No.14 家づくりでまず初めに決めておきたいこと

 『住宅みちしるべ』が綴る
           |ナットク|して建てる【家作り】総合マガジン
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□vol.13-2010.03.14□■

 《週刊》家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
                              ~第14号~
                                     
  ◆注文住宅を|ナットク|して建てたい人に役立つ業界【奥の奥】情報!
  ◆快適な住まいについて、みちしるべからの助言
  ◆あなたも「家作りを楽しんで」豊かな生活を送りましょう!
                         《発行部数177部》
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 【今週のテーマ】
 
 ・家づくりでまず初めに決めておきたいこと
 ・コーヒーブレイク『暖房と採暖の違い』
 ・編集後記
 
 ●----------------------------------------------------------------
 このメルマガでは、
 家を建てる人のみちしるべ役となっている、専門の1級建築士が
 消費者に近い立場から家をナットクして建てるための情報を
 発信していきます。

 どこにも影響されない中立的な立場で、住宅業界の実態も伝えます!
 あなたの家づくりのセカンドオピニオンとしてお役立てください。
 ------------------------------------------------------------------●
 
 4月18日(日)和泉市の「和泉CITY PLAZA」で家づくりセミナーを
 
 開催いたします!
 
 我々が提唱する、新しい画期的な家づくり方法を詳しくご説明します!
 
 まさに、【ナットク】するための家づくりとは!?
 
 欠陥住宅にしないためのコストダウン方法とは!?
 
 詳しい開催内容は、以下で確認ください!
 
 //www.towntv.co.jp/seminar/index.html#1
 
 それでは、今週も張り切って参りましょう!
 
 --------------------------------------------------------------------
 ▼家づくりでまず初めに決めておきたいこと
 --------------------------------------------------------------------
 
 前回までで、まず展示場へ行く前には色々と自分自身が知っておかなければ
 ならないことがあることを実感していただけたかと思います。
 
 前回までの内容はこちら
 //www.towntv.co.jp/merumaga/
 
 もし、何も知らずに展示場へ行ってしまうと、あれよあれよと言う間に
 プロの営業の餌食になってしまい、後々後悔する結果になってしまいます。
 
 今回は、そんな知っておくべき内容の第一弾として、
 家そのものについて、まず何を最初に決めるべきかをお伝えいたします。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 まず、何を初めに決めるべきか。
 「間取り」でしょうか?それとも、「どこで建てるか」でしょうか?
 「好きな外観の雰囲気」でしょうか?
 
 この中の、どれかだと思った方。
 残念ながら、これらは後回しで十分です。
 
 まず、最初に決めておかなければ後で変えられないもの。
 そして、ここが家にとって一番重要なもの。
 
 それは、「家」のスペックに関するもの。
 
 です。
 
 そして、このスペックを掌るものこそ、
 家の構造なのです。
 
 「構造」
 
 と、言うと難しく聞こえますが簡単に言うと、
 「鉄」の家を建てるのか、
 「コンクリート」の家を建てるのか、
 それとも「木」の家を建てるのかです。
 
 それぞれによって、家のスペックが
 
 『全く異なってくる』
 
 きます。
 そして、これは間取りや外観と違って、
 
 『一度建てば、変えることの出来ないもの』
 
 と、なるのです。
 
 ですから、どんな家を建てようかと初めに考えるとき、
 一番最初に決めるべきところはこの点に掛かってくるのです。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 先に挙げたように家は大きく分けて、
 
 ・「鉄」で建てる家
 
 ・「コンクリート」で建てる家
 
 ・「木」で建てる家
 
 の3種類があります。
 (最近では、アルミで建てる等もあるのは有りますが・・・)
 
 今回はその中で主に鉄で建てる家についてのお話です。
 
 鉄で建てる家には、大きく更に分けて2種類あります。
 
 一つは「重量鉄骨」で建てる家
 もう一つは「軽量鉄骨」で建てる家
 
 この2種類、同じ鉄骨の家でも大きく違いがあります。
 「重量鉄骨」の家は、3階建ての家に多く、これは敷地が狭いとか、
 都会であって、「防火地域」と呼ばれる火事に関して厳しい規制が
 ある地域でよく採用されます。
 
 
 構造で使用される柱と柱の間が広く取れるため、比較的広い部屋を
 実現しやすくなっています。
 
 これに対して、「軽量鉄骨」の家は、プレハブ住宅に多く
 用いられるものです。
 プレハブ住宅の場合は、多くは『大臣認定』と言う、
 通常の法律では建てられないが、大臣が特別にOKしたと言う認定付の
 住宅がほとんどです。
 
 このため、間取りの自由度は極端に低く、
 要は「認められたもの」のみしか建ててはいけないことになっています。
 
 更に、この大臣認定を取得されたものは、その特殊性上のために
 内容は企業秘密とされている場合が多く、一度その工法で建ててしまうと、
 建てたところ以外は、構造を組み替えてリフォームなど出来ない場合が
 ほとんどです。
 
 まして、元々間取りの自由度が低いため仮に元々立てたところに
 依頼しても、リフォーム不可能であることもあるでしょう。
 
 
 更に言うと。
 
 
 これは、鉄の家に関しては共通の事項なのですが。
 どちらも「熱」に極端に弱く、「断熱性能」ももっとも低い住宅と
 なってしまいます。
 
 これは、ハッキリ言って致命的な欠点です。
 よく、大手鉄骨系ハウスメーカーが
 
 「エコ住宅」
 
 などと、テレビコマーシャルをしていますが、
 この中にはほとんど「断熱性の良い家」
 の話は出てきません。
 
 それは、もともと鉄骨そのものが断熱性能に関して、
 悪影響を及ぼすものだからなのです。
 
 結局、断熱性能の高い家にする事が出来なくて、
 仕方なくその話題に触れたくても触れられない・・・
 
 と、言うのが事実です。
 
 
 とある、鉄骨系大手ハウスメーカーが
 「外張り断熱の家」
 として、大体的にコマーシャルをしていますが、
 これとて、断熱性能は中の上程度でしかなく、
 恐らくこれが鉄骨の家の限界でしょう。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 今回は、鉄骨の家に関してのお話をしました。
 実を言うと、軽量鉄骨などを使用して家を建てるなどと
 愚かなことをするのは日本だけです。
 
 狭い敷地で止む無く重量鉄骨で家を建てると言うのであれば
 まだ納得もいきます。しかし、今の現状はどうでしょう。
 
 戦後まもなくの住宅不足から、とりあえず誰でも持つことが出来る
 安価な一軒家として生まれたのがプレハブ住宅です。
 
 今では、その影も形も無く、そろって高価な家となっています。
 
 ここまで、事実を歪め続けてきた日本の住宅事情ですが、
 そろそろ一般の人々が気付かなくてはなりません。
 
 大手ハウスメーカーが鉄骨の家だけを扱っているのではなくて、
 木造の家も手がけているのは、本当は彼らも気付いているのです。
 鉄骨には限界があることを。
 
 そのうち、完全に木造だけにシフトしてくるメーカーも出てくる
 かもしれません。
 
 
 それではまた来週♪
 
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/12/post-47.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-50.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-52.php
 
             <編集人:住宅みちしるべ 太田周彰>

 --------------------------------------------------------------------

  【次は、ちょっとコーヒーブレイク♪】
 ──────────────────────────
       ┌───┐      
 /\へ / ̄V  ロロ|/\ / ̄\ 
 |田  L旧   ロロ└ 日|_| 田| 
 ┴─────────────────────────

 ここではより良い、家作りのための豆知識や
 住まいの環境を快適なものにするための情報を発信するコーナーです。

 --------------------------------------------------------------------
     『暖房と採暖の違い』

                <住宅みちしるべ 太田周彰>
 --------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 
 前回、寒い時期に終わりが近づいてきていると書きましたが、
 何のことは無い、まだ寒いですね・・・
 
 今週は先週の続きで、暖房と採暖の違いについてです。
 
 採暖とは、コタツや囲炉裏等に見られるように、
 主に人が暖を採る目的で行うものでした。
 
 一方、暖房は部屋(房)を暖める目的で行うものだと
 言いました。
 
 
 今回は、この具体的な違いについてです。
 あなたは、家を留守にする場合エアコンやヒーターを切って出かけますか?
 おそらく多くの方は、この質問に「イエス」と答えるでしょう。
 
 反面、この質問を他の諸外国で投げかけてみると・・・
 
 アメリカ、イギリス、フランス、韓国、その他もろもろの答え
 「ノー」
 が、ほとんどです。
 
 これ、実は日本以外の国ではほとんどだそうです。
 
 
 『日本って、良い文化だなぁ。だって付けっぱなしだと
  もったいないもの・・・』
 
 と、思われた方。居るんじゃないでしょうか?
 
 確かに、そう考えれば素敵に思えるのですが・・・
 
 
 そろそろ、日本人も知るべきだと思います。
 如何に日本の住宅が世界から見て『遅れている』かを。
 
 
 ヨーロッパなどに行くと、寒い時期が始まる直前に暖房を入れます。
 次に切るのは・・・・
 
 そう、  寒い時期が終わるとき!!!
 
 なのです。
 
 これが、世界の常識なのです。
 
 「けど、それじゃぁ暖房費がもったいない!」
 
 いいえ、もったいなくありません。
 日本人のほうがよっぽどもったいないことをしています。
 
 「付けっぱなしにしたら電気代がかかってしかたがない!」
 
 
 そうです。日本では・・・
 
 
 では、ヨーロッパでは???
 
 そう、寒い時期でも暖かく過ごせるように【十分な断熱】を
 しているのです。
 
 だから、日本に比べてずっとつけっぱなしでも使うエネルギーは
 そう消費されない。
 
 
 これが事実なのです。
 
 つまり、日本では如何に住み手が電気代を節約しようとがんばっても、
 暖める器(部屋)が垂れ流し状態なので、一向に報われない・・・
 
 しかも、異常に寒い・・・
 寒い家だとどうなるか、このメルマガを読んでいる
 あなたなら知っていますよね?
 
 世界では笑いものにされるそうです。
 「俺は風呂や便所なんかで、死にたくないぞ!?」
 「日本人は寒いのが好きなのか!?」
 と。
 
 これ、日本人が知らなかった世界の常識です。
 
 家づくりの参考にしてみて下さい。
 <参考>
 //www.towntv.co.jp/2009/11/post-26.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/heartshock.php
 //www.towntv.co.jp/2009/11/metabo.php

                    <住宅みちしるべ 太田周彰>

 ■株式会社住宅みちしるべ
 ⇒ http://www.j-michishirube.com/

 〒540-0026
 大阪府大阪市中央区内本町2-4-16 オフィスポート内本町
 TEL:06-6949-9561

 --------------------------------------------------------------------

 【 編|集|後|記 】
 
 先日、大阪・神戸・京都・堺・和泉の住宅CMサービスの運営者が
 
 集まって、会議を開きました。
 
 関西に広まってきているこのサービスを如何にもっと広く知ってもらうには
 
 どうしたら良いかを話し合いました。
 
 この画期的な手法を使って、あなたの【ナットク】のいく家を本当に
 
 建てられるかどうか!?
 
 気になる方は、是非各地域のセミナーへ参加してみて下さい。
 
 「堺・和泉地域」
 //www.towntv.co.jp/seminar/index.html#1
 
 「京都地域」
 http://hmk-polaris.web.infoseek.co.jp/seminer/100322.html
 
 「大阪・神戸地域」
 現在準備中
 
 尚、地域分けは車のナンバープレートを目安にして下さい。
 
 ではまた、来週お会いしましょう^^)!

                        <発行人:太田 周彰>

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ●このメルマガでは、
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、幅広く情報発信
 いたします。

 メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

 ======<ここから↓>===============================================
 -家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ-
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、
 家づくりや購入に失敗しないための助言を、専門の1級建築士が提供します。

 ★登録はこちら⇒ 
 ======<ここまで↑>===============================================

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 ★ご感想・ご意見はお気軽に♪

 <発行元>  株式会社 住宅みちしるべ
       http://www.j-michishirube.com
        住宅CMサービス堺・和泉HP
       http://www.cms-izumi.com

 <発行・編集人>  株式会社 住宅みちしるべ 情報発信室 太田周彰
       //www.towntv.co.jp/
       
 <メール>  info@j-michishirube.net
 
  <ハウスメーカーに関する情報はコチラです>
 ・ハウスメーカーの比較、評判、坪単価
 → //www.towntv.co.jp/housemaker.html

 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
 Copyrights 2009 株式会社 住宅みちしるべ All right reserved.
 無断転載を禁じます。
 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆


« 前の記事No.13 展示場へ行く前に知っておくべきこと
|«メインページ»|
No.15 鉄骨の家の幻想 次の記事 »




このサイトを運用する、家造りのコンサルタント「住宅みちしるべ」が運用するメルマガです。

他では得られない、貴重な家造り情報をお届けします。(ほぼ週刊)
是非、登録してください^^)
(このメルマガは「まぐまぐ」意外にも、メルマで発行しています。)

メルマガ購読・解除
家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
>> powered by まぐまぐ!
 

【家造りをこれから考える人、今計画中の人必読!!】
プロのコンサルタントが、良い家造りのために知っておくべき『業界の実情』をお届けします!
素人が玄人の手玉に取られず、良い家を造りたい人のためのメルマガです!!


サイト内検索