No.10 土地探しで知っておくべきこと。『地盤の判断基準』

<スポンサードリンク>

 『住宅みちしるべ』が綴る
           |ナットク|して建てる【家作り】総合マガジン
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□vol.10-2010.02.15□■

 《週刊》家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ
                              ~第10号~
                        
  ◆注文住宅を|ナットク|して建てたい人に役立つ業界【奥の奥】情報!
  ◆快適な住まいについて、みちしるべからの助言
  ◆あなたも「家作りを楽しんで」豊かな生活を送りましょう!
                         《発行部数174部》
 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 【今週のテーマ】
 
 ・土地探しで知っておくべきこと。『地盤の判断基準』
 ・コーヒーブレイク『人と地球に優しい省エネ住宅とは?その4』
 ・編集後記
 
 ●----------------------------------------------------------------
 このメルマガでは、
 家を建てる人のみちしるべ役となっている、専門の1級建築士が
 消費者に近い立場から家をナットクして建てるための情報を
 発信していきます。

 どこにも影響されない中立的な立場で、住宅業界の実態も伝えます!
 あなたの家づくりのセカンドオピニオンとしてお役立てください。
 ------------------------------------------------------------------●
 
 昨日は我々の会社、住宅みちしるべが事務局として運営している、
 
 『大阪エコリフォーム普及促進地域協議会』が主催する、
 
 「あわせて賢く行う、エコリフォーム」セミナーが開催されました!
 
 講演内容もさることながら、最後の質疑応答では素人の方から
 
 具体的な事例に関する質問や疑問が沢山飛び出してきました!!
 
 関心の高さに改めてビックリさせられた時間でした。
 
 それでは、今週も張り切って参りましょう!
 
 --------------------------------------------------------------------
 ▼土地探しで知っておくべきこと。『地盤の判断基準』
 --------------------------------------------------------------------
 前回は、土地を選ぶ際にある程度、判断基準に『地盤が強い事』を
 入れておかないと、多額の出費がかさむかもしれないと言うお話を
 致しました。
 
 前回までの内容は↓で確認できます。
 //www.towntv.co.jp/merumaga/2010/02/no09.html
 
 今回は具体的に、その見分け方をご紹介いたします。
 
 前回もお話しましたが、この見分け方はあくまでこれから
 どの地域に家を建てようか検討される際にご参考にされると
 良いところです。
 
 すでに、何らかの理由である程度この辺りの地域と決まっている場合は
 どうしようもない場合もあります。
 
 まずは、あなた自身の都合で決めたいエリアがあるのならそちらを
 優先する方が良いかと思います。
 
          ▽ ▼ ▽
 
 【選び方1】 「土地条件図を見てみる」
 
 土地条件図とは、土地の地形を分類している地図です。
 国土地理院のHPで無料で見ることができます。
 http://www1.gsi.go.jp/geowww/landcondition/landcondition.html
 
 地形によって地盤の良し悪しがある程度推定できます。
 
 もっとも良い: 台地・段丘
 良い    : 自然堤防、砂堆・砂丘、扇状地
 
 つまり、礫(れき)や砂質の土地は固いということです。
 では、悪い地形は?
 
 要注意   : 溺れ谷、旧河道
 注意    : 埋立地、平坦化地(新規分譲地)、後背湿地、溺れ谷
 
 こちらは、腐植土や粘土質で地盤が弱い可能性が高くなります。
 
 
 
 【選び方2】 「地名を参考にする」
 
 参考程度ではありますが、昔の周辺環境から名づけられた地名は
 地形の推測が可能です。
 下に挙げる土地は全て軟弱地盤の可能性の高い地名です。
 
 
  『低湿地』
  アクダ・アクド、アト、アベ、アワラ、ウダ、エダ、カツタ、
  カツマタ、カマタ、クボ、コタ、ゴミ、ゴンダ、タイマ、タクマ、
  トダ、トベ、トロ・ドロ、トンダ・ドンダ、ニタ・ニト、
  ヌカタ、ヌタ、ノマ、フケ、フダ、ホダ、ミドロ、
  ムタ、ヤノ、ヤダ、ヤチ、ヤツ、ヤト、ヤハラ、ヨド
 
  『新田干拓地』
  オキ、カラミ、コウヤ、コモリ、シンザイケ、シンポ、
  シンヤシキ、タシロ、チサキ、ナンゲンヤ、ハダチ、
  ベッショ、ベフ
 
  『砂洲・干潟』
  イサ、イサゴ、シカ、ス、スカ、テマ、ユサ、ユラ
 
  『崩崖』
  アヅ、アゾ、アボ、ウツ、オシダシ、カケ、カレ、カロ、
  カンカケ、クエ、サル、ザレ、ダシ、ツエ、
  ナキ、ヌケ、ホキ、ボケ
 
 
          ▽ ▼ ▽
 
 そして、ある程度地域が固まってきた段階でも、
 地盤の良し悪しを判定する方法として、現地を歩いてみる
 方法があります。
 
 これに関しては、また次回に具体的な方法をお伝えいたします。
 
 今回の見分け方は、ぱっとの見た目では全く判断がつきません。
 と言うのも、造成されていたりして整地された土地では
 目にはとても綺麗に写っているので、実際に地下の状況が
 悪いとはツユにも思わないのです。
 
 なので、こういった判断基準が頭になければ、
 土地を買って、家を建てようと地盤調査をする段階になって
 初めてその費用の高さに気がつかされます。
 
 世の中には、知らないと大損する事が沢山あります。
 (知らないままだと、損した事すら気付かない場合があります。)
 地盤の良し悪しに関しても、そのうちの一つだと思います。
 
 それではまた来週♪

             <編集人:住宅みちしるべ 太田周彰>

 --------------------------------------------------------------------

  【次は、ちょっとコーヒーブレイク♪】
 ──────────────────────────
      ┌───┐      
 /\へ / ̄V  ロロ|/\ / ̄\ 
|田  L旧   ロロ└ 日|_| 田| 
 ┴─────────────────────────

 ここではより良い、家作りのための豆知識や
 住まいの環境を快適なものにするための情報を発信するコーナーです。

 --------------------------------------------------------------------
     『人と地球に優しい省エネ住宅とは?その4』

                <住宅みちしるべ 太田周彰>
 --------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 
 前回までで、家庭から排出される二酸化炭素の量で、多くを占める
 「照明」「暖房」「給湯(お湯を沸かす)」についてお話しました。
 
 残るは、「電化製品」
 
 です。
 
 ここに関しては、住宅ということに関して、現状一体化されていない
 部分でもありますが、一部パナソニックなどでは、家電自体も
 住宅の一部として、一体的に考えている先進的なモデルハウスもあり、
 将来的にはとりこまれていくと思います。
 (タンスがクローゼットになっていったのと同じ事ですね^^)
 
 家電の中で、一番エネルギーを使っているのは
 
        「冷蔵庫」
 
 大体の予想はつくと思います。
 24時間ずっとつきっぱなしなので、当然といえば当然です。
 
 そして、多くの家庭ではその次に「テレビ」が来ます。
 
 昨年から、家電製品に対して省エネ機器として認定されたものには、
 エコポイントがつく制度がスタートしました。
 
 こうする事で、効率的でエコな家電を普及させて省エネにつなげようと
 言う作戦です。
 
 現状、「電化製品」で消費されるエネルギー量は年々上昇しています。
 電気製品自体が老朽化して、効率が悪くなっているのもその一因ですが、
 何よりも、人が便利を求めてより多くの家電製品を家庭内に取り入れる
 ようになっているからだと指摘されています。
 
 沢山の家電製品を売って、経済の活性化は政府としてはやらなくては
 いけない。しかし、そうすると二酸化炭素排出量25%削減を宣言して
 しまった、国際的メンツが立たない・・・
 
 ここにジレンマがあるようです。
 
 我々もセミナーなどで、お話させていただく際には家電製品に対する
 省エネに関しては、あまり突っ込んだ話をしにくい。
 
 我慢の省エネには限界があります。
 だから、家を断熱化して暖かい状況を作り出しておいて、
 エアコンをなるべく使わない方法を提唱しています。
 
 しかし、生活の質を決める家電製品を我慢することもどうかと
 思いますし、だからと言って積極的に家電製品を取り入れるべきでも
 ないでしょう。少なくとも家の中の家電製品の種類を増やせば、
 それだけ消費エネルギーは増加するでしょう。
 
 古い家電機器を効率の良いものに変えるのであれば、
 それは、省エネに繋がります。
 
 省エネを意識した家づくりの参考にしてみて下さい。

                    <住宅みちしるべ 太田周彰>

 ■株式会社住宅みちしるべ
 ⇒ http://www.j-michishirube.com/

 〒540-0026
 大阪府大阪市中央区内本町2-4-16 オフィスポート内本町
 TEL:06-6949-9561

 --------------------------------------------------------------------

 【 編|集|後|記 】

 バンクーバーオリンピックが始まりました。
 
 今から、フィギュアスケートやスピードスケートでの日本人選手の
 
 活躍が楽しみです^^)
 
 スノーボードのある選手が、配慮の無い言動でかなりの批判を
 
 受けているようです。彼にプロとして、日本の代表としての意識の欠如を
 
 感じるのは当然ですが、それにしても彼自身やこれを書いてる私自身、
 
 批判をしている人々や擁護してる人達・・・
 
 上手く、マスコミに踊らされてるなぁと感じる今日この頃。
 
 記者会見で質問した記者もかなり悪意的に感じました・・・
 
 きっと彼はまだマスコミに利用され続けるのでしょう。
 
 とは言うものの、4年に一度の熱い戦いは見ていて楽しいものです。
 
 選手個々の熱い想い入れを感じながら、その活躍を期待すると共に、
 
 熱い思いが叶っていく姿に感動できればと思っています!
 
 ではまた、来週お会いしましょう^^)!

                        <発行人:太田 周彰>

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ●このメルマガでは、
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、幅広く情報発信
 いたします。

 メルマガ読者で「このメルマガは役に立つ」とお感じの方は、
 是非、皆さんの友人・知人にもお勧めください。
 下記紹介文を切り取ってメール転送するだけです。

 ======<ここから↓>===============================================
 -家を【ナットク】して【建てる!】人の みちしるべ-
 『住宅コスト削減術』や『業者選びのコツ』、『建売・中古住宅の選び方』、
 『欠陥住宅を防ぐ方法』から『住宅ローン攻略法』など、
 家づくりや購入に失敗しないための助言を、専門の1級建築士が提供します。

 ★登録はこちら⇒ 
 ======<ここまで↑>===============================================

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 ★ご感想・ご意見はお気軽に♪

 <発行元>  株式会社 住宅みちしるべ
       http://www.j-michishirube.com

 <発行・編集人>  株式会社 住宅みちしるべ 情報発信室 太田周彰
       //www.towntv.co.jp/
       
 <メール>  info@j-michishirube.net
 
  <ハウスメーカーに関する情報はコチラです>
 ・ハウスメーカーの比較、評判、坪単価
 → //www.towntv.co.jp/housemaker.htmll
 
 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆
 Copyrights 2009 株式会社 住宅みちしるべ All right reserved.
 無断転載を禁じます。
 ☆☆────☆──────────────────☆─────☆☆


« 前の記事No.09 土地探しで知っておくべきこと。『地盤で住宅の費用が変わる!』
|«メインページ»|
No.11 土地探しで知っておくべきこと。『現地を歩いてみよう!』 次の記事 »



サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 一級建築士の太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

運営者の紹介はこちら

 

活動日記

関連コンテンツ