換気回数と気密性能の関係

<スポンサードリンク>

『換気回数』と言うのは、
「1時間当たりで家の中の空気を何回入れ替える事が出来るか」
と言うことを表した数字です。

建築基準法では、通常の住宅の居室の場合、これを0.5回以上とすればOKと言う事になっています。
要は2時間で部屋の中の空気を全て入れ替える事が出来れば良いわけです。

これはあくまで数字の計算上だけでの話で、計算には換気扇の性能と家の広さ(体積)だけを計算すれば良いことになっています。実際には、計算通り換気回数が確保できておらず、家の中の空気が上手く入れ替わっていないケースもあります。それは実際には住宅の気密性能が大きく関わっている事が挙げられます。

では、換気回数(実際の換気量)と住宅の気密性能との関係について、見て行きたいと思います。



---------------------- 目 次 -------------------------------------- ------------------------------------------------------------------------

 

第3種換気の換気量・気密性能の関係

 

第3種換気とは、空気を家から出すのは、通常の換気扇を使って行い、
空気を家に取り入れるのは、給気の口から換気扇を使わずに、機械の力を使わないで
取り入れると言う換気方法の事です。

下に、気密性能と換気量について、とても分り易く調べられたグラフがありますので、
紹介します。

気密性能と換気量

このグラフ、横軸には「気密性能」が隙間相当面積(C値)と言う数字で表されています。
国の基準で、気密は5あれば十分とされていた事があるのですが、
これを見ると一目瞭然です。
気密が5では、殆ど給気口から空気が入ってきていない事が分かります。
たったの15%程度なのです。

つまり、これは給気口以外の「家の隙間」から勝手に空気が入ってきている事を表します。
そして、気密性能をどんどん高めていって、C値1.0になったとしても・・・

それでも約半分しか給気口から入って来ていない訳です。

C値1.0とは、大体30坪の家で、100c㎡の隙間があることになります。
大体名刺2枚分の隙間と言う事です。

家には、それだけの隙間しか無いのに、給気の口から半分しか入っていな事になります。
つまり、第3種換気で換気を行う際は、換気回数を適切に確保するには、
気密性能を高めることが絶対に必要!!

と、言う事になる訳です。

→ ページのトップに戻る

 

 

 

第1種換気と換気回数との関係

 

次に第1種換気と言う方法で、換気する場合の例を見てみましょう。
第1種換気とは、家の中に空気を取り入れる方も、排出する方も「換気扇(機械)」を
利用して、換気を行う方法です。

多くの場合、「熱交換換気扇」と呼ばれる換気扇が使われる事になります。

この第1種換気扇の場合は、気密性能と換気回数については、あまり直接的な関係はありません。
と、言うのも機械換気なので、気密性能に関係なく給気も排気も機械が一定量行うからです。

ですから、1種換気の場合は、「換気量(つまり、換気回数)は、予定通り確保されている!」

と、言うことになります。

→ ページのトップに戻る

 

 

 

第1種換気と気密性能の関係

 

では、第1種換気にすると、「気密」は取らなくて良いのでしょうか?

答えは、「気密性能は必要!」

と、言う事になります。

機械で給気と排気をすると、換気の量(換気回数)は、確保できるのですが、
実際に、空気がキチンと全て入れ替えられているかと言うと、それは

『気密が取れているかどうか(気密性能)』

によって、変わってくる訳です。

下の絵を見て下さい。

 


気密性能と換気量
上図のように気密が取れていると部屋全体がまんべんなく
換気される事になります。
(実際には、部屋の形状や物の置き位置などによって、影響が出ます。)

一方、どこかに穴が空いていると、そのせいで空気の滞留(空気が動かない)がおこり、
その部分に関しては、空気が上手く換気されないといった事がおこります。
気密性能と換気量

(実際の計算した結果については、東京大学の前先生が書かれている、 
「90分で分かる!本当のエコハウス」(日経アーキテクチャ)に詳細(第3種換気)があります!)

つまり、量だけでなく実際に室内の空気を隅々まで機械で換気するには、
気密性能も十分に高める必要がある。

と、言えるわけです^^

『24時間換気システムの選び方』はコチラ

→ ページのトップに戻る

<スポンサードリンク>



つとむ君家のマイホーム大作戦

夢のマイホームのために思い切ってこのサービスに15万円の投資をしたお父さんとお母さん。
返ってきたものは予想以上に大きかったんだって。

つとむ君家のマイホーム大作戦
つとむ君の一家が決めた全く新しい理想の家づくりとは?
 
 

今このサイトに訪れているあなたは、家づくりに対して何らかの、
迷いや不安があるのでは無いでしょうか?

そんなあなたのために、考え出された新たな家づくりのを紹介致します!
分かりやすく5回にまとめた、Eメールセミナーを実施しています。

これを読んで、家づくりと言う一大イベントを是非成功させましょう!!

メールセミナー

 

サイト内検索



サイト運営者の紹介

 

運営者太田

大阪府在住
大阪での注文住宅、 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 太田 周彰(のりあき)です^^)
⇒太田周彰の想いをぜひお読みください

 

運営者木村

大阪府在住
大阪での健康的な 家づくりを応援する 家づくりの「みちしるべ」 木村 敏幸です!

詳細はこちら

 

「どこに頼めばいい家が  建てられる?」 「もっとローコストで  建てられない?」 そんな一戸建て注文住宅、 家づくりの悩みを我々が 解決します!

地元優良工務店への 【競争入札】で、 コストダウンをサポート。

着工後は施工状況をチェックし、 欠陥住宅の心配もゼロへ!

ハウスメーカーよりも 【ローコスト】で【高品質】 な注文住宅を可能とする サービスも運営中!

住宅CMサービスご利用事例

Google

 

活動日記