panHome > 日記ブログ > 日常のお仕事のお話

日常のお仕事のお話

<スポンサードリンク>

近畿大学にて特別講演させて頂きました

近畿大学さんの生物理工学部は、和歌山県の紀の川市にあります。
自然に囲まれたとてものどかなこの場所で、依頼されていた特別講演をさせて頂きました。

大学院生を対象としたこの講演ですが、定期的に行っていらっしゃるそうです。
様々な社会人から話を聞いて、今後に役立てると言うコンセプトの講義のようですが、
登壇される他の方々のお名前を拝見すると、同じ講演の形式でお話させて頂くのが、
とても光栄な錚々たる方々ばかりでした^^;

近畿大学生物理工学部
近畿大学生物理工学部の校舎

そんな中、まだまだ人間としても企業人としても発展途上である私が、
どんなお話しようかとかなり悩んだのですが、
私がどこか大きな企業の創業者のような成功話を出来るわけもなく、
こんなことをしたら、大きな成功が出来ました。
と、言えるような話も出来ないと思い、最終的には

「話せることは自分の経験しかない!!」

と、私が今に至るまで、如何に失敗を繰り返してきたかという話を中心に、
その失敗から何を得、どのように今に至っているのか。
と、言った話をさせて頂きました。

改めて今までの経験を振り返ってみると、殆ど失敗や挫折、苦い経験を経てここまで来ているように感じます。
話は、阪神大震災にて実家が倒壊し、祖父が亡くなったところから始めさせて頂きました。
そこで、何を感じ、どんな行動をしたのか。

また、大学に入ってから何を失敗し、そこで何を学んだのか。
今思えば、何をもっとしておくべきだったのか。

就職先に選んだ会社は、どのような思いで選んだのか。
そして、就職してからどんな失敗や経験をしたのか。
そこで得たものは何だったのか。

丁度、この講義に参加してくれた学生たちと同じ頃の
自分の話をさせて貰いました。

そして更に、今こうして独立し、仕事というものをどう捉えているか。
そして、仕事上は絶対について回る、お金というものについて、
自分はどう考えているのかと言ったことをお話させて頂きました。

私は、
「お金は信頼の対価」

と、考えています。
なので、その順番が逆になるような事は、絶対に避けるべきと考えています。
お客さんに信頼して貰って、始めて何かを提供し、その結果としてお金が入ってくる。
なので、お金が目的となってしまっては本末転倒と考えています。

そして、仕事とは「自分に出来ない(無い)何かを、相手を信頼して任せること」だと思っています。
なので、何かしらの人の役に立たなければそれは、仕事とは呼べないと思っています。

それが、誰の役に立つのかは立場によって変わるのだと思いますが、
少なくとも、自分に返ってくるのはその後だと思っています。

やりたい仕事、自分にあった仕事を探すのもとても大切なことだと思いますが、
それだけでは、仕事としては成り立たないと思います。

そう言った、普段の心掛けのようなお話についても話をさせて頂きました。

聞いてくれた学生達から、熱心な質問がいくつか飛んできました。
私が建築の人間なので、事前に質問を考えて来てくれていたように感じる学生もいました^^

この講演を通して、もし何か少しでも今の足しになったのであれば、
本望だと思っています。

今回の講演に呼んで頂けたことをとても感謝しています!!

 

岡山にて樹脂窓(樹脂サッシ)についてお話させて頂きました

お世話になっている、大学の先生に私をご紹介頂き、
樹脂窓(樹脂サッシ)を扱っているメーカー(YKK AP)さんの主催するセミナーで、
樹脂窓やZEH(ゼロ・エネルギー住宅)、高断熱住宅の今後についてのお話をさせて頂きました。

今回は岡山にてお話をさせて頂いたのですが、他にも和歌山や三重等でもお話をさせて頂きました。
今回の講演を聞きに来て頂いたのは、200名以上の工務店さんや建築士さん、建築材料の流通関係の方です。
沢山の方にご参加頂き、とても光栄なことでした。

APWフォーラム
会場には沢山の方に集まって頂きました!

2020年までに、国が新築住宅の半分をZEH(ゼロ・エネルギー住宅の略で"ゼッチ"と言います。)にすると言う目標を立てて、
今では、それに対する補助金などが沢山出ています。

経済産業省がこのZEHに関する「ZEHロードマップ検討委員会」なるものを結成し、
そこで、ZEHとはこういうものだ。というものを「とりまとめ」に記載しています。
今回のこの「とりまとめ」の中の6ページにある、「ZEHの判断基準」というものを参考にすると、
UA値と言う、家全体の断熱性能を表現する数値が、比較的温暖な地域で0.6(W/㎡・K)と言う数字以下であることが、記載されています。

この意味は、
「ZEHを計画するのであれば、通常、国が最低限と規定している断熱性能

 比較的温暖な地域で0.87(W/㎡・K)

 よりも、より高い断熱性能の家を計画しなさい。」
と、いう意味です。

これをより確実に実現するためには、樹脂窓(樹脂サッシ)を利用することが、
一番、優先順位が高いと言えます。
しかし、この基準。
 あくまでZEHとするための最低基準と言う位置づけなので、注意が必要です。)

APWセミナー
丁寧にご紹介頂きました

今回、私がお話させて頂いたのは、樹脂窓(樹脂サッシ)が今後普及するかどうかと言ったお話でした。
私は、ZEHの最低断熱基準を目標にしてしまうと、今後、樹脂窓(樹脂サッシ)の必要性は薄まってしまうと考えています。
(樹脂窓(樹脂サッシ)でなくても、上の断熱基準はクリアーしてしまうからです。)
しかし、

「世の中に求められているものが、本当にZEHなのか?」

と、言った視点に立つと話は全く変わってきます。
より快適で、より健康的な住宅を目指した時、
必ず、断熱性能の良い窓は必要になります。
その時に必要となるのが樹脂窓であり、樹脂サッシです。

私個人的には、樹脂窓(樹脂サッシ)は、今後必ず普及すると考えていて、
それは何故かと言った理由について、色々な過去の事例や、数字的な根拠を元に、
お話をさせて頂きました。

今回は、プロ向けにお話をさせて頂いたので、
一般のこれから家づくりをされる方に対して、
知っておくべきことをここで、あえて挙げるとすれば、

「より快適で、健康的に暮らそうと思えば、家の断熱性能を高くすることが必要(十分条件でない)で、
 そのためには、窓を断熱性能の高い窓(樹脂窓(樹脂サッシ)など)にすることが、
 優先順位として一番高い。」

と、言うことが言えます。

そして、今回の講演では更にその先を見据えたお話をさせて頂きました。
(※割りと評判が良かったそうです。)
まだ他に2会場ほど講演予定をしております!

 

建築学会近畿支部のシンポジウムに参加してきました

建築は、科学でなくエンジニアリング(工学)である。
家を建てる施主にしてみれば、科学であろうが、工学であろうが、
きちんと建てさえしてくれれば、どっちでもいい事かもしれませんが、
建築学会とはそう言う事を大真面目に話し合う、建築業界において最大の権威ある学会です。

日本の建築基準法などは、この学会を通した内容をもって、
議論されることもしばしばあります。

建築学会近畿支部のシンポジウム
建築学会近畿支部シンポジウム

そんな建築学会の近畿支部において、
「環境が形態を決める」-建築エンジニアリングの最前線-

と、題されたシンポジウムが開催されました。

この支部において、事務局をされている方が、
丁度、私と近畿大学で授業を一緒に受け持って頂いている先生だったと
言うこともあり、シンポジウムに誘って頂きました。

普段から、
スマートウェルネス住宅等推進モデル事業
と言う、住まいの断熱性と健康との関連性を全国的に調査する事業で、
お世話になっている、慶応大学の伊香賀先生も登壇され、このモデル事業の
前段階での調査結果などについてお話をされると言う事で、
私も楽しみにしていました。

沢山の先生方がお話をされたのですが、その中で私が最も面白いと感じたのは、
神戸芸術工科大学の齋木学長のお話でした。

齋木先生の今回のお話は、イギリスのロンドンの郊外にある、レッチワースと言う街の
お話でした。

イギリスが工業化の時代に入り、ロンドンの町並みがどんどん悪化していく状況を見て、
エベネザー・ハワードと言う人がロンドンの郊外にもっと人々が豊に暮らせる街を作ろうと提唱し、
実現したのが、田園都市と言われるレッチワースです。

約100年前に作られたこの街が、今もその最初に計画された予定通りの町並みを保ち、
今でも緑豊かで、永続的な人々の出入りが実現している、理想的な街のお話でした。

日本では、無秩序な都市開発が隅々まで行き渡っていってしまったために、
外国人が日本の町並みを見て、「汚い町並み」と揶揄されるようになってしまいました。
悔しいのは、まだ明治維新前に鎖国状態であった日本を見た、イギリス人やアメリカ人は、
息を飲むほど美しい国だったと、言っていた史実があると言う事です。

田園都市であるレッチワースの特徴は、やはり緑が豊であること。
豊かな緑が心のゆとりや生活の安心感など、我々日本人がどこか置いてきてしまったであろう、
「生活の質」を与えてくれている。そんな気がしてなりませんでした。

今の日本の多くの土地開発は、山を切り裂き、限られた土地をなるべく沢山区切り、
そこになるべく多くの建物を建てて、「儲けること」が重視されています。

それに引き換え、レッチワースは土地の所有者の利益より、町並みを醸成し、
人々の暮らしの質が高くなることによって、その街全体の価値(金銭的にも価値が上がる)が上がって、
居住者全てが恩恵を受けるそんな街を100年も前に構想していたのです。

私はこの話を聞いて、悔しい思いがしてならなかったです。
我が子が道を歩く時、危険な自転車や自動車に鉢合わせて事故が起きないかばかりを
気にしなければ、歩くことすら出来ないこの町並み。

歩いても歩いてもまだまだ遠い公園。

我が子は緑が好きなようで、草を見つけては立ち止まって、
しゃがんでその様子を眺めています。

彼にもっと偉大な自然をすんなり感じさせてやる方法は、
他に無かったのでしょうか?(そう言う場所に引っ越せばいい?)

今、日本では空き家の問題が取り沙汰されています。
しかし、一方で今まで人が住んでいなかったような場所で、
山を切り裂き、自然を破壊して、特定の人間の儲けのために、
宅地が作られ続けています。

何かおかしく無いでしょうか?
本当に日本人は、豊になったのでしょうか?

そんなことを考えさせられるシンポジウムでした。

 

スマートウェルネス住宅の啓発シンポジウムを開催しました。

スマートウェルネス住宅と言う、健康的で、省エネな住宅を普及させるべく、
弊社が事務局として運営する、「おおさか健康・省エネ住宅推進協議会」と、「(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議」とが、 主催者となり、
大阪府さんの後援を得て、大阪におけるスマートウェルネス住宅とはどうあるべきかを 話し合う、シンポジウムが開催されました!

国民会議シンポジウム
シンポジウムの開催風景

(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議とは、元々NPO法人シックハウスを考える会において、
代表をされていた上原先生が作られた団体です。

上原先生は、「シックハウス」の名付けの親で、当時、上原先生ご自身が施主となり建てられた住宅において、
お子さんが、まだ名前の無かったシックハウス症状を発症させた事をキッカケに、
「何かおかしい」と気づいた先生(先生ご自身は、歯科医です。)が、色々な専門家の協力を得て、
その原因が、当時使用されていた接着剤などに含まれた、ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物であると、
突き止め、それが原因で発症する症状を「シックハウス症候群」と名付けられました。
そこから、屋内での換気の重要性がわかり、今で言うシックハウス法と言う法律が出来上がるまでに至りました。

そんな上原先生が更に家を建て替えられ、出来上がった家がまた「健康」とは程遠い、
不健康住宅と言ってもおかしくない住宅だったのです。

その結果、「健康的な住宅とは何か?」を様々な専門家の協力を元に3度めの正直で、
建てられた住宅が、「高気密・高断熱住宅」でした。

そして、その高気密・高断熱住宅をよくよく調べていくために、
また新たに、専門家の集団として出来上がった会が、(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議です。

そんな(一社)健康・省エネ住宅を推進する国民会議が、
高気密・高断熱住宅を言い換えた、スマートウェルネス住宅を普及・啓発させるための団体として、
国(国交省)に採択されました。

今回のシンポジウムは、その活動の一環として開催されたものです。
そして、弊社が運営する「おおさか健康・省エネ住宅推進協議会」は、
この(一社)健康・省エネ住宅を促進する国民会議(全国組織)の、賛同地域団体として、
活動をする団体です。

国民会議上原
国民会議理事の上原先生からのお話

今回のシンポジウムでは、一般の工務店さんやビルダーさん、ハウスメーカー、更には一般の人や市町村関係者を
対象に開きました。
100人近い人が聴衆として、おおさかにおけるスマートウェルネス住宅とは、どんなものか?
どうすれば良いのかを話し合うシンポジウムに参加頂きました。

北川友克議員
北川友克議員のご挨拶

シンポジウムでは、環境副大臣をされていた北川友克議員や、元大阪府知事の太田房江議員現大阪府の副知事である小河副知事などが来賓として挨拶に来られ、
なかなかの盛況ぶりでした。
(※注意 (一社)健康省エネ住宅を促進する国民会議が、議連設立の意見書を出し、
健康省エネ住宅推進議連」(超党派と言う、様々な党の議員さんが参加する勉強会)が設立されました。
今回は、その中の事務局長である北側議員や大阪に縁のある議員さんをお招きした次第です。)

その2へ続く

 

スマートウェルネス住宅の啓発シンポジウムを開催しました。 その2

意見交換を行うパネルディスカッションにおいては、
「おおさか健康・省エネ推進協議会」において、
役員をされている、方々に参加頂きました。

副会長である、近畿大学建築学部長の岩前教授や、
顧問の大阪大学大学院医学系研究科の祖父江教授、
同じく顧問の元大阪大学医学部講師の中山先生、日本主婦連合会の東瀬会長、
オブザーバーとして協力頂いている、大阪府まちづくり部居住企画課の三崎課長、
大阪歯科大学講師の今井先生
らが、意見交換を行いました。

スマートウェルネスとは、住まいにおける健康や省エネについて、ですのでそれぞれの立場から、
こうあるべきと言うお話がなされました。

岩前教授は、住宅の断熱(室内の温度)と、健康との関連性を示された、パイオニア的存在の方です。
もちろん、大阪のスマートウェルネス住宅にとって、如何に断熱が重要かと言う事が、ポイントでした。

パネルディスカッション
パネルディスカッションの様子

また、大阪大学の祖父江教授は、専門領域はガンが専門ですが、疫学者(病気の原因やパターンを研究する)と言う立場から、
この住まいが疾患に影響を与えうる可能性を調べる事の大切さについて、お話されました。

シンポジウムの司会
太田が司会をさせて頂いている様子

今回、このシンポジウムは国土交通省が公募した、スマートウェルネス住宅等推進モデル事業
一環として、開催されたのですがこの事業、簡単に言うと、
「住まいの温度が体に与える影響」
を、建築の専門家と、医師の専門家とで協力して、全国的な調査を実施し、
その影響具合を調べようと言う、10年掛かりを予定している大規模調査を行うことを、
周知するためのシンポジウムです。

そして、その調査を元に得た結果を踏まえて、大阪に適した、スマートウェルネス住宅とは何かを
作って行こうじゃないかと言う話し合いの場でもあったのです。

このシンポジウムを発信源として、住まいと断熱性能(家の中の温度)との関連性について、
詳しく知ってもらい、また、温度が体に与える影響具合を調べるための調査の協力を
促すために開催されました。

おおさか健康・省エネ住宅推進協議会では、産・官・学が連携して、
大阪型のスマートウェルネス住宅のあり方を見つけ、それを普及させることを目指して、
今後も、活動を行っていく予定です。

具体的には、住まいと健康との関連性を調査する事業を既に始めています。
こちらでは、住宅の断熱リフォーム前後で、どの程度、室内の温湿度が代わり、どのていど血圧や活動量が変わるのかを
測定します。リフォームには、最高で120万円の補助金も用意されていますので、
もし、もっと詳しく知りたいと言うことがあれば、以下からお問い合わせ下さい。

http://www.towntv.co.jp/mailform.html

 

経団連にて健康・省エネ住宅のシンポジウムを行いました!

弊社が参画している、
「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」

毎年恒例となっていますが、
今年も経団連会館にて、シンポジウムを行いました!

このシンポジウムは、「断熱性能の良い家」が、
如何に健康に寄与するのかを、医学的な観点から解明するために
活動を行っている我々が主体となり、
広くその活動を知らせるために、
超党派で結成されている、健康・省エネ住宅推進議連の議員さんや、
解明活動の手助けをしてくれている、お医者さん、建築の世界の教授などが、
講演者やパネラーとなり、活動の意義や内容について、発表していくシンポジウムとなっています。

毎年、議連を代表して挨拶される議員さんは、有名な方ばかりなのですが、
今年は、高村自民党副総裁が挨拶をされました。
(昨年は、元国交大臣の前田議員、一昨年は総理になる前の安倍首相でした。)

また、シンポジウムのパネラーには、国交省の住宅局の局長さんや、
厚生労働省の老健局の局長さん、
建築の分野では、ドンと言われている、村上周三先生。
循環器系の大家のお医者さんである江里先生が、参加されました。

詳細はコチラ「国民会議」のページで

聴衆も毎年ながら、200名以上もの方が参加され、
中には、建築の分野でものすごく活躍されている方も多数参加されています。

私は、運営側として受付などのお手伝いをしたのですが、
まぁ、盛大と言って間違い無かったと思います^^

健康・省エネシンポジウム
室内の温度と血圧の関係について

シンポジウムの内容は、要は、

「温度差のある住宅内では血圧の変動が激しい」

→「温度差のある住宅内では、結果として循環器系の疾患が多くなるのでは?」

→「だったら、温度差を解消すれば、循環器系の疾患が少なくなるはず!」

→「じゃぁ、それを調べてみよう!」

と、言う事を様々な分野の権威の方が、色々な角度から話をされます。

高度医療と長寿命
高度な医療が長寿を生み出す訳ではない!

今回のお話の中で、特に印象に残っているのが、
お医者さんである、江里先生のお話。

この先生のお話は、分かりやすく、かつ面白いので、毎年印象的なのですが、
今年もやはりいちばん印象的でした^^

どんなお話かと言うと、

例えば、上の写真の話では。

「もし、医療が発達していれば、長生きだとしたら、」

→「医者の数が多くて、高度な医療機器が揃っている東京が一番長生きなはず」

→「しかし、実際はそうでない。」

→「つまり長生きの秘訣は、生活習慣にある!」

この話の真髄は、どんどん医療費を国費でつぎ込むよりも、
国民の生活習慣を変える方がよっぽど効果的と言う話にもなりますし、
また一方、我々ひとりひとりに対しても、問いかけられているもので、
普段の生活習慣の大切さをお話されているものです。

そして、生活習慣の一つとして、今まで最も重要なのに軽視されてきた、
『住環境の改善による、生活習慣の改善効果』

の重要性と言うお話に至ります^^

つまりは、我々の活動が如何に重要で、
この活動が医学的に証明されて、公に認められれば、
医療費を減らし、国民の負担を減らし、
健康寿命を延ばすものだと、言うお話でした。

健康寿命については、コチラを参照

断熱性能の良い、暖かい住宅が、どれだけ健康に寄与するか。
その解明は、既に近畿大学の岩前教授によって、調査され、
効果が高い事は分かっています。

今度は、それを医学の世界や国に認めさせるための活動です^^
10年と長いスパンでの活動になりますが、世の中の一助となれば、光栄です!

 

京都市さんと空調学会さんとの共催セミナー

京都市の住宅政策課さんからのご依頼で、京都市主催の
「平成の京町家」と言う、京都の由緒ある建物を現代風に
アレンジして活かしていこうと言う趣旨で活動している会が開催する
セミナーとコラボして、我々が運営している大阪エコリフォーム普及促進地域協議会と、
空気調和衛生設備工学会(略して、空調学会)さんとの共催で、
セミナーを開催させて頂きました!

京都セミナー
セミナーでお話をさせて頂いている様子。

午前の部では、我々と空調学会さんとで、
「がまんせず、楽しく暮らせる健康的な住まいと住まい方」と言うタイトルでセミナーを開催。

近畿大学の岩前先生を始め、奈良女子大学の久保先生、神戸大学の鈴木先生、ミサワホーム総合研究所の太田さん、それに私(太田)の5人が、
それぞれのお話をさせて頂きました!

我慢しないで、健康的に過ごすと言う、趣旨は、省エネのために暖房や照明の使用を「がまん」するのではなく、
省エネを実現しつつも、「がまん」の無い暮らしにするためにはどのようにしたら良いかと言う趣旨です。

このメインテーマを元に、それぞれが専門分野の観点からお話をさせて頂きました。

岩前先生は、断熱性能と運動量との関係を、久保先生は暑い場合、寒い場合の過ごし方について、
鈴木先生は、太陽の明るさを取り入れるための工夫の仕方について、
ミサワの太田さんは、太陽光発電などの機器について、
そして、私が断熱リフォームの手法についてお話をしました。

2時間の間に、これだけの専門家の話を聞く機会は滅多に無いとあって、
会場は満員御礼で、若干の立ち見も出たほどです^^

私自身も、かなりの勉強になりとても良い時間を過ごせました。
会場に参加された方から、終わった後に質問を受けたのですが、
「滅茶苦茶面白かったです!」と、言って頂き、
私としても、とても嬉しかったです。

また、来年も同様のセミナーを開催しようと思っています。

この後、午後の部では京都市さんの「平成の京町家」のセミナーが開催されました。

 

住宅と健康との関連性について、お話させて頂きました!

私が参加している起業家勉強会にて、

住宅と健康との関連性について、
お話させて頂きました。

最近では、暖かい住宅が健康に寄与すると言う点において、
世界的に見てもどれだけ重要視されているかについて、
お話させて頂きました。

起業家勉強会
起業家勉強会にて、発表中の私

写真は、「平均寿命」と「健康寿命」との差を表した図です。

平均寿命は、よく使われるので馴染みがあると思いますが、
健康寿命とは、人が介助や助け無しで生活できる寿命の事で、
昨年、厚生労働省が初めて発表した数値です。

あるお医者さんのお話では、国によってはここに殆ど差のない国も存在し、
日本でも健康的に生きられる寿命を長くしようと言う、方向に進んでいます。

そのためにも、冬場に安心して住める断熱性能の良い住宅がどれだけ大切か。
と、言う内容についてお話させて頂きました。

もし、具体的な内容にご興味のある方は私に直接お尋ねください^^

 

ファイナンシャルプランナーさんの勉強会で講演しました^^

普段、奈良県で定期的に開催されている「あをによしSG」さんと言う、
ファイナンシャルプランナーさんが沢山集まる勉強会で、
「家づくり」に関する講演をさせて頂きました。
ファイナンシャルプランナーさんと言うことで、どんな話をさせて貰うのが
良いのかと少し迷いましたが、
「家造り、依頼先の違い・コストの違い}
と、言う表題でお話させて頂きました。

地鎮祭
講演でお話させて頂いている様子

普段、弊社へご相談に来られる方にお話する内容も含めて、
もし、この中のFPさんが家づくりの相談をされた時でも、
金銭的なアドバイスが的確に出来るようにと思い、
お話させて頂きました。

もちろん、我々のような存在が何故必要なのかと言う点についても
お話させて頂いたところ、

「私が家を建てるなら、絶対に太田先生にお願いします!」

と、断言してくださる方もいらっしゃいました^^

何れにしても、各々方のためになったのであれば、本望です!

 

高断熱住宅と健康との関係について IN求められる工務店の会

求められる工務店の会さんからの依頼で、
我々が運営している、「大阪エコリフォーム普及促進地域協議会」が
中心となり、「高断熱住宅と健康との関係について」 と、
言う題のセミナーを開催致しました!

セミナー
セミナーの様子

講師役は、近畿大学の岩前教授!関西ではこの道の第1人者です!

今回、私は先生の付き人のような格好で参加。

工務店の皆さんも、興味深々で岩前先生の話に身を乗り出して、耳を傾けていました^^

 
 
資料請求・お問合せ

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記