panHome > 日記ブログ > 2013年1月

2013年1月

<スポンサーサイト>
<スポンサーサイト>

器用な大工さんの収納づくり IN和泉市J様邸

昨年から工事が続いている、和泉市のJ様邸。
いよいよ大工さんの工事も終盤に差し掛かって来ました!

造り付け本棚
階段の手摺を利用した本棚

造り付け棚
造り付けの収納スペース

この建物を担当する棟梁の大工さんは、とても器用な大工さんで、
棚や作り付けの机などの作成も、非常に綺麗に作成されます。

一般的に家具は、大工さんが使う道具とは異なるため、
家具屋さんが作成します。
しかし、大工さんでも簡単な棚や作り付けの机などは、
作ろうと思えば作れます。

とは言うものの、なかなか細かい作業も必要なため、
骨の必要な仕事なのですが、この大工さんはいとも簡単に
(簡単そうに)作り上げてい行きます。

ですので、J様邸はとても多くの収納棚が設置されていて、
当面の間、収納には困らないだろうなといった感じです。

最近の建物では、確かに大工さんの腕の差が出難い作り方に
なっているのは事実ですが、こういう細かい作業が得意かどうかも
ある意味で腕の差と言えるかもしれませんね^^

 

上棟を行いました! IN大阪市 A様邸

大阪市港区で建築中のA様邸。
無事、上棟が行われ順調に工事が進んでいます。

上棟
棟上げが終わり、建物の外形が見えて来ました!

真冬と言った、寒空の中でしたが天候に恵まれました^^

A様ご家族も、上棟の様子を見に来られ、
我が家の出来栄えに喜んでいらっしゃいました^^

A様邸は、角地の南向きと言う絶好の場所なのですが、
LDKを広々と計画するために、2階リビングとしました。

工事中なので、まだ階段が取り付けれておらず、
2階へ上がるにはハシゴを使わなくてはなりません。

お子さんは、最初少し戸惑ったようですが、
勇敢にも自分で登っていき、登り切った広い2階で、
嬉しそうに走りまわている姿が印象的でした!

折角、お越し頂いたと言う事で、早速現場にての打ち合わせ。
実際に物を確認しながら、何をどこに、どんな高さに設置するのかなど、
リアリティのある打ち合わせが行われました。

こうして、詳細まで自分で決めて作ってけるのが、
注文住宅の醍醐味です!!

最後は、家族揃って記念撮影!
良い、一日でした。

 

お引き渡し後の訪問 IN川西市 K様邸

昨年末、お引渡しが行われた、川西市のK様邸に
お住まい後の様子を伺ってきました。

K様ご家族
K様ご家族との記念撮影!

この冬は、とても暖かく過ごせたそうで、リビングに置いてある温度計は、
常に20~21℃、湿度50%近くを示していたそうです。

旦那さんは、
「リビングの無垢フローリングの上で、横になって、
リビングの大きな窓(写真左)から入ってくる、暖かい直射日光を浴びて、
空を眺めながら、ゆっくりするのが最高に気持ちいい!」

と、仰っていました^^

これも、高い断熱性能を実現したからこそ出来る贅沢です!

また、写真の和コーナー下にある、引き出し収納は、
現在、一方が子供達のおもちゃ入れとなっているそうで、
子供達のお片づけには丁度良いそう。

存分に、新生活を楽しんでいらっしゃるようです。

1階から3階まで、殆ど、ドアで仕切らない、開け開けの間取りですが、
各階においてある温度計は、どれも21℃付近をさしていて、
とても温度も安定していました。

お子さんは、家に友達を連れて来たがるそうで、
正直な子供達が、素直に喜んでいると聞いて、
私自身、とても嬉しくなりました。

正に、仕事冥利に尽きる瞬間です!

良い、年末年始が過ごせたようで、何よりでした!

 

基礎工事が進んでいます! IN 大阪市 A様邸

順調に工事が進んでいるA様邸。
基礎のコンクリート立ち上がり工事後、
コンクリートの養生を行なっています。

基礎工事
基礎工事が進んでいる大阪市のA様邸

南西の角地に位置するA様邸は、日当たりがとても良く、
その良さを活かした間取りとなっています。

コンクリートの養生が終わると、いよいよ次は上棟に入っていきます!
楽しみです!

 

ゼロエネルギー住宅完成!ご訪問 IN堺市 K様邸

ゼロエネルギー住宅を目指した住宅が完成しました!

外観
完成した、K様邸外観

実は、この住宅ゼロエネルギーどころか、LCCM住宅となる可能性も十分に秘めた住宅です。
LCCM住宅とは、
「住宅が建築段階から、住んでいる時期、そして何時の日か、解体されるまで排出されるであろう、
全CO2の量」

より、

「太陽光発電で賄える電気の量によって、発電所で
本来出てくると考えられる、CO2発生量(要は削減できるCO2の量)」

が多くなる住宅の事です。
詳しくはコチラ「LCCM住宅とは」

本当に、LCCM住宅になるかどうかは、今後検証することになりますが、
省エネ性能フルスペックといった感じとなっています。

詳細は、実際に訪ねて頂いた方が良いですが、
Q値は、1を切る、0.89。

これだけでも、冷暖房に掛かるエネルギーがかなり削減できるのですが、
それだけに留まらず、省エネ機器と呼ばれるものも総導入です。

写真の2階右側にある、ブラウンのブラインドは、太陽に自動で追随して、
夏場の直射日光が、家の中に入るのを防いでくれる、外側のブラインド。
これにより、夏の冷房に掛かるエネルギーを減らします。

LED照明はもちろんのこと、通常、家で消費されるエネルギーの多い、
照明、冷暖房、給湯、への対策は最新機器にて対応。

エネルギーを作るのは、太陽光発電と、ガス発電。

そして、本当にエネルギーがゼロなのかを確認するためのHEMSも搭載。

 

HEMS
1台1台のクーラーの使用量も確認できる、HEMS

HEMSは、電気の発電量や使用量を確認、記録できる機械ですが、
クーラー1台1台の電気使用量まで確認出来てしまいます。
本当にゼロエネか、本当にLCCM住宅になりうるか、これでかなりが分かります。

吹き抜け
太陽の暖かい光が降り注ぐ、吹き抜け

また、冬の暖房を少しでも使わないで良いように、太陽暖かい直射日光を
存分に取り入れられる住宅です!

恐らく、大阪で(日本で?)一番、住まい心地が良くて、省エネな住宅なのでは無いでしょうか^^

 

新年最初の面談が行われました! 寝屋川市 O様

新年、明けましておめでとう御座います!
本年最初のブログ更新は、寝屋川市O様の面談のご様子からです。

面談風景
工務店さんとの面談の様子。

高槻市にある工務店さんを訪ねての面談。
元々大工さんもされていたこの工務店さんの社長さん。
非常に、施工に関して詳しい説明があり、
O様も真剣に聞いていらっしゃいました^^

さて、ご感想は如何程に。

 
 

サイト運営者

(株)住宅みちしるべ

代表取締役 太田 周彰

代表取締役

太田 周彰

一級建築士

個人ブログ
活動日記