうで、今まで住んでいた家がこれで最後だから。
 
 と言って、帰ってきたそうです。
 
 やはり、長年住んだ家にも愛着がありますよね^^)
 
 東京から帰ってきた、息子さんがそう言って話すのを嬉しそうに聞いていた
 
 お施主さんの笑顔が印象的でした。
 
 家づくりに携わると、様々な思い入れや思い出などに触れる事が出来ます。
 
 これも家づくりの醍醐味かもしれませんね!
 
 それでは、今週も張り切って参りましょう!
 
 --------------------------------------------------------------------
 ▼納得できるコストダウン方法とは??
 --------------------------------------------------------------------
 
 前回、家づくりにおいて、下手な値段交渉は全く無意味だと言う
 お話をしました。
 
 前回までの内容は以下でチェック↓
 //www.towntv.co.jp/merumaga/
 
 今回は、あなたが主導権を握り、健全で納得のいくコストダウン手法を
 お届けしたいと思います。
 
 下手な値段交渉は、欠陥住宅の原因にもなりかねませんので、
 決して数字だけに踊らされないように、ご注意下さい!!
 
          ▽ ▼ ▽
 
 前回のお話で、あなたが分かり安い見積もり形式に直して、
 見積もり提示してもらうことが大切である事を述べました。
 
 この提示を受ける事ができると、かなりコストダウンに
 近づけます。
 
 要は、その内容があなたにとって理解できるのですから、
 その内容をあなたが操作すれば良い訳です。
 
 例えば、家の中の扉。
 
 どのようなものを使うのか?
 どのような材質なのか?
 
 窓は?屋根は?外壁は?
 
 構造躯体は?
 
 どのような種類の材料か??
 
 内装の仕上げは?クロスか?
 
 床はどのような仕上がりになっているのか??
 
 そして、この中で最も重要なのは、
 
 それぞれの材料が、どの部屋でどれくらいの数量で、
 どれくらいの単価で計算されているのか。
 
 これを知る事です。
 
 そして、それぞれをあなたの好みにあった材料に変えた場合、
 例えばリビングのフローリングを無垢(一本物の木材)に変えた場合。
 どれだけ単価が変わって、いくらになるのか。
 
 こういったことが、あなたの目の前に提示され、
 それをあなたが決めていく。
 
 これこそが施主主導のコストダウン手法なのです。
 
 
          ▽ ▼ ▽
 
 そして、折角なのだから色々な家づくりがあるなかで、
 どのような家づくりが良いかを検討してみたくなると思います。
 
 そこで、便利なのが共通の間取りでの見積もりです。
 
 先ほど挙げた、見積もり形式に沿って、共通の間取りで
 色んな提案を受けるわけです。
 
 それぞれの住宅会社が、得意不得意があるわけですから
 それらのなかであなたが自分に一番合うと思う家づくりを
 選んでいくのです。
 
 共通の間取りで、共通の見積もり書式であれば、
 まず全く検討から外れるところも分かるでしょう。
 自分に合わない家づくりを提案される事もあるでしょう。
 
 そう言ったことを考慮して、いくつかに絞っていくのです。
 合わなさそうなところといつまでも話をしていても、
 依頼するほうも、依頼されるほうもお互い不利益ばかりですから。
 
 こうしていくと、ある程度あなたの中での判断基準も出てくる訳です。
 しかし、この時点では最終決定にまで至ることはないでしょう。
 
 結局家を建てるのは、人ですからどのような人が家を建てるか。
 それを見ない限りは、どこに依頼するかなど
 到底決められないと思います。
 
 値段と間取りだけで決められる事は、ここまでだと思います。
 数字だけでどこに依頼をするかと言う事を最終決定することは
 お勧めできません。
 
 あなたの家づくりに対して、どのような思いで、
 どのように建ててくれるのかをあなた自身が身をもって確認するべき
 なのです。
 
 色々確認してみると良いでしょう。
 
 「あなたの会社が潰れたら私たちの家の面倒は誰が見てくれますか?」
 
 そんな素朴な疑問もぶつけてみたら良いと思います。
 
 大きな企業で雇われている人間は、果たしてそれに答えられるでしょうか?
 大きな企業でも倒産は充分にあります。
 
 かつて、大手御三家と言われた住宅会社は現在全て倒産しています。
 
 このことからも、企業が50年と続く事は非常に大変なのです。
 そして、企業は経営手法によっては、どんなに大手でも赤字が続くと
 いとも簡単に倒産してしまいます。
 
 一方で元禄から大工業をやっている、と言うようなところが
 存在するように、とてつもなく長い歴史をもつようなところもあります。
 
 家づくりの窓口に立つ人間によって、その対応は様々です。
 まして、そのような非常事態にはその人の「あなたの家」に
 対する思い入れが肝心になってくる訳です。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 今回は、コストダウンの手法についてお話いたしましが、
 しかし、大切な事は数字だけに捉われないことです。
 
 巨額の費用のかかる事ですから、少しでも安くと言う事も
 大切にはなります。
 
 しかし、それだけで家を建ててしまうと、
 それだけの家になってしまいます。
 
 家づくりは人がするものです。
 
 ですので、人と人のつながりが重要になります。
 
 私自身は、欠陥住宅の大きな原因は人間と人間の心の繋がりあいが
 希薄である事も大きな要因のひとつと思っています。
 
 金銭的な経済的負担が過大であることもまた別の大きな要因でも
 あるでしょう。
 
 ですので、これらの両面からあなたの家づくりを紳士に
 支えてくれる。
 そんな相手を見つける事こそが、「納得」のいく家づくりなのだと
 言えるのです。
 
 それではまた来週♪
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-2.php
 //www.towntv.co.jp/2009/10/sesyusyudou.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-3.php
 
             <編集人:住宅みちしるべ 太田周彰>

 --------------------------------------------------------------------

  【次は、ちょっとコーヒーブレイク♪】
 ──────────────────────────
       ┌───┐      
 /\へ / ̄V  ロロ|/\ / ̄\ 
 |田  L旧   ロロ└ 日|_| 田| 
 ┴─────────────────────────

 ここではより良い、家作りのための豆知識や
 住まいの環境を快適なものにするための情報を発信するコーナーです。

 --------------------------------------------------------------------
     『電気を使うと地球温暖化が進む理由』

                <住宅みちしるべ 太田周彰>
 --------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 
 よく質問されるのですが、
 
 「なぜ、電気を使うと二酸化炭素が出るのか?」
 
 これは、確かに『省エネ』を意識するに当たって最初に
 知っておくべき事ですね。
 
 電気と言うのは、電気そのものが二酸化炭素を発生させる訳ではありません。
 なので、電気自体が地球温暖化を促進しているわけではありません。
 
 では、なぜ電気を使うと二酸化炭素が発生すると言われるのか?
 なぜ電気を節約する事が省CO2と言われるのか?
 
 それは、電気の作り方によるものなのです。
 
 
 電気は、そもそも作り方がさまざまです。
 そして、電気自体もいろいろな場所で確認できます。
 
 分かりやすいのが雷。
 
 これも電気の一種です。
 まぁ、これを有効利用しようとするとかなり命懸けになりますが・・・
 
 雷自体にも色々な発生要因があるようですが、
 一番ポピュラーなのは、強い上昇気流によって雲が形成されるときに、
 雲の粒子同士が衝突する際の摩擦等によって帯電するためだそうです。
 
 他方、私たちが照明などを使うときに必要とされる電気。
 これは、主に発電所で作られます。
 
 そして、発電所ではさまざまな発電方法で作った電気を足し合わせて、
 供給しています。
 
 この発電方法の中に、二酸化炭素を大量に発生させている原因が
 あるのです。
 
 原子力発電や水力発電。これらは基本的に二酸化炭素は出ないと
 解釈されています。
 
 問題は火を燃やしてタービンに熱を与える事で発電する、
 火力発電。
 火を使うわけですから、ここで大量の二酸化炭素が発生するのです。
 
 なので、発電所ではこの火力発電による発電割合を減らしていけば
 良いのですが、これがなかなか難しい。
 
 他に、今の火力発電ほど電力がまかなえる発電方法が
 容易に見つからないのです。
 
 現状は、原子力発電による発電量を増やす方向で対策を打っている
 ようですが・・・
 
 
 私個人としては、それもどうなのかなと・・・
 
 原子力発電もウランと言う限られた物質を使っての発電だと
 思うのですが・・・
 
 
 クリーンと言われている、水力発電や地熱発電だけでは、なかなか
 必要な量を賄えないのが現状です。
 
 なので、まず根本的に供給に必要な量を減らしたい。
 
 
 そこで、使う側のあなたに使用を抑えてもらうように
 言っているのが転じて、電気を使うと地球温暖化が促進するかのように
 表現されるのです。
 
 省エネを意識した家づくりを考えるのであれば、知っておくべきです!
 家づくりの参考にしてみて下さい。
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/10/jusetsu.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-36.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-32.php
 
                    <住宅みちしるべ 太田周彰>

 ■株式会社住宅みちしるべ
 ⇒ http://www.j-michishirube.com/

 〒530-0055
 大阪府大阪市北区野崎町6-8 ノース梅田203
 TEL:06-6268-8116

 --------------------------------------------------------------------

 【 編|集|後|記 】
 
 今週はたくさんのイベントがありました。
 
 完成現場見学会に始まり、お引渡しの立会い、大阪は梅田でのセミナーに
 
 進行中の現場の気密測定。
 
 それぞれのお客様がそれぞれの思い、それぞれの価値観で家づくりを
 
 されている事が印象的です。
 
 子供が成長するまでに生活するための家。
 
 子供が自立したので、今までの住み慣れた家を離れての新しい暮らしの
 
 ための家。
 
 なので、それぞれにあった家づくりを選択されて、家づくりを行って
 
 いらっしゃいます。
 
 今週はGWです。また更に多くの方の家づくりのシーンに出会える事が
 
 楽しみです^^)仕事冥利に尽きるなぁと感じます!
 
 ではまた、来週お会いしましょう^^)!

                        <発行人:太田 周彰>

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ●このメルマガでは、
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、幅広く情報発信
 いたします。

 メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

 ======<ここから↓>===============================================
 -家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ-
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、
 家づくりや購入に失敗しないための助言を、専門の1級建築士が提供します。

 ★登録はこちら⇒ 
 ======<ここまで↑>===============================================

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 ★ご感想・ご意見はお気軽に♪

 <発行元>  株式会社 住宅みちしるべ
       http://www.j-michishirube.com
        住宅CMサービス堺・和泉HP
       http://www.cms-izumi.com

 <発行・編集人>  株式会社 住宅みちしるべ 情報発信室 太田周彰
       //www.towntv.co.jp/
       
 <メール>  info@j-michishirube.net
 
  <ハウスメーカーに関する情報はコチラです>
 ・ハウスメーカーの比較、評判、坪単価
 → //www.towntv.co.jp/housemaker.html


 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
 Copyrights 2010 株式会社 住宅みちしるべ All right reserved.
 無断転載を禁じます。
 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆


« 前の記事No.20 値段交渉をしても無駄!!
|«メインページ»|
No.22 あなたの要望をはっきりと描こう!! 次の記事 »




このサイトを運用する、家造りのコンサルタント「住宅みちしるべ」が運用するメルマガです。

他では得られない、貴重な家造り情報をお届けします。(ほぼ週刊)
是非、登録してください^^)
(このメルマガは「まぐまぐ」意外にも、メルマで発行しています。)

メルマガ購読・解除
家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
>> powered by まぐまぐ!
 

【家造りをこれから考える人、今計画中の人必読!!】
プロのコンサルタントが、良い家造りのために知っておくべき『業界の実情』をお届けします!
素人が玄人の手玉に取られず、良い家を造りたい人のためのメルマガです!!


サイト内検索